ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月23日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室

    「こうくん、帰ろ?」

    「…」

    「こうくん…?」

    なんで今日、メイクしてるんだ?

    いつも結々は可愛いけど、今日の可愛いさは以上だ

    「ねぇ」

    「どうしたの?こうくん、何かあったの?」

    「今日、なんでいつもより可愛いの」

    「っ…」

    素直な感想を口にすると、頬を赤く染める結々

    あー…可愛すぎ

    「メイクしてるでしょ?」

    「う、うん…」

    「なんで?」

    そう言うと、モジモジしながら話すのをためらっている結々が愛おしすぎてしょうがない

    「えっとね…こうくんに少しでも可愛いって思って欲しくて…」

    なにそれ…こんな可愛い生き物がいて大丈夫なの?いてくれないと困るけど

    「何その可愛い理由…俺はいつも結々のこと可愛いって思ってる」

    「っ…ほんと?」

    「うん、だからさ…俺以外にそんな可愛い結々見せちゃダメ」

    「っ…うん、わかった」

    可愛いすぎる結々は、俺だけが知ってればいい

    開く閉じる

    • 後輩
    • 放課後
    • 廊下
    • 壁ドン

    私、波奈。
    只今、宿題を教室に忘れ、夜だというのに学校に忍び込んでいます…
    「ん?先輩?」
    「え?」
    絢斗?
    「偶然ですね」
    「本当!絢斗はどうしたの?」
    「俺は伊紀の宿…」
    「誰かいるのか?」
    え?
    「多分、宿直。見つかると退学になるかも。あ、そこ隠れましょう」
    _ドンッ
    隠れるためだよね…。
    え、絢斗に壁、押し付けられてる。
    なんで、こんなにドキドキするの?
    壁ドンってドキドキするもんなの?
    「けん、と…?」
    「黙ってて」
    ドキドキが収まらない…
    顔が、近い…
    限界で、絢斗が離れた。
    「先生行ったみたいです」
    「そ、そっか、ありがとう、私、帰るね!」
    心臓が、今も速い。
    「先輩、顔赤いですよ?熱?」
    顔赤い?
    「大丈夫だよ!」
    「それならよかったです。じゃあ。あ、」
    『心臓の音、めっちゃ速かったね』
    耳元でささやかれた。
    何あれ…
    絢斗のせいで、また心臓が…
    _ドキ
    あぁ、速くなった。

    開く閉じる

    • 後輩

    「先輩ー」

    ヒナタは迎えに来たよと言うかのように教室に入ってきた。

    「ちょっと待ってて!」

    急いでスクバに荷物を積める。
    カランと音をたてるのはヒナタとお揃いで買ったイルカのストラップだった。

    懐かしいなと思い出に浸っていると

    「まだ?」

    と呼ばれた。

    「お待たせ」

    昇降口まで二人で歩く。

    今でも夢みたいだ。こうしてカレカノになれるなんて。

    不意に手を繋いでみる。

    「えへへ」

    夕日で照らされているヒナタの顔はどこか切なかった。

    「ん?」

    「いや、先輩がいつまで俺と居てくれるかなって」

    そんなこと思ってたの?

    繋いでた手に力を込める。

    「私はヒナタから離れるつもりないよ。ヒナタこそずっとそばに居てね?」

    「おう」

    不安にさせてごめんね。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

清見定華

【ユーザネーム変更履歴】

  • 1:定華(初回登録:2018/06/27)
  • 2:清見定華(変更1回目:2018/11/20)

【会員番号】1032836

【性別】女性

【誕生日】1/18

【自己紹介】清見定華(きよみ・ていか)といいます。

得意なジャンルはピュアラブです♪
シリアスやヤンデレな作品は読むのも書くのも大好きです。

楽しんで読んでもらえたら嬉しいです(*^^*)

【おススメの本】最近は古典にハマってます。ロシア文学もいいですよ。

【好きな作家】

【マイリンク】

【HNの由来(本名はダメ!!)】藤原定家にあやかりました。名字は人と被らないものを。

【生まれたところ】生まれも育ちも今も東京都。

【血液型】B型の+です。

【星座】山羊座♑ べぇ〜!

【身長】157cm。普通だな。

【体重】じゃありんご5個分でw

【足のサイズ】靴によるよね、これ。24〜25cm

【握力】最後に測った中学の時は十いくつだったと思う。

【髪型】セミロング黒髪

【趣味】執筆。美術鑑賞。ゲーム。

【特技】物事の要領掴むのが、うまいほうかもしれない。

【性格】冷静。周りが騒いでても自分が興味なかったら関心ないw

【持っている資格】秘書検定2級、漢検2級、英検3級、数検3級。

【自慢なこと】PUBGで、よく1位取れます

【好きな言葉】強い意思は運命をより強固にする(ひぐらしのなく頃に、羽入)

【将来の夢】憧れの作家さんと肩を並べること、Web小説界が廃れないこと

【尊敬する人】成毛眞さん。斬新な発想に尊敬します

【好きな芸能人】山田裕貴くん

【好きな男性のタイプ】人間性の育っている人。体小さくない人

【好きな女性のタイプ】女性・女の子はみんな可愛いんですよ

【似ている芸能人】昔は菊川玲に似てるって言われてたけどねぇ……。

【みんなから○○と呼ばれている】清見さん。本当は定華さんって呼ばれたい

【よくやるくせ】まずいことが起こると本当に頭抱える

【口ぐせ】「〇〇の必要性を感じない」

【自分が一番輝く瞬間】小説書いてるとき

【ある休日の過ごし方】執筆してゲームして、たまに美術館

【よく遊ぶところ】上野に出没しがち。原宿もアートギャラリー多いのでよくいます

【カラオケでよく歌う曲】Perfume

【好きな食べ物】おつまみ🍶

【嫌いな食べ物】えんがわ

【好きな教科】やっぱり国語は得意だった

【嫌いな教科】社会科全般。悲惨だったよ……w

【好きなテレビ番組】マツコが出てる番組諸々、やりすぎ都市伝説

【好きな映画】ぼくのワンダフルライフ

【好きな音楽】スパドラ、B'z、Alexandros。男臭い歌詞はわりと好きです

【好きなブランド】本格芋焼酎の霧島各色

【好きなコミックや雑誌】サマミヤアカザ先生、遠山えま先生のマンガ

【好きなキャラクター】ひぐらしの羽入、ブラスタのシン

【好きな場所】美術館、夕焼けきれいに見えるところ

【好きな人の名前】シン(好きな人って2次元かいっ!w

【好きな季節】どの季節も執筆にふさわしい

【とっておきの時間の過ごし方】アートに触れる、昆布茶飲みながら執筆

【手放せないもの】スマホとタブレット。これさえあれば物語は産める

【マイブーム】ブラスタっていうワルメン育成スマホゲーム。

【今一番欲しいもの】モバイルバッテリー。6000mApあればいいかな。

【今一番行きたいところ】国立西洋美術館で開催されるハプスブルク展。楽しみ!

【今一番やりたいこと】早く公開したい長編があるの。完結するまで公開しないから。

【最近感動したこと】15歳アーティストが左手だけで折り紙してたこと

【最近初めて知ったこと】ゲーテさんが色の研究だけじゃなくて創作してたこと

【最近ひやっとしたこと】電車のドアが開いた瞬間ぶつかったお姉さんの、スマホが隙間に落ちそうになったこと

【最近うらやましいこと】鍛えてるイケメン

【最近頭にきていること】自キャラの二人が煮えきらない

【最近凹んだこと】インフルの予防接種した週末、飲酒したら針刺したとこ赤く腫れた

【最近声を大にしてみんなに言いたいこと】銀髪が好きだーーー!

【好きな人と出会いたい場所】ん? googleプレイでイケメンアプリダウンロードすればすぐ好きな人できるよ★

【誰かこんな小説書いて!】人にお願いするくらいなら私が書く

▲