ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年08月19日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 先生
    • 放課後

    続きです。


    怖い...助けて、助けて先生!!


    「うちの生徒に、手を出さないでもらえますか。」

    その声とともに私の手が三人から離れた。代わりに、先生が私の手を握っていた。そして、先生が三人をにらみつけると、三人は舌打ちをしてその場から去っていった。

    黙り込む先生に恐る恐る声をかけると、先生は私を強く抱きしめた。
    『っっ!?///せ、先生!?』
    「っよかった!どこもケガしてないか?」
    『は、い...あの...』
    ち、違う、これは私が先生の生徒だから心配してるだけでっ、特別な意味は何もないんだから!///
    「っはぁ~...。もう、お前は可愛いから...危なっかしいんだよ。」
    『...へ?』
    「よし!無事ならいいんだ。ほい、水。」
    『え、ありがとう、ございます。』
    先生は、私から離れて買ってきた水をくれた。
    何もなかったように...。


    ...ずるいよ、先生。期待、しちゃうじゃん。

    開く閉じる

    • 先生
    • 放課後

    休日、駅でたまたま好きな人にあった。といっても、叶いっこないんだけど。
    私は、あの人にとってただの生徒でしかないわけだし。

    「今日はアイツはいないのか?」
    アイツっていうのはたぶん私の幼馴染の藍斗のこと。
    『そう、ですね。...一人で来たので。』
    恥ずかしくて顔が見れない...。
    「そっか。あー、暑いな。なんか飲み物買ってくる。なにがいい?」
    『...え、と、水で大丈夫です。』
    「そお?んじゃ、行ってくるから待ってて。」
    『あ、はい』
    私は、先生の後ろ姿をじっと見ていた。...後ろから声をかけられて振り向くと、どう見てもヤンキーにしか見えない怖い人たちが三人いた。

    「よお、ひとりかー?俺らと遊ぼうぜ。」
    私の返事も聞かずに腕をひいてくる。
    『ちょ、は、放してください!』
    必死に抵抗するけど男三人の力に私が敵うはずもなく、手が離れることはなかった。


    怖い...助けて、助けて先生!!

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 壁ドン

    放課後、図書委員の私は図書室で本の整理をしていた。

    今日も沢山読まれた本達があるべき場所に無く、溜息をつきながら戻しに行く。



    『もう!!みんなどうして元の場所に戻さないのよぉ…。あぁもうこんな時間!』



    気づけばもう17時を回っていて、夕日がいい感じに本棚たちに差し込んでいた。


    『この本高いところじゃん!うーん…届かない……うわっ!』


    「大丈夫?」


    つま先立ちをしていて倒れそうになった私を後ろから支えてくれた彼は、同じクラスの私の憧れの藤原隼人くんだった。


    『藤原くん!ありがとう…』

    「いいえ、こういうのは無理せず頼んだ方がいいよ。」


    振り返ると、すごく近い距離で思わず俯いてしまった。
    藤原くんは静かに私の背中の本棚に手をかける。


    「ねえ、僕のことも名前で呼んでよ。」

    『わ…わかった…。隼人…くん。』



    憧れの彼に、初めての壁ドン…///

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

沙梨亜

【会員番号】1096623

【性別】女

【誕生日】12/23

【自己紹介】更新亀以上ですがよろしくお願いします。

【書いた小説一覧】

【おススメの本】特にないかな

【HNの由来(本名はダメ!!)】んー漫画とか小説でありそうな名前だから

【生まれたところ】中国

【血液型】O

【星座】...何だっけ

【身長】132

【体重】24

【足のサイズ】28

【握力】7

【髪型】肩までクルクルヘアー

【趣味】お裁縫、お料理、絵を描く、歌歌う、ダンス踊る

【特技】図工、音楽、家庭科に関するもの

【性格】ドS、腹黒らしい(友達情報)

【持っている資格】ない

【自慢なこと】中国語と日本語が話せること

【好きな言葉】ない

【将来の夢】アイドル✨

【尊敬する人】いない

【好きな芸能人】米津玄師

【好きな男性のタイプ】優しい人

【好きな女性のタイプ】私、女だぞー!

【似ている芸能人】知らない

【みんなから○○と呼ばれている】チビ悪魔

【よくやるくせ】知らん

【口ぐせ】知らん

【自分が一番輝く瞬間】知らん

【ある休日の過ごし方】ゴロゴロ、昼寝(え?宿題?やるわけないだろ!)

【よく遊ぶところ】Myほーむ

【カラオケでよく歌う曲】キセキ、ロキ、劣等上等

【好きな食べ物】アイス

【嫌いな食べ物】ナス

【好きな教科】図工音楽

【嫌いな教科】国語算数理科社会

【好きなテレビ番組】ない

【好きな映画】君のなわ

【好きな音楽】カラオケでよく歌う歌

【好きなブランド】ない

【好きなコミックや雑誌】ない

【好きなキャラクター】東方キャラ、鬼滅の刃、薄桜鬼、花子くん、まだまだある

【好きな場所】静かなところ

【好きな人の名前】ない

【好きな季節】冬

【とっておきの時間の過ごし方】寝る

【手放せないもの】推しキャラグッズ

【マイブーム】TikTok

【今一番欲しいもの】推しキャラグッズ

【今一番行きたいところ】ない

【今一番やりたいこと】昼寝

【最近感動したこと】ない

【最近初めて知ったこと】ない

【最近ひやっとしたこと】ない

【最近うらやましいこと】ない

【最近頭にきていること】ない

【最近凹んだこと】ない

【最近声を大にしてみんなに言いたいこと】昼寝

【最近自慢したいこと】ない

【最近笑ったこと】ない

【最近ひそかに興味があること】BL

【最近恥ずかしかったこと】ない

【生まれ変わったら?】異世界転生

【地球があと24時間しかなかったら?】昼寝

【1億円あったらどうする?】昼寝ハウス作る

【願いが3つかなうとしたら?】昼寝、神絵師になりたい、不老不死

【ずーっと疑問に思っている事】ない

【今までの人生で素敵な思い出】ない

【好きな人と出会いたい場所】高校

【癒されること】猫

【誰にも言えない秘密の話】ない

【1ヶ月に読むケータイ小説の数】10〜50

【1ヶ月に読む本の数】10〜100

【よく使うネットサイト】ない

【よく使うモバイルサイト/アプリ】ない

【よく読む雑誌】ない

【使っている携帯電話】秘密

【感動した小説のフレーズ】ない

【誰かこんな小説書いて!】感動作品

【1日だけ透明人間になったら何をする?】いたずら

【今まで生きてきて一番痛かったこと】こけた時

▲