ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 3619件ヒットしました

  2. 放課後。女子バレー部の私は部活をしに体育館にいた。

    すると、後ろから男子バレー部の憧れの先輩が私の名前を呼ぶ声がした。

    「おっす!七瀬!」

    振り向くとそこにあったのは、初めて会った時私が先輩を気になりはじめたきっかけでもある、前と変わらぬ思わず目を引かれる眩しい笑顔だった。


    「先輩!こんにちは!」
    先輩の笑顔には負けるけれど私も思いっきり笑って言えた。

    「おーいい笑顔じゃん(笑)」

    冗談交じりでニヤニヤしながら言われたけどそれでも嬉しかった。

    それはこっちのセリフだよ…と思いながらも「からかわないでくださいよ!」と笑いながら返した。

    それから少しだけ雑談をしていると向こうから先輩を呼ぶ声がした。

    先輩は返事をした後、私の頭を撫でながら
    「今日もお互い頑張ろーぜ!」
    と言って走り去ってしまった。

    私の顔は今真っ赤になっているだろう


    あぁ、今日もまたあなたに恋します。

    きゅん

    3

    藍 海さんをフォロー

    通報する

  3. 「じゃー、解散!」

    監督の言葉に、みんなが立ち上がる。
    みんな、思い思いの言葉を発しながら、お揃いのカバンを持って帰る準備をし始めた。

    私は、立つことが出来なかった。

    さっき発表された、今甲子園予選のチーム編成。実は、マネージャーは1人だけ、ベンチに入ることが出来ない。
    それが私だった。

    わりと頑張ってたはずなのに。毎日休まずに部活来て、プレイヤーが最大限の力を発揮できるように頑張ってたつもりだった。

    「あれ、泣いとぉ?」

    私が1人座っていると、同級生の選手、治也が目の前に座った。私の顔を見ようと目線を下げてくるのが恥ずかしくて、顔を思いっきり下に下げた。

    「祐愛、この悔しい気持ち、忘れたらアカンで。」

    「来年は、絶対甲子園行こう。」

    治也はそう言って、私の頭をぽんぽんと叩いた。
    いつも通りの治也が少しかっこよく見えた。

    きゅん

    2

    小 林 み る く さんをフォロー

    通報する

  4. まだ、誰もいない部活中の教室。
    その教室には2人のあまい会話だけが響いていた。
    私は美術部に入ってるんだ。
    後輩もいい子達ばっかで楽しい部活だよ!
    中には1年生のイケメン君もいるんだ~
    雪斗くんって言って。そのこと仲いいんだ
    いいでしょ~!
    あっ!雪斗くんきたー!
    「先輩!もう部活に参加してるんですね!」
    「うん!雪斗くんも早いね。ニコッ」
    「っ!」
    顔を真っ赤にする雪斗くん
    どうしたの?熱あるのかな?
    「なっ!」
    「大丈夫?」
    私が雪斗くんの額に手をおいて顔を近づけるともっと顔が赤くなる雪斗くん。
    「先輩。こんなに男と顔近づけちゃダメですよ。襲ってほしいんですか?」
    「ち、違っ!」
    「僕、入学した時から先輩の事好きでした。
    先輩の絵が僕の背中を押してくれたんです。付き合ってください。」
    「こんな私でよければ…お願いします!!」

    それからは2人とは校内で一番のカップルになりましたとさ!

    きゅん

    2

    kokomi.さんをフォロー

    通報する

  5. 頑張れよ、、、。
    見てるから。

    きゅん

    1

    桐川 恋さんをフォロー

    通報する

  6. あ、バスケ部入部希望?
    ---
    え?
    運動音痴だから無理?
    うーん。 あ!マネージャーどう?君のそのカワイー顔で俺頑張れそー😁

    きゅん

    1

    大宮lovelyさんをフォロー

    通報する

  7. 放課後の教室、外からは部活に励んでいる同じ高校の生徒たちの声が聞こえる。

    この教室からは教壇にいる先生の声…黒板に書くチョークの音…シャーペンを動かす音以外なにも聞こえない…

    私は今補習の真っ只中だった。

    「いいか?この公式は理解できたか、橋部。」
    公式の説明を終えた先生が振り向いて、私に問いかけた、


    「…はい…」

    「じゃ、このプリントを解いて。」
    「分かりました。」

    先生からプリントを渡された時少しお互いの手が触れた。私はそれだけで嬉しかった。

    暫くは、プリントを解いていた。分からない応用問題を先生に聞きながらなんとか解き終えた。

    そして、プリントを先生に渡すとき…
    「先生…好きです…」
    「っ……おまっ!不意打ちって…はぁ…そういうのはしっかり言わないと駄目だぞ。」
    「?それって…」
    「俺も好きだよ、理奈…だから、お前が卒業するまで待っててくれるか?」
    「っ…はい!」

    きゅん

    2

    Milky⭐roadさんをフォロー

    通報する

  8. 今はバスケの練習中

    私、早姫(さき)はマネージャーの仕事をしながら試合を見ていた

    見ていたのは私のひとつ上でバスケ部のエースで私の片想いの人でもある優翔(ゆうと)先輩

    優翔先輩が人気でいつも

    『キャーー!』

    悲鳴がなる

    気持ちは分かるけど部活の妨げになるんだよね

    そう思った時に休憩時間になったので私はタオルを皆に渡していた

    最後に優翔先輩に渡すと

    「どうだった?俺のプレーは」

    いつも私に感想を聞いてくる

    「今日もたくさんシュートを決めていて凄かったです!」

    そう言うと

    「お前感想いつも一緒だな。もっと他にねぇのかよ」

    言えないよ。片想いしてますなんて

    休憩時間も終わりでコートに戻る時

    優翔先輩は耳元で

    「俺はお前の心にシュート決めたいけどな」

    そう言って戻っていった

    もしかして両思い?

    私はその事が気になって仕事が手につかなくなってしまった

    きゅん

    3

    アスナ*さんをフォロー

    通報する

  9. 今はテニス部の部活中。


    部活に応援に来てくれる彼氏なんているはずもなく。


    「はーい!終わりー!!」


    あ、もうこんな時間だったか。


    制服に着替えて、外に出る。


    「おい、沙羅。」


    ん…?


    あ、駿介。


    「一緒に帰るぞ、暗いから。」



    「え、送ってくれるの?」



    「そんなんじゃない!!送ってけって言ってんだ!」



    「ふふ、駿介か 顔真っ赤!」



    「うるせー!」





    かーわいい!



    思ったけど、心の中にしまっておくことにした。

    きゅん

    3

    水野夏恋さんをフォロー

    通報する

  10. 「エア校~ファイッオーファイッオーファイッオー!!」

    ”あ、始まった”

    窓の外から聞こえる掛け声に目を向ける

    2階にある美術室はグラウンド使用の部活動を見れる特等席だ
    なかでも窓辺のこの席は陸上部を見るのに最適で、3年間頑張って死守した

    そう、3年間私は誰に告げることもなくここから彼をただ見ている
    それもあとひと月でできなくなる

    西日の差し込むこの席は今の時期は特に暑くて日焼けもする
    それでも譲れない場所

    気づかれることなく彼の一生懸命な姿を堪能できるのだから当然っしょ!?

    まあ最近は残りの日々を数えてチョットだけ視界が滲む日もあるけど
    見てるだけと決めたのは私だもん

    切なさが積りそうで、気分を変えようと外の香りを吸い込んだ時
    こちらをじっと見上げる彼と目が合った

    ”え?”


    ーーーそれは一瞬のできごと

    でも微かに何かが始まる予感に、心臓がキュンと音をたてた

    きゅん

    4

    tapooさんをフォロー

    通報する

  11. あー

    めっちゃ恥ずかしい

    きゅん

    0

    はるピーナッツさんをフォロー

    通報する

  12. 『わっ!?』 『あ!』
    二人の驚いた声は重なった
    部活のプリントが何枚か風で飛んでしまったのだ
    私は片想いの相手の彼と二人でプリントを探す
    そして、探している内に校舎裏まで来てしまった…
    『本当に無いね…』
    『でも、此処で数枚見つかったし、近くに有るだろ』
    そう、此処に飛んできた筈の最後の一枚が見当たらないのだ
    すると…

    『なぁ、お前の事好きだ』

    『…え?』
    『だから、お前の事が好きなんだよ』
    『えぇ!?』
    私は驚いて顔を真っ赤にして固まっていた
    すると…
    『お前は?』
    『え…わ…私も…私も!す!好きですっ!』
    『なぁ、ホントに?』
    彼は私の顔を覗き込んだ
    『う…うん』
    顔を真っ赤にして私は何とか答える
    すると…

    『顔真っ赤にするし、敬語に成るし…ホント…可愛い』
    彼まで顔を真っ赤にしてそう言う

    『チュッ…』キスをされた

    最後の一枚を告白のために彼が隠し持っていたのはまだ知らない

    きゅん

    6

    ReiditStarさんをフォロー

    通報する

  13. ある日私は、自主練のため同級生で同じ部活の男子に残ってもらっていた。

    「なあ、パス練しよーぜ」
    「うん、いいよ。」


    それから暫くパス練をしていると……
    「俺さ、お前のこと好きだ。」
    「え?」
    いきなり告白された。

    「だから、俺はお前のことが好きなんだよ!
    ……俺と付き合ってほしい」

    実は私も彼のことがずっと好きだったので答えはもちろん……
    「はい!あなたの彼女になります!
    というか、私もずっと好きだったの。
    それに好きじゃなきゃ、練習相手になってなんて頼まないよ。」

    そんなことがあったある日の放課後……

    私は今でも、彼と付き合っています。

    きゅん

    2

    Milky⭐roadさんをフォロー

    通報する

  14. 私の学校の美術部はただでさえ人数が少ないってのに
    今日は私と幼なじみの目白龍也(メシロリュウヤ)しか来ていない。

    2人っきりの部室で私は龍也の絵のモデルになっている。
    私のすぐ目の前には私とスケッチブックを交互に見ながら集中してデッサンをする龍也がいる。
    いつも一緒にいる幼なじみとは言えこうして向き合っていると何だか少し恥ずかしい。

    私はふと集中力が途切れ窓の外に視線を移した。

    外ではサッカー部が練習していた。
    1人の選手がゴールを決めた。
    3年の漣(サザナミ)先輩だ。

    すごいな…

    私がそう思った時、突如私の左頬に長い指が数本触れた。龍也の手だ。
    龍也は私の顔をクイっと動かすと、やれやれと言う顔をして

    「モデルが動くと描けないだろ…ずっと俺の方見とけよ」

    そう言うと龍也は私の右頰に優しくキスをした。
    私の顔が一瞬にして熱くなる。
    そんな私を見て龍也はイタズラそうに微笑んだ。

    きゅん

    3

    猫屋敷 鏡風さんをフォロー

    通報する

  15. 私はバレー部に所属している
    いつもなら男子一面女子一面で練習するのに時間の都合で一面を男女で使っていた
    ネットは女子の高さでスパイク練習が始まる

    男子セッターの岡部くんは私の好きな人、プレーも冷静でチームメイトの信頼も厚い
    岡部くんにトスあげてもらえるなんて緊張するな
    私の番になってスパイクを決める

    「ナイス!」と声をかけてくれネットをくぐるとポニーテールの髪が引っ掛かった

    「ちょっと待って」…岡部くんが私の髪を触って…汗かいてるのに恥ずかしいよ

    「ありがとう、もうショートカットにしようかな」
    照れ隠しで言うと「いや、俺お前のポニーテール好きだから」「えっ」「はいとれたよ」

    次の人にトスをあげる岡部くんは耳まで真っ赤だった

    毎日ポニーテールにしてもいいよね……

    きゅん

    5

    松浦澄水さんをフォロー

    通報する

  16. 私は吹奏楽部に入部したJC1でトロンボーンを担当しているそれで私は今自主練中けど私は集中できずにいたその理由は私の隣に憧れの先輩で好きな人優先輩がいるからだ緊張して練習に身がはいらないよ〜「はぁ〜」「もう疲れたかな少し休もうか」「はい」「君頑張ってたもんねじゃあそんな君にご褒美」「えっ?」ポンポンあ、頭ポンポンされたーー私は冷静を装うと「これぐらいじゃ動揺しないか」え〜どういう意味ですか先輩!?

    きゅん

    0

    minaLikaさんをフォロー

    通報する

  17. いろいろな部活の掛け声が響く中、私は教室でトランペットという楽器を吹いていた

    窓からは校庭で野球部が練習しているのが見えた

    学校プリンスの雨宮先輩もいた

    先輩を見ていると、気づかれてしまった

    ピロロン

    メール?誰からだろ?

    From:雨宮 翔

    え、嘘!?


    1人で練習?
    そういえば、俺らの大会のときに演奏してくれるんだっけ?
    応援よろしくな!
    そうだ!なんか俺のために演奏してよ
    お前の演奏があれば頑張れると思うからさ


    直々に演奏のお願い!?

    でも、私の演奏で先輩が頑張れるなら!

    私は窓を開けて、先輩が頑張れるような明るい曲を演奏した

    グランドをみると、先輩はいなかった

    外を眺めているとふいに後ろから温もりを感じた

    「俺のためだけに演奏してくれてありがとう
    そんな風にこれからも俺のためだけに演奏してよ

    お前が奏でた音は俺だけのものだからな」

    きゅん

    2

    coro精神年齢4歳さんをフォロー

    通報する

  18. 今、私は、校舎裏の小さな庭で園芸部の活動を密かに行なっている。

    「せ、せんぱ〜い!遅れちゃってすみません〜」
    手を振りながら小柄な男の子が1人私に向かって勢いよく走ってきた。

    あっ、やっときた。
    この子は園芸部の後輩の沢渡(さわたり)くん。今日は、なんか用事があって遅れるとか言っていたようなぁ〜
    まぁ、いっか。
    それにしても沢渡くん、勢いありすぎなのでは…

    「きゃっー…」
    「うわぁっー…ってて、いったぁいー。
    って先輩大丈夫ですか!?」
    「うっ、うん…」
    ていうかち、近い…。今の私と沢渡くんの距離は、わずか10センチ。
    沢渡くんが転んだ衝撃で、地面の上で私と沢渡くんが一緒に転び、私が下、背渡くんが上という格好だ。それにしても、沢渡くん顔真っ赤。

    「せっ先輩。こんな時に、言うのもなんですが…ずっと前から好きでした!!」


    「うん、私もずっと前から好きだよ」

    きゅん

    7

    Seina.さんをフォロー

    通報する

  19. 「ん〜、これ消毒だけしようか」
    
    大好きな先輩と保健室で二人きり。
    抱き締めてしまいそうな自分を抑え込むので精一杯。
    何か喋らないとと思い、今日が誕生日であることを話す。
    先輩の誕生日は8月。
    「しばらく同い年ですね」
    可愛い同級生だ。先輩はそう言って笑った。
    
    可愛いって…
    
    「先輩…俺、いつまでも可愛い後輩でいるつもりねーよ。もっと俺のこと見ろよ…」
    
    見上げる顔に左手を添える。
    決して目をそらさない先輩の顔は林檎のように赤い。
    
    溢れた気持ちが先を急ぐ。
    手を添えたまま先輩の顔が近づく。
    
    このまま…
    
    「…あ!もう、あの…ほら、手当終わったし部活戻らないと!」
    
    大胆に顔を逸らした先輩の声は普段より大きい。
    追い出すように背中を押され、保健室を後にした。
    
    「っ、何してんだ俺…」
    
    先輩…もうこの気持ち隠しきれねーよ…

    きゅん

    12

    りゅー汰。さんをフォロー

    通報する

  20. サッカー部のマネージャーをしてる私には1つ年上の彼氏がいて

    部活でキャプテンをしてて周りの女の子から沢山もてていて


    私なんかがって思ってしまうことが…
    そんな不安を隠すためにマネージャーの仕事に没頭してる私は


    後輩と部活のことで少し話をしていると…


    「マナ(私)。ちょっといい?」


    そう言われると手首掴まれて部室へと連れていかれた。

    部室に入った途端鍵をして壁へと追い詰められた。


    「俺になんか言うことない?……俺が不安にさせてた事は謝る。…でも。だからといって無駄に水分は取らないし。かと言って部員にはとるよーにいうし。…熱もあるじゃん。もっと自分を大切にして。お願いだから。」


    『……ずっと怖かった。…好きなのは自分だけなのかなって…。だから。マネージャーの仕事に没頭してた。』


    「俺は。マナだけだよ。今日はずっと一緒にいるからね。」

    と頭撫でてもらえた。

    きゅん

    5

    Floraさんをフォロー

    通報する

  21. 「やっと終わった〜」と背伸びをする茜。

    辺りは薄暗い。こんな時に限って怪談話が蘇ってくる

    (早く帰ろう)と思い、帰る準備をする茜。

    ドアの方から物音が…みると誰もいない。

    しばらくすると「丨コンコン。」と音がする。茜は見る余裕がない。

    茜は腰を抜かし、うずくまる。

    「まだ帰らないですか?」と女性の声

    「もう帰ります。帰らせて下さい。」

    「駄目だ!」と今度は男性の声。

    今にも泣き出しそうな茜。

    「なーにびびっているんだよ」と聞きなれた声。

    手を伸ばす手をみると洋子(親友)の弟の隼人だ。

    「意外だな。ここまでビビるとは。」

    「怖かったんだから」

    「ゴメンゴメン。姉貴から聞いて、気付いたら来てた。ずっと前から   茜が好きだ。キスしていいか?」

    「駄目に決まっているでしょ。洋子は私の親友で…」と言うと

    「もう、離さない」と強く抱きしめた。

    きゅん

    2

    yugumiさんをフォロー

    通報する

▲