ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 「あ!!かのちゃんみーつけた♪」
    ゲッ……。
    こいつ……、ほんっとしつこいな。

    「早く諦めて僕のフィアンセになってください。」

    段々距離を縮めて来る。
    近っ……。

    「あのねー、何度も言うようだけど、私はエジプトだかエスプレッソだか知んないけど嫁ぐつもりなんてないの!だから諦めて。」

    よし、言ってやった…!?

    ちょ、なに?
    「なんで泣いてんの!?」

    「だって…僕のフィアンセになる気はないんですよね。」

    「もう、泣かないでよ男でしょ!ほら、ハンカチ。」

    男の人の涙なんて初めて見たからちょっと焦った。
    不覚にも綺麗だなと…

    フッ。
    え……。
    「ななな……何!?」

    『なら、俺の事好きにさせるまで』

    ギュッ

    後ろから腰に手まわしてくるなんて……
    「…ひわい!!!//」

    今まで紳士ぶってたのか……

    騙されたー!

    私の顔を見てクスクス笑うこいつ。
    私いったいどうなんだか……

    きゅん

    4

    リオ。・゜さんをフォロー

    通報する

▲