ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 彼女らがいなくなると、一歩、二歩と近づいてくるあいつ。
    「あいつらに何言われた?」
    「盗み聞き?」
    ってからかう。
    「んだよ、文句あんのか。」
    「別に?」
    「つか、あいつら友達じゃねーだろ。」
    「合コン。誘われたから、行くの。」
    「は?バカだろ。どうせ人数合わせだろ。」
    眉間にしわを寄せる竜馬に、少しだけムッとする。
    「別にそれでいいし。」
    「良くねーんだよ。」
    「何が?」
    「合コンってわかってんのか?」
    「当たり前でしょ。恋人探しでしょ?」
    「飢えてる男が集まってくんだよ。」
    「は?」
    「とにかく行くな。」
    竜馬はそれだけ言うとわたしに背を向けて教室を出て行った。
    なんなのよ。
    どうせ人数合わせなのに、どうしてかムキになっている自分がいた。

    あんたのことが好きなのに。
    あんたは気づかないんだから。
    わたしに彼氏ができてもどうせ何も思わないんだろうな…。
    竜馬のことこんなにも好きなのにー

    きゅん

    2

    DreamBigさんをフォロー

    通報する

▲