ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 1件ヒットしました

  2. ニーシャ:上流貴族
    アイナス:第一王子


    ――バンッ!!

    「ニーシャ!」


    突然、部屋にアイナスが入って来た。


    「王子! 何を……」

    「敬語など使うな。……ニーシャ、お前ニックとの婚約を受けたそうだな」

    「っ……なんでそれを……」


    彼は怒ったような顔で近付いて来て私を抱き締める。


    「どうしてっ!……俺の妃になれば良いだろう!」

    「……それは許されないことだと、あなたが一番良く知ってるでしょ……!」

    「……っ」

    「アイナ……っ、ん」


    唇にアイナスの体温が重なる。
    優しいキスは、次第に激しさを増していく。


    「……んんっ」


    アイナスは唇を離すと更に強く抱き締めた。





    「………お前が他の男といる所を想像するだけで気が狂いそうだ……」



    耳元で切ない声が響く。




    「ニーシャ………愛してる」

    「……私も……」

    きゅん

    10

    みるきー・ウェイさんをフォロー

    通報する

▲