ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年03月25日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 体育館
    • 告白

    私は幼なじみの楓に呼び出された。
    せっかくのバイトが休みなのに~
    「用があるなら早くしてよね!」
    楓は焦ったように言った。
    「ごめん!待って未菜!あのさずっと言いたいこと
    あったんだけどなかなか言い出せなくて」
    「どうしたの?」
    楓は照れたようにボールをてにとって言う。
    「俺、ずっと未菜の事好きだった。
    でもこの関係を壊したくなくて気持ち隠してた。
    幼なじみなら未菜が辛いとき悲しいときたのしいとき
    嬉しいときずっとそばにいれると思った。でも、
    やっぱり未菜が将来俺以外の人と笑いあってるのみるの
    辛いと思う‥だからごめん、気持ち伝えようと
    思った‥」
    私は何も言葉がでなかった
    「未菜、困らせる気はなかったんだだけど将来
    絶対バスケの選手になって俺が必ず未菜を幸せにする!」
    「なんであんたっていつも自分勝手なの!」
    「‥ごめん‥」
    「バカ!私も大好きだよ!幸せにしないと
     許さないからね!」

    開く閉じる

    • 同級生
    • お昼休み
    • 屋上
    • 頬ペロ

    今はお昼休み。私は彼氏の穂希(ほまれ)君と一緒にご飯を食べている。

    「この卵焼き美味しい…」

    「だろ?今日作ってきたんだ」

    穂希くんは料理が好きなんだそうだ。

    「これも、これも美味しい。どうやったらこんなに美味しいの作れるんだろ?」

    そう言いながら私は食べるのに夢中になっていると、

    「…やっぱ作んなきゃよかったな」

    「え?」

    (うまく聞き取れなかった)

    「何でもない。それより、ここ、ご飯ついてる」

    「あ、ありがとう」

    恥ずかしさを抑え、指で取ろうとすると、

    「違う。こっち」

    と言って在ろう事か私の頬を舐めた。

    「な、な、舐め…///」

    私が困惑しているのを見て、穂希はいたずらっ子のように笑った。

    「あ〜、やっぱ俺もお腹空いたなあ」

    「え。じゃあこれ食べる?」

    「うんん。俺はそれより…」

    ニヤリと笑って、

    「優(ゆう)が食べたい」

    甘く囁いた。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 体育館

    今日は中学校の卒業式…

    まぁ、卒業式はさっき終わったとこだけど。

    「ねぇ、なんでバスケの強豪校の推薦パスしたの?」

    幼馴染に体育館に呼び出されていくと、その幼馴染はバスケの練習をしていた。

    幼馴染はバスケが上手く、たくさんの高校から推薦が来てたのにどれもパスしてた。

    「別にどこだってバスケはできるし…」

    ちゃんとした理由を教えてはくれない。

    「でも、強豪校に行けば大好きなバスケがたくさんできるんじゃないの?」

    バスケ漬けだってお兄ちゃんも言ってたし…

    お兄ちゃんはバスケの強豪校の高校二年生。

    「だから!俺は大好きなバスケよりももっと好きなもん見つけたんだよ!」

    バスケより好きなものがこの人にあるの?
    バスケしかしてこなかったのに。

    「俺はお前と離れたくないんだよ。お前の事が一番好きなんだ。」

    「俺と付き合おうぜ。」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

指定された会員の情報がありません。

トップ

▲