ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. おれ、只今、生徒会室を訪問中。

    今回は、職員室で絞られたけど、反省文は免除。


    「先輩のいたずら、また学校じゅうで話題ですよ。

    ツリーのてっぺんの星を日替わりで交換するなんて」


    ため息ついてる生徒会副会長ちゃんは、最近、忙しそうで。

    おれ、かまってほしいのに。


    「どれが最高だった?

    ラーメンどんぶり、海賊旗、オペラ座の怪人、こけし、ばいきんまん、野いちご」


    「何でいたずらばっかりするんですか?」


    「愛しい彼女に笑ってもらいたいし」


    おれの愛しい副会長ちゃんは、ツンとした横顔を見せてる。

    奥の手、使お。


    「ちょっ、く、くすぐらないでください!」


    「脇腹が弱いよね、笑えー!」


    「もうっ、先輩!」


    ほら、無邪気な顔になる。

    最近ラブ成分不足で、寂しくて。


    「クリスマス、思う存分ラブラブしよ?

    うんって言うまで、くすぐるけど」


    いいよね?

    きゅん

    36

    氷川マサトさんをフォロー

    通報する

▲