ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 明日はバレンタイン

    何かクラスの男子にあげるものはないかと駄菓子屋にくると、面白いものを見つけた

    『義賊チョコ』

    「こ、これはすごい」

    何度も言うが明日はバレンタイン、
    私の胸は別の意味で高鳴った

    〜当日〜

    「と言うことがあったんだ。昨日」

    親友のことかに話しかける

    「まぁ!良かったわねぇ、れんちゃん義賊とか義勇軍とか好きだもんねぇ。ルパンとか五右衛門とか」

    「おぅ、大好きだっ!」

    ババッ

    「れんちゃん、今日はバレンタインなの、迂闊にそう言う発言は駄目よ。クラスの男子が反応しちゃうから。それであるだけ全部買ってきたの?」

    「そう、ひとつ10円。さすが義賊、民に優しい」

    「それを配るの?」

    「くくっ、ただ配るだけじゃあない。作るんだ義勇軍を!、集え!男子諸君!バレンタインに不満があるもの!今こそ立ち上がる時である!・・と」

    「それ、やめた方がいいわよ」

    きゅん

    3

    天宮 月さんをフォロー

    通報する

▲