ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 348件ヒットしました

  2. 翔なんて大嫌い。
    それが私の口癖だった。同じ日に生まれたお隣さんの佐竹翔は、幼い頃から私のライバルだった。私は彼と張り合って、惨敗してはそう泣き喚いた。
    中学生になると翔は身長が伸びて、私は翔に敵わなくなった。私は呼び方を佐竹に変えた。翔は何も言わなかった。

    「や、離してッ!」
    にやにやと笑いを浮かべた男の腕を振り払おうとして、腕をギリリと掴まれた。
    嫌だ。怖い。お願い誰か───
    「おい、手ぇ離しやがれ。警察呼ぶぞ」
    低い声が聞こえた。男の手首をひねり上げ、冷ややかに男を睨みつけたのは翔だった。
    「大丈夫か」
    慌てて逃げていく男を一瞥して、翔は私に聞いた。その声が優しくて、悔しくて、それでも震えは止まってくれなかった。
    「佐竹なんて大嫌い…っ」
    そう言うと、翔は私を優しく抱き締めた。
    「お前を守れるなら、嫌われても構わない。」
    じわりと視界が歪んだ。 涙が出るのはきっと、悔しいせいだ。

    きゅん

    17

    依兎さんをフォロー

    通報する

  3. 幼稚園以来の幼なじみと駅の構内で偶然にも再会し、付き合うことになった。

    きゅん

    0

    本田岳さんをフォロー

    通報する

  4. 待ち合わせは一時間前。

    まだ期待してるとこ男なのに俺、女々し過ぎか。

    それ位に好きになってたのは自分だけかよ。

    何なんだよ…

    本を読む手を止めてふと心の中で呟いた

    それさえ君には届かないのにな。








    早く速く目的地に着いてよ!

    何であの身勝手なお父様は私を止めるの?

    例えばキミが貧しい家庭だったって、
    好きなのには変わりないんだから許してよ!!







    この想いを…

    この女々しさを…

    『許してよ!』ねぇ?

    きゅん

    5

    ReiditStarさんをフォロー

    通報する

  5. 「振られたんだ私…」
    そう言った幼馴染は、今にも消えてしまいそうに見えた。
    どうやらずっと前から聞いていた先輩に告白をしたら振られたらしい。
    「わっ私は…可愛く…なっ」
    「もぅ、いいよ言わなくて」
    俺は、最後まで聞かずに抱きしめた力一杯に…
    「お前は、可愛くても可愛くなくてもどっちでもいいんだよ。」
    「え?だって、可愛くっなくっちゃ!」
    まだ泣き止まない彼女を俺はより強く抱き寄せた。もう逃さない、逃してはいけないと抱き寄せる腕に力を込めた。
    「お前はお前なんだから。他人がどう見たって構わなくていいんだ。…お前にはお前の良さがあるんだから」
    俺の口から出て来た言葉は、ずっと彼女を想って来た俺だからこそ出たものだった。俺の言葉を聞いて彼女は、俺の腕の中でくたびれるまで泣いた。
    (…俺だけがお前の良さを知っていればそれで…今はそれで充分だ。)
    俺は彼女の笑顔が見えます様にと空に願った

    きゅん

    5

    氷雪 ユトさんをフォロー

    通報する

  6. 私には大好きな先輩がいた
    だけど好きでいることがしんどくなって同級生と付き合っている
    だけどやっぱり未練の少しくらいは残ってて
    「渡部さん」
    「はい、なんですか?」
    私は呼び止められたので返事をした
    「これ、あいつら二人からのバレンタインのお返し、俺はまた今度渡すね」
    「ありがとうございます」
    私は呆然とした
    どうして、先輩が別の先輩からのバレンタインのお返しをくれるのだろう
    それでも私は大好きな先輩と話せたことに一人で嬉しく笑っていた
    そういうところが好きで好きで
    辛くなるんですよ、先輩。
    ずるいですよ、先輩。

    きゅん

    6

    松本皐月さんをフォロー

    通報する

  7. 1つ歳上の燎(りょう)君
    大学に通う燎君に会えるのは朝の通学の時だけなのに
    こんな日に限って目覚ましをかけるの忘れてた

    やっとの思いで辿り着いた駅の前に燎君が立っていて
    その前にはスタイルも良くてファッションも大人な女性がいて
    誕生日プレゼントらしきものを渡していた

    そんな光景を見てしまえば
    私の渡そうとしていたものがみすぼらしく思えて
    あまりにも居た堪れなくなりその場から離れたすると

    ギュっ

    「のーのは!おはよ。どこ行こうとしてるの?」

    燎君が私を後ろから抱きしめてくれた

    「え、燎君?な、なに?」

    「俺待ってたのに。乃々葉のこと。今年はどんな誕生日プレゼントくれるのかなーって。」

    いつもと変わらない燎君
    さっき女の人にプレゼント貰ってたくせに

    「ないよ。今年は準備してないから」

    「じゃあ乃々葉を頂戴。俺ずっと我慢してた、乃々葉の事好き過ぎておかしくなりそ。ね?いい?」

    きゅん

    5

    翠咲さんをフォロー

    通報する

  8. 「ごめんごめん!担任が長々と喋ってたから遅くなっちゃった。待ったよね?」

    付き合っていることは内緒なので彼との待ち合わせは駅。まわりは一面銀世界。

    「全然大丈夫だよ」

    私は真っ赤になった手を顔の前でふった。

    彼に手を掴まれたと思ったらあったかい感触が……って、えー彼の頬に私の手が?!!

    「もー手冷たいよ。室内でまっててって送ったじゃん。ま、それでも外で待っててくれる優しさがいいんだけどね笑」

    さらりとそんなこと!


    そういって彼と手を繋いでデートに行った。

    きゅん

    3

    白咲 望音さんをフォロー

    通報する

  9. 私の幼馴染の裕翔(ひろと)は、心臓病を患っていて
    3年前、手術でアメリカへ行った。
    裕翔は「待ってて」って言ってくれた。

    本当は行きたい。でも、裕翔を信じて毎年1人で
    年を越す。

    「今年も、帰ってこないの?もう、
    我慢できないっ。」

    私は1人で泣いた。
    毎年この駅前で年を越していた。
    でも今年も、隣には誰もいない。

    「はやく、はやく会いたいよ。」

    私は一人で泣いた。周りの目も気にせず。

    あぁ、もう年越しだ。

    ー5!4!3!2!

    「ハッピーニューイヤー。
    心夏、ただいま。待たせてごめんね。」

    ーいーち!ハッピーニューイヤー!

    「ひ、ろと?ほんとに裕翔なの!?」
    裕翔はバックハグで年越しをしてくれた。
    「うん。そうだよ。心夏、すき。
    俺と付き合ってよ。」
    「……お、遅いよ!どんだけ待ったと思ったの?
    私だって、好き!付き合うに
    決まってんじゃん!」

    きゅん

    5

    星の雨さんをフォロー

    通報する

  10. 駅で偶然幼馴染に会った
    「あ、誠じゃんお久しぶり!」
    「お、愛梨!元気か?」
    「うん、誠は?」
    「実は最近調子悪くてさ」
    「えっ?大丈夫」
    ドン、ギュー
    「うん、これで大丈夫」
    驚いて何も言えない私、すると誠が
    「最近愛梨に会ってなかったから、元気でなかったんだよ」
    それを聞いて小さく笑ってしまった
    「悪りぃかよ?」
    「ううん」って言って私も抱きついた
    そうすると、名前を呼ばれて見上げると
    チュ
    一瞬にして赤くなった私を見て今度は誠が笑った
    「愛梨、好きだ。今日から俺のもんな?」
    そう言われて恥ずかしくて、誠に顔を埋めて頷くことしか出来なかった

    きゅん

    4

    comet☆彡さんをフォロー

    通報する

  11. 「フラペチーノとパンケーキと…………」
    「待って、俺の小遣い事情考えて!?2つとも値段めちゃくちゃ高いんすけど!」

    ゲームに負けた隼翔の奢りで、今、駅前のカフェに来てる。さっきのを頼んだ私は、隼翔と席に着く。

    「美味しそ~!じゃ、いただきまーす!隼翔くん♡」

    「ん!フラペチーノうまー!あ、パンケーキもふわふわ!やっばい」
    「マジ?フラペチーノどんなん?」

    私の手からフラペチーノをひょいっととってちゅー………と呆気なく飲んでいく隼翔。

    「ちょ、ちょっと………」

    「可愛いカップル〜」

    遠巻きに見ていたカップルさんがニヤニヤこっちを見てる。

    「は、や、と!」
    「ふぁい!」
    「………………勘違いされてるんだってば私たち………その………カップルに……/////」

    「………………瑛美は嫌?勘違いされるの」
    「え?」
    「俺は別にいいんだけど……瑛美のこと好き……………だから/////」

    きゅん

    10

    朽葉真鈴さんをフォロー

    通報する

  12. 今日もいつも通り友だちと放課後の教室でかなりの時間おしゃべりした。帰ろうかな、と思って靴を履こうとしたら靴の中に紙がはいってる。
    『駅でまってる 竜』

    急いで行くと改札の近くに寄りかかってる竜くんがいた、竜くんは私の好きな人

    「ごめん!みんなとお喋りしてたの」

    「だと思ったわ!いっつも喋ってるもんなー」
    「とりあえず電車乗らね?」

    知ってるんだ、なんか嬉しい
    「そだね!」

    私は学校の最寄り駅から3駅先で竜くんは2駅先でおりる。なのに竜くんは降りようとしない、
    「竜くん駅着いたよ?」
    「いーんだよ、」
    私が降りる駅で一緒に降りて家まで送ってくれた。
    喋りながら帰ってたから一瞬だった!
    「ありがとう!」

    「おう、あとさ」
    「俺、ずっと前から好きでした!付き合ってくれますか?」

    「私も竜くんのこと好き!だから竜くんの彼女になってあげる!」
    竜くんは私にキスをした

    きゅん

    2

    yuuuKaさんをフォロー

    通報する

  13. 彼氏の瞬と初めてのデートの日。

    「紗奈、他の男見んなよ。」
    「別に、見てない!」

    「紗奈は俺のもん。勝手によそ行くなよ?」

    「瞬も行かないでよ?」
    周りには、かわいい女の子たくさんいるんだから。

    「安心して。俺は紗奈一筋だから。」

    二ッと笑って、わたしの頭に手を乗せる。

    瞬……
    瞬といると、おかしくなっちゃう。

    「もうこれ以上可愛くなんなよ。」

    きゅん

    10

    新谷由宇さんをフォロー

    通報する

  14. 人気アイドルグループのコンサート前日、大ファンのアイドルに遭遇!向こうは完全にプライベート。し、しかも!!電車の中で隣の席に座ってきた!!お疲れを邪魔すると行けないので黙っていると…ガタンッ。電車が揺れて寝ている彼の頭が私の肩に!!申し訳ない気持ちで向こうをみて平常心を保っていると、目を覚まして目をまん丸にして驚いていた。
    「あ、すみません。ボク、寝ぼけちゃってました。肩痛くなかったですか?ほんとごめんなさい。」
    「全然大丈夫です!お仕事疲れてますよね。体に気をつけて頑張ってください!」
    「あれ気づいてました?声かけないでいてくれてありがとう。ん?明日コンサートに来てくれるの?」(財布から出ていたチケットをみて)
    「じ、実は大ファンなんです!明日も応援しています!」
    「ありがとう。えーと、席は、、2階のB席か。わかりました。明日一番に見つけ出します。また明日!」
    (きゅーーーん。)

    きゅん

    5

    uuka_さんをフォロー

    通報する

  15. 私は、同じ部活で1つ年下の後輩に片想いしている。


    「先輩っ! 一緒に帰ろ?」

    「う、うん。 別に良いけど…」


    部活では結構仲良い方だけど…一緒に帰るのなんて初めてだよ。



    「あ、あのさ。藤田くんって好きな人とかいるの…?」


    私の質問に、藤田くんはニヤッと笑みを浮かべた。


    「それって…焼きもちですか?」

    「へ…!?」

    「わ…図星だ!!」


    本当に心臓に悪いよ…。


    藤田くんは、私にどんどん近づいてきて…


    「…ん!?」


    私の首筋にフニャッとした感覚が残っている。



    「先輩が悪いんです…俺をこんなにドキドキさせるから…」

    きゅん

    9

    星月 雫さんをフォロー

    通報する

  16. 「由紀、学校慣れたか?」


    私の目の前を歩いてた彼が、後ろを振り返った。



    「うん…! だ、大丈夫っ!!」



    四月に高校に入学して、担任の先生になったのが彼…藤崎先生だ。



    私と先生は秘密で付き合っていて、生徒と先生以上の関係にいたる。



    しかも…家が隣という偶然にも奇跡的なことがあった。



    毎日一生に通学して、彼の隣を歩けることがどんなにも幸せか…



    でも…いつかこの関係は終わってしまう気がする。嫌、絶対に。



    「由紀…? どこか悪いのか?」


    「ううん…大丈夫、です…」



    涙が溢れてきて地面にしゃがみ込んだ私に先生が手を差し出してきた。



    気づいたら、学校に行く道と反対方向。


    見覚えのある家も…ここってまさかね…?


    目の前には、『藤崎』と書かれた先生の家の表札。



    「気が変わった。今すぐに俺のものにするから。覚悟しとけよ?」

    きゅん

    7

    星月 雫さんをフォロー

    通報する

  17. 私は高校3年美優で進路も決まってバイトを始めた。そこで私よりも先に入った後輩がいた。次第に仲良くなったのはいいけどすぐバカにするからそこが問題!

    後輩「みゆー!今日バイトなんすか?」

    私「そうだよ」

    後輩「俺もなんすよね!一緒っすね笑」

    私「そうなんだ。あ、だんだん電車来るよ!」

    後輩「みゆー。最近元気ないんすか?」

    私「翼には関係ないでしょう。」

    後輩「俺みゆの笑顔が好きっすよ!」

    私「からかわないでよ」

    後輩「ほんとですよ!今日バイトサボりません?」

    私「何言ってんの?さっきからおかしいね笑」

    後輩「俺みゆの笑顔が一番好きなんすよ」

    私「何言ってんの?」

    後輩「付き合って欲しいって意味っすよ」

    私はとてもドキドキした。

    私「しょうがないなー笑 かわいい後輩のためなら付き合ってやるかー笑」

    後輩「この!笑」

    翼は私に髪をくしゃくしゃした。よろしくね笑

    きゅん

    4

    霞琉茉さんをフォロー

    通報する

  18. 私が学校が終わり駅前で歩いている時の事

    前方から私の従兄である大学生の清にぃが居る


    「清にぃ!」


    「凛華!」


    清にぃを見つけた私は嬉しく思いながら駆け寄る
    だって清にぃは私の好きな人なんだもん!


    「もう大学終わったの?」


    「うん、今は帰るとこ!」


    あー、幸せ!
    清にぃと話せるなんて!


    今日の私はハッピーだな!


    すると、後ろから友達が見えて私を見つけた途端に声をかけられる


    あー、私の至福の時が……


    「じゃあ、少し寂しいけど行くね!」


    そう言い後ろを向いた途端に清にぃに後ろから抱きしめられる


    え?何が起こってるの?


    すると私の耳に口を近づける

    「寂しいなんて可愛い事言うなよ……」


    そういった途端に体を離しまたなって声を掛けられる

    そして、去っていく


    友達には彼氏と勘違いされたけど、顔が火照ったままその後ろ姿を見送るのであった

    きゅん

    1

    春風 栞音さんをフォロー

    通報する

  19. ~午前7時~




    來夢・・・遅いなぁ


    ”先に行ってて“とか言ってたのに


    まだ来ないよ。

    そもそも私、盲目なのに・・・。


    なんで駅前で待っててって、来ないじゃん。

    速くしないと通っている学校の電車に乗り遅れちゃうよ。

    すると、背後から耳を塞がれた。


    「わっ!!なに!!」


    「えっへへ~だ~れ~だ!」


    「えっ?來夢くん?」


    「ぴんぽ~ん当たりだよ! 良く気づいたね!

    僕、嬉しいよ!」


    「も~う、驚かさないでよ。」

    「えへへ~僕、世理歌のこと好きだからつい~。」


    「・・・はぁ~今日は許してあげるから。」

    「やった~!」

    いつの間にか、來夢は、後ろからだれだ。から後ろからぎゅっとしていることに気づいた。

    そして電車に乗り、学校へ登校した。

    きゅん

    3

    LAIYAさんをフォロー

    通報する

  20. 高校一年のから好きだった先輩が留学から帰ってきたと友だちからあった
    いま、私は大学一年

    あれから三年が経つ

    「ふぅ…」

    学校終わりにいつもの駅に着くとふと声を掛けられる

    「沙那(さな)ちゃん」

    「え…」

    どこか聞き覚えのある声に振り向くとずっと好きだった涼也先輩がいた

    「久しぶり!元気だった?」

    「すず…や先輩?」

    私はあまりにも嬉しくて言葉が出なかった
    ずっと好きでずっと待ってた人

    「うん、涼也だよ。一番に沙那ちゃんに会いに来たんだ。どうしても言いたいことあって」

    「言いたいこと?」

    「うん」

    先輩は一つ息を吸ってハッキリと言葉にした

    「オレは沙那ちゃんが好きだ。付き合ってくれませんか?」

    「……はい。喜んで」

    ずっと待ってた人
    ずっと好きだった

    やっと想いが通じ合うことが出来た

    私も先輩が好きです

    きゅん

    3

    雨木 梦來さんをフォロー

    通報する

  21. 学校も終わり、最寄り駅に着いたところで誰かに話しかけられた。
    「トリックオアトリート」
    「いやもう終わってるやん……」
    思わず呟きながら振り返るとそこにいたのは何年も疎遠の幼なじみだった。

    「久しぶり。そして菓子くれ」
    「久しぶりに会う幼馴染に菓子せがむかね普通」

    呆れながらも菓子を探す私。
    「あ、塩昆布ならあるけど」
    「女子高生のチョイスじゃねえよそれ。俺はもっと甘いのがいい」

    相変わらずクールな雰囲気に似合わず甘党だなこいつ、と心の中で悪態をつく。塩昆布旨いからな。

    「タイムアップ。いたずらするね」
    そうにやりと笑いながら私の顔を覗きこんだ。

    そのまま触れあう唇。

    「お前が俺の事好きなことくらい気づいてたからな」

    図星をさされた。そのにやついた顔も悔しくてつい言い返す。
    「そんなの今はどうかなんて……!」
    「少なくとも耳まで真っ赤なその顔見りゃねえ」
    「う、うるさい!」

    きゅん

    4

    夕焼けこやけさんをフォロー

    通報する

▲