ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 出来ればさぁ…頂上でキスってありだと思ったんだけどさ。

    〜此処から妄想に入ります〜

    「此処ジンクスあるんだって!頂上でキーー」

    ちゅっと、リップ音がゴンドラの中で響く。

    「ふっ…先にしちゃった」

    顔が真っ赤になるのが分かる。

    「もー!私からしたかったのに!」

    「あはは!御免って!」

    笑い声がゴンドラの中に響く。

    〜妄想終了〜

    「…あれはやらないからね!頂上でキス、なんて」

    なんて言われるなんて思ってなかったし!

    近藤さんとのデート、期待してたのに。

    まあ、今も楽しいからまっいっか!

    「七海!早く乗らないとバラバラになっちゃうよ!」

    幸せな顔してる…良かった。

    「はーい!今、行く!」

    きゅん

    6

    鸛 零雨さんをフォロー

    通報する

▲