ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 今日もまた私はすし詰めになりながら電車に乗って登校していた。次々と人が乗って来て扉に押し付けられる。息をするのも辛い状態でいると、スカートに何か違和感を覚えた。耳元からハアハアとおぞましい吐息が聞こえる。その手を振り払おうとするも、元から胸の前にあった私の手は下に下ろすこともままならない。
    ───助けて…
    声もでない私は祈るのが精一杯だった。

    「おじさん?その子、俺の彼女なんだけど」
    ふと近くで男の声が聞こえ、スカートの違和感が消える。
    駅につき、私は人混みに押し流され犯人が分からぬまま、目の前にイケメン二人が現れたことに気付く。
    「ごめんね変な嘘ついちゃって。大丈夫?」
    一人が私に聞き、勝手に首が縦に動く。するともう一方が
    「怖かったよな。君、可愛いから…。次会ったら絶対捕まえるからな。安心しろ。俺らが必ず守るから」
    そう言って名前も分からぬ君達は私の頭に優しく触れ、ポンポンと叩いた。

    きゅん

    15

    氷高 ノアさんをフォロー

    通報する

▲