ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 第一章
     過去と未来の真ん中で 【尋希】

    諒汰さんの名前が出てくるってことは、諒汰さんが好きなのか?
    それじゃ、俺は勝ち目がねぇな

    でも、わりぃけどそんな簡単に諦めらんねぇし、本当のことを言わせてもらうか

    尋希「諒汰さんは毎日女のとこで寝泊まりしてるよ?」

    華音『そっか...』

    あからさまにガッカリした声を出す華音

    尋希「俺にしとけよ...」
    気づけば口走っていた

    尋希「俺なら女と遊ばねぇし、そんな気持ちにさせねぇよ?」

    なんて...困らせてどうすんだよってな

    きゅん

    4

    ran~藍~さんをフォロー

    通報する

▲