ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月19日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 恋人
    • お昼休み
    • 屋上
    • キス

    私は美紀です。
    今はお昼休み。
    だから彼氏の陽太とお昼を一緒に食べてます。
    陽太はもともと私の親友の天音が好きだったけど、私が告白して、陽太が私を好きになってくれた。

    「ねぇねぇ!」

    「ん~?どしたの?」

    「口移しして?」

    「えっ!?」

    陽太の言葉に私は思わずびっくりした。

    「ほら!は~や~く~!」

    私は陽太にそう言われ、陽太に口移しをした。

    「はい、終わったよ?」

    「ん~、全然足んない」

    陽太はそう言い、私にまたキスをしてきた。
    激しくて荒々しいキス。
    キスが終わると陽太は、

    「ふふっ...、ご馳走様でした」

    と、言った。
    私はわかった。
    陽太は可愛いだけじゃなくて、かっこいいんだって。
    子供みたいだけど、大人だってわかった。

    開く閉じる

    • 恋人
    • 放課後
    • 教室
    • キス

    私は天音です。
    サッカー部の恋人の陸と待ち合わせをしていて待っているところです。
    陸まだかなっ...。
    私がそんなことを思っていると、陸が教室に入ってきた。
    「ごめん、部活長引いた」

    「いや、大丈夫だよっ..!」

    陸は汗まみれだった。
    部活頑張ったんだなっ...。
    そんなことを思っていると陸が口を開いた。
    「なあ、陽太とキスしたことあるって本当?」
    陸と陽太は私の幼なじみで、陽太は元彼でもある。
    そんな陽太とは三回?だったけな?
    三回ぐらいキスしたことがある。
    「うんっ...」
    「へぇ~、そうなのか~?」
    陸はそう言い、私にキスしてきた。
    激しくて荒々しいキス。
    やがて唇を離され、
    「今日俺ん家でお仕置きなっ?」
    陸にそう言われ、私たちは陸の家に行った。

    開く閉じる

    • 芸能人【お題】
    • 放課後
    • 教室

    「アイドルなんてもうやめて。」

    こんなこと言うつもりなんてなかった。でもつい口をついて出てしまった。

    「はあ?何だよ急に。」

    突然の私の発言に困惑している碧斗。
    碧斗は人気アイドルで私の恋人。もちろん付き合っている事は内緒。

    「何で?俺のこと応援してくれてたじゃん?」

    「応援してるよ、でも…」

    碧斗が夢を叶えてアイドルになった時は自分の事のように嬉しかったし、応援もしてた。でも、もう限界…

    「なんか、碧斗遠くなったゃったよ。仕事仕事で全然会えないし。普通のカップルみたいにデートも出来ないし。いつか碧斗は私の事なんて忘れてしまいそうでこわい…」

    「優愛…ごめん」

    そう言って碧斗は私をギュッと抱きしめた。

    「お前が嫌ならアイドルなんてやめたっていい。俺が一番大切なのは優愛、お前だから。」

    「碧斗…」

    碧斗の唇が私の唇に重なる。




    私も一番大切なのは碧斗だよ…

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

霜月湊

【会員番号】1031502

【性別】男

【誕生日】2002年2月21日

【自己紹介】こんにちは霜月湊です。
主に短編やホラーを書いていこうと思います!
感想アドバイスなどお待ちしています!

【書いた小説一覧】

【おススメの本】一番星のキミに恋するほどに切なくて

【マイリンク】

【HNの由来(本名はダメ!!)】アニメのキャラクターの名前を合わせて

【生まれたところ】千葉県

【血液型】O型

【星座】うお座

【身長】164・cm

【体重】49キロ

【足のサイズ】26cm

【握力】右44

【髪型】坊主

【趣味】読者&作詞作曲

【特技】?

【性格】?

【持っている資格】漢字検定1級

【自慢なこと】速読

【好きな言葉】あなたなら大丈夫

【将来の夢】調理師

【尊敬する人】涙鳴さん 桜庭さん 春の雨さん みさきさん

【好きな芸能人】いない

【好きな男性のタイプ】?

【好きな女性のタイプ】素直な人 一緒になって自分のことを考えてくれる人

【似ている芸能人】?

【みんなから○○と呼ばれている】りゅう

【よくやるくせ】音を指で刻む

【口ぐせ】そうなん?

【自分が一番輝く瞬間】小説を読んでもらえたとき

【ある休日の過ごし方】読書&小説をかく

【よく遊ぶところ】海

【カラオケでよく歌う曲】アニソン

【好きな食べ物】トマト 野菜

【嫌いな食べ物】ない

【好きな教科】理科

【嫌いな教科】ない

【好きなテレビ番組】アニメ

【好きな映画】SAO

【好きな音楽】Lisaさんの曲&ボカロ

【好きなブランド】ルイヴィトン

【好きなコミックや雑誌】ジャンプ

【好きなキャラクター】初音みく

【好きな場所】海

【好きな人の名前】秘密

【好きな季節】秋

【とっておきの時間の過ごし方】本をよむ

【手放せないもの】スマホ

【マイブーム】?

【今一番欲しいもの】PC

【今一番行きたいところ】海

【今一番やりたいこと】小説を書く

【最近感動したこと】ファンが増えたこと

【最近初めて知ったこと】ない

【最近ひやっとしたこと】ありすぎてわかんない

【最近うらやましいこと】面白い小説を書いている人

【最近頭にきていること】蝉がうるさい

【最近凹んだこと】スマホこわれた

【最近声を大にしてみんなに言いたいこと】ありがとう大好き!

【最近自慢したいこと】ない

【最近笑ったこと】ひみつ

【最近ひそかに興味があること】秘密

【最近恥ずかしかったこと】ない

【生まれ変わったら?】猫になりたい

【地球があと24時間しかなかったら?】好きな人に逢いたい

【1億円あったらどうする?】ためる

【願いが3つかなうとしたら?】読者さんとに会いたい

【ずーっと疑問に思っている事】ない

【今までの人生で素敵な思い出】読者さんから感想をもらえたこと

【好きな人と出会いたい場所】海

【癒されること】猫とたわむれる

【誰にも言えない秘密の話】幽霊が見える

【1ヶ月に読むケータイ小説の数】50

【1ヶ月に読む本の数】100

【よく使うネットサイト】野いちご  アマゾン

【よく使うモバイルサイト/アプリ】ライン

【よく読む雑誌】ない

【使っている携帯電話】アンドロイド

【感動した小説のフレーズ】ありすぎます

【誰かこんな小説書いて!】ホラー

【1日だけ透明人間になったら何をする?】秘密

【今まで生きてきて一番痛かったこと】いじめ 階段から落とされたこと

▲