ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 彼氏side
    俺には彼女がいる…って言っても10年もあってないからな…でも、俺は必ずもう一回会えると信じてる。
    それは…

    夢「あの…急にごめんね。もっと早く言いたかったんだけど…」
    俺「そんなことはいいんだ。それより、次はいつ会えるんだ?」
    夢「10年先かな」
    俺「10年先!?」
    夢「10年後、思い出のあの場所に来てね」

    そこから10年はとても長かった。
    ガキだった俺も今は22歳。
    約束の10年後の今日、俺は思い出のある噴水の前にきていた。

    俺「今日は本当に夢に会えるのか」
    夢「あれ?優!」
    俺「え?夢!?」
    夢「やっぱり来てくれたんだ」
    俺「もちろんだろ?俺ら付き合ってるんだし」
    夢「私たち、もう22歳ね」

    そうだ、あの事を言おう
    俺「夢、俺と結婚してください」
    夢「え!?」
    俺「嘘じゃねえ、本気だ」
    夢「ありがとう!よろしくね」

    きゅん

    10

    LOVE桧山さんをフォロー

    通報する

▲