ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 2件ヒットしました

  2. 「おい、黒猫。迎えに来たぞ」



    ___ドクン、と心臓が波打った。


    (このイケボは………)


    恐る恐る、顔を上げる。

    スラリと長い足。モデル並みの小顔と長身。 


    「……逢阪竜也」


     私がそう呼ぶと、逢阪は、サングラス越しに軽く微笑んだ。


    「鈴、乗れ」

    「……っ、」


    胸の鼓動が一層激しくなったのは

    不意に名前を呼ばれたからで


    身体が熱を佩びたのは

    6月のこの蒸し暑さのせい


    あなたのせいなんかじゃ
     
    断じてないっ………。



    〜ノラネコだって、夢くらいみる〜

    きゅん

    17

    犬甘さんをフォロー

    通報する

  3. 「鈴」



     胸の鼓動が一層激しくなったのは

     不意に名前を呼ばれたからで。


     身体が熱を佩びたのは

     6月のこの蒸し暑さのせい。


     あなたのせいなんかじゃ
     
     断じてないっ………。



    〜『くろねこ鈴の物語』より〜

    きゅん

    14

    犬甘さんをフォロー

    通報する

▲