ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年08月23日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 授業中
    • 教室
    • 告白

    げげっ。滅茶苦茶厳しい現国の先生の授業で、教科書忘れた。
    隣の葉山の肘をつつく。
    「奈々?」
    不思議そうに私のほうを眺めるキミの綺麗な目を見ると、その世界に惹きつけられる。言うまでもなく、容姿も完璧。そんな彼と話すと、胸が高鳴るだなんて本人に言えるわけない。だって葉山はドSなんだ。
    「忘れたの…見せてくれる??」
    ニヤッと笑うキミ。
    「なに企んでるの?」
    恐る恐る聞く。
    「好き、って言ったら貸してやるよ。」
    は!?なんでよ!?
    やばい、次、音読しなきゃなのに!もう、こうなったら…
    「葉山、すっ、好き…。」
    「ん?聞こえねえ。」
    「好き!」
    「ん。」
    渡された教科書。そのおかげで朗読成功!
    「奈々、手、出して。」
    耳元で言うのは反則!

    「好きだ。」
    手にマッキーで書かれた。
    「奈々は?」
    きっと葉山は私の気持ち、わかってる。
    「…好き。」
    涼しげな顔で笑っている。そんな君の虜なんだ。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 廊下

    「あのさー」


    みんなが帰ったあとの静かな廊下。
    部活を引退したばかりの3年生の彼が、棚にあった教科書をいじりながら問いかける。


    「俺のどこが好きなん?」


    不意をついた質問に、プリントを整理する手が止まる。

    「どこ…って?」

    「俺の好きなところ」

    「全部だよ」

    「その中でも特にってところ。ない?」

    「んー…」


    彼はイケメンだし、運動も勉強もできるし、優しくて面白い。

    全部好きだけど、特に。
    特にすきになったのは───。



    「…自分に自信があるところ、かな。
    最高にかっこいいなって思った」



    彼はいじっていた教科書を戻した。

    急に抱きしめられる。


    「うわべだけじゃないとか、超嬉しい」

    「…うん」

    「俺、お前のそういうところがいちばん好き。しっかり人を見てるところ」


    先輩も人のこと言えないんじゃない?
    そう言うと、彼は嬉しそうに耳もとで笑った。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 頭ぽんぽん

    「失礼しまーす…」

    そっと扉を開けて中に入る。いつもは賑やかな部屋がやけに静かだな、と思ってたら案の定。

    みんなはいなくて、彼だけ机に突っ伏して寝ていた。

    「…拓麻さーん」

    「…」

    隣に座って呼び掛けるけど、返事は無い。

    「起きてくださーい」

    「…」

    さらに近づく。やっぱり返事は無い。

    「…いたずらしちゃいますよ」

    「…」

    いつもドキドキさせられてるし、たまにはいいよね…?

    ちゅっ

    彼の耳に少しだけキスしてみた。


    「…そんだけ?」

    「えっ」

    形勢逆転。起き上がった彼に腰を抱かれ、今度は私がキスされて。

    「お、起きてたんですか!?」

    「うん、結構前から」

    「…意地悪」

    「ごめん。綾乃の困った顔見たかった」

    頭をぽんぽんして、送るから一緒に帰ろ、なんて。


    やっぱりドキドキさせられるのは私の方だ。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

友理 潤

【会員番号】1032547

【自己紹介】【書籍】
『太閤を継ぐ者 逆境からはじまる豊臣秀頼への転生ライフ』(宝島社)
『ボクは絶対にひっかからない!』(ポプラ社)短編が収録

【受賞歴】
第5回 ネット小説大賞 受賞
第2回 ライト文芸大賞 受賞(余命5分の恋人 ~死神にあらがうために、僕と君は恋をする~)


【一言】
一人でも多くの読者様に楽しんでいただけるように心がけてまいりたいと思っております。

▲