ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 1件ヒットしました

  2. あぁ!やっと今週が終わる!!
    明日土曜日だなー。
    そんなことを考えてたら後ろから抱きしめられた。
    「だ、誰!?」
    振り向くとそこには同じクラスの瑞稀(みずき)がいた。

    「どうしたの?瑞稀」
    「あのさ…」
    そう言って瑞稀はうつむいた。そして
    「明日って土曜日だよね。もし空いてるなら、どっか行こうよ!」って、
    私は"もちろんヒマだからいいよ!"といった。
    でもなんだろう。すごく嬉しいんですけど!でも、他の人にこんなにドキドキはしないよ?まさか…私って。

    「……い?おーい!聞いてるか?」

    はっ!危ない危ない!
    変な妄想するところだった〜。

    「あっ!!ごめんごめん(笑)で、どうした?」
    「ったく!お前明日覚悟しとけよ!」
    「覚悟…なんで?」
    「なんでって…。もういいよ!帰ろ!」
    「えっ!ちょっと待ってよ!」
    私、もしかしてあいつが…好きかも♡

    きゅん

    18

    恋KANAさんをフォロー

    通報する

▲