ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 1件ヒットしました

  2. 今日はあたしの誕生日。
    だから家で誕生日会を開いて友達をたくさんよんでるんだけど、

    周(あまね)やっぱり来てくれないよね…
    周はあたしの幼なじみ。最近はお互い忙しくて話もしてない。もしかしたら、彼女ができてるのかもしれないし…

    諦めよう。みんな来てくれてるからいいよね!

    「華火!周君来てくれたよ!」
    なんだってお母さん?!
    あたしは急いで外にでる。

    「華火。遅くなってごめん。これ」
    そう言って周が差し出した手の中には…

    「これ……あたしが前に欲しいって言ったネックレス?」
    周と出掛けた時に見つけたネックレスだ。
    「でも、前にお金無いって言ってたじゃん」
    「だからバイト、してたんだよ。…知ってっか?ネックレスは相手を束縛したい、独占したいって意味が込められてんだよ。」

    そう言って周はあたしを優しく抱きしめた。
    「好きだよ、華火。好きだ。」

    きゅん

    19

    あいすくりぃむ*さんをフォロー

    通報する

▲