ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 12件ヒットしました

  2. *はじめてのバレンタイン3

    「景山に何吹き込まれたか知らねーけどこーいうのはさ…」
    「嫌いですか?」
    「いや、そう…じゃ、なくて、さ…」
    嫌とか、そういうんじゃないけど…。
    「…心臓に悪いからやめてくれ」
    それに、よく見たらすげぇ下着着てる。
    つーかむしろ下着なのかも分からない。
    赤い紐をグルグル巻いてるだけみたいだ。
    「でも景山くんが、長い付き合いなんだからマンネリしないようにこういうイベントをうまく利用しないとって…」
    「マンネリって…」
    するわけないだろ。
    産まれた時からの付き合いなのに、いまだに目が合うだけで息が苦しい。
    まだ分かってないんだな。
    俺がどれだけ茅紗に惚れてるか。

    サイドテーブルに用意してあった予備用のチョコを口に含み茅紗に口付ける。
    「は、陽季さん?」
    「せっかく準備してくれたんだし、明日は休みだしな」
    チョコなんかよりもっと甘い時間。
    過ごすのも悪くない。

    きゅん

    4

    瑠葉さんをフォロー

    通報する

  3. *はじめてのバレンタイン2

    そういえば昨年も会社でもらったのとは別に用意してたな。
    それに、今年は本当の意味ではじめてのバレンタイン。
    ちゃんと恋人としてもらうチョコか。
    「恋人っつーかもう夫婦だけど…」
    もしかしたらそれで少し顔が赤かったのかもしれない。
    茅紗も意識しているのかもな。

    なーんて考えを巡らせていた俺より茅紗の方が一枚上手だった。

    下着姿でベッドに座り、チョコを咥え「私が本命チョコです、どうぞ食べてください」なんて、こんなシチュエーション誰が想像できた????
    「とりあえずちょっといいか…」
    チョコは口の中に押し込み着ていたパーカーを羽織らせた。
    「気に入りませんでしたか!?やっぱり体にチョコを塗って待っていた方が「そうじゃなくて」
    誰だ茅紗にこんなこと教えたの。
    …景山だろうな。

    きゅん

    5

    瑠葉さんをフォロー

    通報する

  4. *初めてのバレンタイン1

    2月14日。世の中はバレンタインデーというやつで一日中甘い匂いが立ち込める日。

    うちの会社では秘書課を中心に男性社員全員に向けてチョコを渡す習慣がある。
    もちろん茅紗もその一人だ。

    「みなさん、いつもお疲れ様です」
    昨年同様うちの部署にチョコを持ってきたのは茅紗だった。
    俺がいるからだとは思うが、逆に避けて欲しいと思うのは俺の心が狭いからなのだろうか。
    義理とはいえニコニコと男性社員にチョコを配る茅紗を見るのは正直気分のいいものではない。
    「どうぞ陽季さん」
    茅紗からチョコの箱を受け取り「どうも…」と素っ気なく返事をする。
    あからさまに不機嫌な顔をしてしまい気にしてはいないだろうかと思ったのも束の間。
    「…陽季さんには後で本命をお渡ししますね」
    こそっと耳打ちをする茅紗の顔は心なしか赤かったような気がする。

    きゅん

    5

    瑠葉さんをフォロー

    通報する

  5. 私はここの会社で働く社員。
    パソコンで事務作業をするのが仕事。
    『カタカタカタカタ…』
    ひたすらキーボードを叩いて仕事を進める。そうでもしないとこの量は終わらない。偶然、大きな仕事を班を作ってする事に成った途端にインフルエンザで人不足に陥ったのであと三週間は耐えるしかない。自分のお気に入りの腕時計を見る。
    (お昼か…ご飯は…一応持ってきてた野菜ジュースかぁ…)と、考えつつ机に野菜ジュースを取り出す。
    そして、飲みつつパソコンを打つ。片手でも打てない事はないから少しでも進める。これも明日の自分のためだ。て、これ一週間は言ってるけど。
    すると、隣のデスクから紙が飛んできた。綺麗に折り畳まれた紙。
    『お前へ』
    と、書いてあったので開いてみる。
    『無理すんな休め 神田』
    久しぶりにこんなに優しくされた。
    思わず慣れない優しさに顔をすこし赤らめてしまう。
     




    好きな人にこんなことされたら…ね

    きゅん

    4

    ReiditStarさんをフォロー

    通報する

  6. 「それ、誰にあげるんですか?」

    たまたま目に付いた高級チョコの紙袋。

    「誰だと思う?」

    普通は彼女だと思うけど。
    長田さんに彼女はいたっけ?

    まぁ、別に、
    「誰でもいいですけど」

    わたしには、関係ないし。

    今日も何だかんだ残業で。
    世間は、ホワイトデーだけど、
    わたしには、3月14日というただの平日。


    「少しは気にしろよ…」

    ポソリと横で呟くのが聞こえた。

    「何か言いました?」

    パソコンの画面から長田さんに目線を移す。
    その瞬間。

    「これ、お前のために買ったやつだから」

    そう言いながら、差し出されたのは先程の紙袋。

    「え?こんな高価なもの頂いちゃっていいんですか?…さすが、先輩。お金持ちですね」

    マジマジと手渡された菓子袋を見つめる。

    「ばか。…本命だっつの」


    そう言う長田さんの顔は真っ赤で。


    「え」


    不憫先輩男子×鈍感後輩女子の、恋の始まり…?

    きゅん

    19

    ひよいちごさんをフォロー

    通報する

  7. 17時。
    業務終了のチャイムが鳴る。

    まだまだ仕事は残ってるものの、腕を思いっきり伸ばして、伸びをする。

    そこに…
    「こら咲田。真面目に取り組め」

    なんて、意地悪に笑う春永さん。

    「今は、休憩中だからいいんですよ~」

    唇を尖らせると、

    「生意気な奴だな~」

    そう言いながら、頭の上に乗せられた冷たい物。

    「わわっ!」

    転がり落ちる寸前で両手で受け止める。

    ピンクのパッケージの可愛らしい飲み物。

    『いちごオレ』

    「それ、バレンタインのお返し。
    チョコ、さんきゅーな。」

    振り向きざまに笑う彼。

    「安すぎますよー!」

    なんて文句を垂れながら、ぎゅっと握りしめる。

    いつも残業の彼は、今日は定時上がり。

    そう…
    今から、春長さんは彼女に会いに行く。


    高級チョコの紙袋。
    いつもより整った髪型。
    嬉しそうな笑顔。

    あー…痛いなぁ…
    甘い甘い。いちごに心が痛くなった。

    きゅん

    6

    ひよいちごさんをフォロー

    通報する

  8. 仕事が終わり帰ろうとオフィスから出ようとしたときに私の名前を呼び止られいきなりいきなり「おまえが好きだ」と告白された

    きゅん

    1

    汐唄さんをフォロー

    通報する

  9. 「お!髪切ったの?」

    直属の上司。南野想二は、パソコンに向かってデータを打ち込むわたしの髪を梳いた。

    「それ、セクハラですよ」

    一瞥するでもなく、手を止めるでもなく、無関心に一言。

    「ははっ!才崎は相変わらず厳しい!」

    なんて、笑いながら隣の自席に腰掛ける。

    データを打ち込むことに集中したいのに、隣からの視線が鬱陶しくて、ふぅと溜息を吐いて「なんですか?」と聞いた。

    「んー?」

    頬付をついて、

    「長いのもよかったけど、短いのも可愛いなって思ってさ」

    愉快そうに笑って、また髪に手を伸ばす。

    「思ってもないくせに」

    伸びてきた南野想二の腕を払う。
    瞬間、綺麗な目がわたしを見つめて

    「俺、嘘つかないから」

    意地悪そうに微笑んだ。

    南野さーん!そう呼ばれて、席を立った南野想二を、キッと睨みつける。

    「──ばか…」

    逸る鼓動も、熱い頬も全部全部。
    ぜんぶ、夏のせい。

    きゅん

    6

    ひよいちごさんをフォロー

    通報する

  10. 「先生〜〜〜好きです!」

    「寺村、仕事。」
    「はい。すみません(泣)」

    きゅん

    0

    永原 実心さんをフォロー

    通報する

  11. 見てるだけの恋…

    そんな彼にあることがきっかけで急接近。

    きゅん

    0

    光*゜・さんをフォロー

    通報する

  12. 「ふぅ」
    12月24日、今日はクリスマスイブ
    そんなこともおかまいなしに今日も仕事三昧。
    私は、1人歩いていた。

    時刻は、11時40分。


    「なつめちゃん」

    ふいに名前を呼ばれ振り向いた。

    「ゆう先輩」

    職場の上司が息を切らして立っていた。


    「なつめちゃんっ、もう、いいじゃん!もう、頑張らなくていいじゃん!」

    きっと、先輩は私が抱えてる悩み、全てを知ってる。
    作り笑顔だってことも。見抜いてる

    「せんぱ...きゃっ!!」

    不意に抱きしめられ、隠してた涙がはらはらと流れ落ちた。


    「俺が...これから、守るから。」


    そう言って、彼はまだ私の腕に残っていた跡に、そっと口付けた。



    信じても、いいですか。

    時刻は、0時01分

    最高のプレゼントが、やってきた

    きゅん

    17

    夏芽。さんをフォロー

    通報する

▲