ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 1件ヒットしました

  2. 何処か遠くを見つめる隼人。
    海の波が静かに音を作る。

    “どうかした?”

    差し出したノートに目を落とすと少し慌てたように表情を取り繕う。

    「ううん……」

    そう言うけれど、何となく私は彼が壊れてしまいそうな気がして、隣に座る彼の肩に手を回した。

    「あしゅ……」

    私を見る目に、次第に涙が溜まっていく。

    “大丈夫だよ”

    そう伝えたくて、隼人の体を包み込む。

    「俺は、……俺は……壮介を」

    絞り出された声は嗚咽へと変わってゆく。

    隼人がゆっくりと頭を私の肩に預けるのが分かった。

    隼人の涙がシャツを濡らす。

    私は隼人が落ち着くまで、彼の頭を撫でていた。

    きゅん

    5

    みるきー・ウェイさんをフォロー

    通報する

▲