ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 憧れの先輩は、サッカー部に所属しながらも陸上部のエースとしても活躍している、とても凄い先輩である。今日は大会と聞いたので密かに応援にきた

    「差し入れにレモンの砂糖漬け+蜂蜜入を持って来たけど。果たして渡せるのかどうか」

    なんといっても私の憧れている先輩である。試合後は他の女子達に揉みくちゃにされるに違いない。差し入れ放題である

    「みんなごめん。俺はこいつの差し入れしか受け取らないんだ」(妄想)

    とか言われちゃったりして、フフフ

    「あっ、試合始まった」

    速い速い、断トツだ
    まっ、予選だし
    (私の)先輩なら当然かな

    〜そして決勝〜

    「あ〜っ、抜かれた!転べ!転べっ!
    あーもう」

    先輩は3位になってしまった
    すごい悔しそう
    差し入れしたいところだけど
    どうするよ
    そんな雰囲気じゃないぞ

    おっマネージャーか?


    何!キスしただとっ!


    ・・・ふっ、その差し入れには完敗だよ

    きゅん

    6

    天宮 月さんをフォロー

    通報する

▲