ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 「迎えにきた」

    「お兄ちゃん‼︎いきなりどうして!?」

    「近くを通り掛かったから」

    「そっかっ。買い物して帰りたいんだけど大丈夫かな?」

    「今日はお前に付き合うよ」

    「ありがとう!!」

    ~車の中~

    「えっ?ここって前から私が行きたいって言ってたスーパー?」

    「あぁ。遠いから遠慮してただろ?でも、行きたい場所がここって変わってるよな」

    「そーかなぁ?ねぇ!早く行こ!」

    「待て」

    手を引かれる

    「いきなり飛び出したら危ねぇ」

    「あっ、ありがと/////」

    「じゃ行くか。」

    手を掴んだ瞬間、告白しようか迷ってしまった。義理の兄とはいえ兄妹の恋なんて。

    近くを通り掛かったなんて嘘。

    本当はお前の顔を見たかっただけ。

    きゅん

    4

    きょん氏さんをフォロー

    通報する

▲