ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 2件ヒットしました

  2. ある一つの国がありました。
    その国は二つの街があり、一つ目はアスピラスそしてもう一つ目はサニピラスという。まちがありました。アスピラスの王の娘雪菜は。今の生活が厳しく家出をした。
    夢中に走ってると…三人の男性に襲われ
    助けを求めてると茶髪な男性に助けられた。雪菜はありがとうと言おうとしたら急にキスをされた…

    きゅん

    4

    アオピさんをフォロー

    通報する

  3. 私の名前は『姫乃』

    私は、日直で先生の手伝いを終えて家に帰ろうといている…のですが
    背伸びをしようと前を向いた瞬間目の前に、喧嘩のためにしかはなしたことのない幼稚園の時からの幼なじみがいた。
    私 「なによ。 今度は、何の文句言いにきたの?」
    彼 「………………………」
    私 「なにもないのなら、そんなとこにたってないでよね!じゃあ」
    ガシッ
    彼が私の腕を通りがかりにつかんだ。
    彼 「なにもないならこんなとこに1時間も待ってないわ、バカ!」
    私 「つっ!」
    彼 「今日は、お前に今までで一番の文句を言いにきた。」
    私 「……」
     チュッ
    私 「えっ!」
    彼 「……好きだ…… 姫乃」
    トントントントン… 彼は、そういい残すと階段を下りて帰って行った。
    私 「嘘だぁ あいつがキスなんて… ありえない しかも突然すぎだし、私のファーストキスだったのにぃ」
    私は、その場に座り込んでしまった。

    きゅん

    1

    ☆S.Sさんをフォロー

    通報する

▲