ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. (実体験です)

    1日の時間割りが終わり、掃除をする

    自分の役割が終わって、教卓にもたれて前かがみに立つ

    私の目線の先にはモップで床掃除をする彼。

    私は疲れていて、彼を見つめたままボーっとしていた

    するといきなり

    パチン!

    「え…」

    顔を上げると目の前には彼の指。そして彼は何事もなかったようにまたモップ掃除を続けた

    「もー、いきなり目の前で指パッチンするのやめてって言ってるじゃん」

    私は少し不満そうに声をあげる

    好きな人にいじられて嬉しい気持ちは心に閉じ込めたまま………

    きゅん

    3

    ❄︎雪ん子❄︎さんをフォロー

    通報する

▲