ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月13日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 先生
    • クリスマス4【お題】
    • 頭ぽんぽん

    「お、こんな暗いのにどーした。」
    先生はいつものようにちゃらちゃらした笑顔をこっちに向けながら歩いてきた。
    「別にどうもしませんよ。なんとなく、ここが私にあってる気がして。」
    クリスマスにも関わらず校庭に煌びやかに配置されたツリーの周りには私と先生以外誰一人として人は居ない。
    「ふーん、そう。いつもぼっちの君にあってるって事かな?」
    「うるさいな。そんな言い方しなくたっていいじゃん。」
    そう言ってはーっと白い息を冷たい指に吹き掛ける。
    「そんな拗ねるなよ。今はぼっちじゃないでしょ。」
    先生はポンポンと私の頭を撫でたあと何処に隠していたのか長方形の包装されたものを目の前に出した。
    「これ…どうしたんですか?」
    「ほら、分かんない?サンタさんだよ。サンタさん。寒いんだからさっさと家帰って開けてみなって。」
    「え、や、ちょっと」
    寒さのせいか少し赤くなった頬と耳を見て私の頬も少し暖かくなった。

    開く閉じる

    • 後輩
    • クリスマス4【お題】
    • 夜の学校

    今日はクリスマス

    なのに両親は出張で家には私一人

    はぁ…今年はクリぼっちかぁ

    すると

    「先輩!」

    声が聞こえ玄関を開けると

    イケメン男子の輝君がいた

    「ちょっと来て!」

    輝君は私を連れて学校に入った

    「輝君。どうし…」

    目の前にはキラキラしたクリスマスツリーがあった

    「綺麗でしょ?朝から先生が何かしてたから気になって夜に来たらこれ見つけてこれは絶対に先輩と見たいなって思ったんだ」

    私と?

    「先輩、こんなジンクスがあるの知ってます?」

    「ジンクス?」

    輝君は私の耳元で

    「夜の学校でクリスマスツリーの前でキスした二人はずっと一緒で幸せになれる」

    そう言った後私にキスした

    「ひ、輝君?」

    「僕、先輩が好きです。一目見たときから好きでした。僕と付き合ってくれませんか?」

    「…はい」

    私のクリスマスプレゼントは恋人だった

    開く閉じる

    • 同級生
    • クリスマス4【お題】
    • 告白

    「わぁ、ツリーのイルミネーション!きれいだなぁ…!」
     思わず笑みがこぼれる。
    「っ…ああ、そうだな」
    「どうかした?」
    「いや、なんでもない」
     それにしては耳が赤いけど…寒いのかな?

    「そういや、コレお前に。」
    「あっ、これもしかしてプレゼント!?
     渡されたのは、雪の結晶をモチーフにしたヘアピンだった。イルミネーションの光を反射してキラキラと輝いている。

    「つけてやるよ、こっちこい」
    「うん、お願い」
     彼の手が軽く私の髪をすいてピンをつける。不意に距離が近くなって少し顔が熱くなった。

    「うん…あー、やっぱり」
    「や、やっぱりって?」
    「似合ってる。やばい、かわいすぎ」
    「へっ!?」
    「今日、ずっとかわいいって思ってたけど…俺のプレゼントつけてくれてんのが一番かわいく見える」
    「わ、私、かわいくなんて…」
    「ほんとだから。…好きなやつが一番かわいいに決まってるだろ」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

しばもち桜

【ユーザネーム変更履歴】

  • 1:こせゆう(初回登録:2018/03/17)
  • 2:゚+想蘭✧*。(変更1回目:2018/07/10)
  • 3:しばもち桜(変更2回目:2018/07/10)

【会員番号】1010790

【性別】女

【自己紹介】しばもち桜です!!

たくさん本を読み漁っていたら、自分も書きたくなってしまいました!!笑笑
ド下手ですが見守ってくださると幸いです!!

【HNの由来(本名はダメ!!)】語感が可愛いから(適当)

【身長】146cm

【髪型】鎖骨くらい

【趣味】読書、小説を書くこと、ボカロ、アニメを見る。

【特技】曲中の早口はだいたい歌える。

【自慢なこと】何も見ずにピカソの本名がいえる。

【将来の夢】編集者

【尊敬する人】親友

【好きな女性のタイプ】可愛い

【自分が一番輝く瞬間】休み時間

【ある休日の過ごし方】妹の世話

【よく遊ぶところ】カラオケ、ゲーセン

【カラオケでよく歌う曲】ボカロ、ハニワ、アニソン、ナナヲアカリ

【好きな教科】国語

【好きな音楽】ナナヲアカリ、ボカロ、ハニワ、アニソン

【好きなコミックや雑誌】GANMA連載と多数欠

【好きなキャラクター】音街ウナ

【今一番欲しいもの】本棚

【今一番やりたいこと】書斎を作る

【最近ひやっとしたこと】授業中スマホがバレそうになった

【最近うらやましいこと】みんな羨ましい

【最近頭にきていること】親が無理

【最近凹んだこと】全部無理

【最近声を大にしてみんなに言いたいこと】おうち嫌いっ!!!!!!!!

【最近自慢したいこと】国語のテストで100点取った。

【生まれ変わったら?】猫

【地球があと24時間しかなかったら?】親友と喋り倒す

【1億円あったらどうする?】使う

【ずーっと疑問に思っている事】なぜ親は選べないのだろう

【今までの人生で素敵な思い出】毎日が素敵

【誰にも言えない秘密の話】色んなこと

【1ヶ月に読む本の数】だいたい50冊以上

【誰かこんな小説書いて!】ロリ美少女チート能力系ストーリー

【1日だけ透明人間になったら何をする?】他人の会話盗み聞き

【今まで生きてきて一番痛かったこと】生きてることが痛い

▲