ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 1件ヒットしました

  2. (あんなヤツとはつき合うな!)

    (ヒドイ!見ただけで反対するなんてっ!
    お父さんのバカ!)


     ……て、昨日の夜、お父さんとケンカした。


    「おはよ……美世(みよ)。その様子じゃ、やっぱり親とケンカしちゃったか?」

    「ヨウマくん……」


     ケンカの原因となった彼氏。

     ピアスは両耳3つずつ。髪は金髪。確かに見た目は不良っぽい。私も最初は怖かった。

     けど、中身は優しくて純粋なのに……。


    「ごめんな、辛い思いをさせて……俺、ちゃんと認めてもらえるようにするよ。美世が好きだから……」

    「……うん、ありがとう……」


     二人で唇を重ね合った。

     ヨウマくん、だいすき……


    「……美世」


     そ、その声はっ……


    「お父さんっ!」

    「はは……お父様、おはようございま~す」

    「貴っ様ぁー‼」


     あ~あ……認めてもらえるのは、まだまだ先の話かなぁ……。

    きゅん

    7

    しまゆうかさんをフォロー

    通報する

▲