ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 親友のよしみで他校まで連れられ、渋々ながらも用事を終わらせて欲しいと思っていた時。親友が告白した女子が現れて二人の世界へとなり放置される。しかし、それに付き添ってきたであろう女子に用事ができたからと何故が自分まで引っ張られて正門付近まで訳が分からず連れ去られてしまった。
    が、去り際に親友達を見ればなんとなく分かって付き添いの女子がしたい事に逆らわなかった。
    姿が見えなくなった場所まで行くと、女子は申し訳なさそうにして手を離した。変わった女子だと思った。少し話しただけなのに、他の女子とは違うと感じる。もっと知りたいと関わりたいと思った。だから、自分のモノになれと言ったのだが冗談だと真剣に取り合って貰えずしつこくしてしまい、女子を怒らせてしまった。しかも男である自分を投げ飛ばし殺気を放ったのだ。ますます興味が湧いた。

    きゅん

    5

    +皓月+さんをフォロー

    通報する

▲