ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 4件ヒットしました

  2. 『おーい、先輩帰らないんですか?
    親御さん達、下で待ってましたよ』

    今日は卒業式
    思い出と苦い心残りが少し有るこの学校と…誰かさんとお別れをする日

    『ヤダ
    昇降口混んでるもん』
    『先輩てば、親御さんは先輩のためにこれまで…』
    また、ほら、いつも通り
    でもこんなグチグチ説教を言う後輩の言葉でさえ最後なんてちょっとだけ悲しいな
    『君、何でそんなにグチグチ言うの?
    今日、もう最後だよ?
    もう、会わないんだよ?
    いーじゃん、親御さんがとかもう…さ』

    少し違う意味も含むなんて彼は知らないのだろう

    『そんなこと言うけど…
    俺は今日を最後にしませんよ』

    『え?』




    『俺は恋愛的に好きな先輩と離れたくないので今日を最後とは言わせません』




    『えぇー!?』

    『俺、結構本気なので覚悟しといて下さいね』

    最後の日が遠退いて、只の日常でもなく、甘い生活のスタートとなった
    そんな、卒業式。

    きゅん

    7

    十六夜 零さんをフォロー

    通報する

  3. 『おい、お前昼飯行かねぇの?
    この俺様が来てやったのにな』

    今日は卒業式
    思い出と苦い心残りが少し有るこの学校と…誰かさんとお別れをする日

    『ヤダ
    疲れたから休みたい』
    『お前なぁ、せっかく俺が予定空けてやったのに…』
    また、ほら、いつも通り
    でもこんなグチグチ文句を言う先輩の言葉でさえ最後なんてちょっとだけ悲しいな
    『先輩、何でそんなにグチグチ言うの?
    今日、もう最後だよ?
    もう、会わないんだよ?
    いーじゃん、せっかくとかもう…さ』

    少し違う意味も含むなんて彼は知らないのだろう

    『そんなこと言うけどな…
    俺は今日で最後にするつもり無いから』

    『え?』




    『俺様がせっかく好きな女のために卒業式に来てやったのに最後とか言わせるかよ』




    『えぇー!?』

    『俺様の女になる覚悟しとけよな』

    最後の日が遠退いて、只の日常でもなく、甘い生活のスタートとなった
    そんな、卒業式。

    きゅん

    0

    十六夜 零さんをフォロー

    通報する

  4. 『おいお前帰らないの?
    お前のお母さん達下で待ってたぞ?』

    今日は卒業式
    思い出と苦い心残りが少し有るこの学校と…誰かさんとお別れをする日

    『昇降口混んでるからヤダ』
    『お前なぁ、わざわざお前のお母さん達はお前のために…』
    また、ほら、いつも通り
    でもこんなグチグチ説教を言う君の言葉でさえ最後なんてちょっとだけ悲しいな
    『君、何でそんなにグチグチ言うの?
    今日、もう最後だよ?
    もう、会わないんだよ?
    いーじゃん、わざわざとかもう…さ』

    少し違う意味も含むなんて彼は知らないのだろう

    『そんなこと言うけど…
    俺は今日を最後する気はないけど?』

    『え?』




    『俺はお前と離れたくないぐらいお前が好きだから今日を最後になんかしない』




    『えぇー!?』

    『俺、今のわりと本気だから覚えとけよ?』

    最後の日が遠退いて、只の日常でもなく、甘い生活のスタートとなった
    そんな、卒業式。

    きゅん

    0

    十六夜 零さんをフォロー

    通報する

  5. 『おーい、何屋上に残ってるんだよお前
    そろそろ帰んないとマズいだろ』

    今日は卒業式
    思い出と苦い心残りが少し有るこの学校と…誰かさんとお別れをする日

    『ヤダ
    写真写真って人混みでうるさくされたらたまったもんじゃない』
    『いいか?親はな…』
    また、ほら、いつも通り
    でもこんなグチグチ言ってくる先生の言葉でさえ最後なんてちょっとだけ悲しいな
    『先生、何でそんなにグチグチ言うの?
    今日、もう最後だよ?
    もう、会わないんだよ?
    いーじゃん、責任問題とかもう…さ』

    少し違う意味も含むなんて彼は知らないのだろう

    『そんなこと言うけどな…
    俺は今日で最後にするつもり無いから』

    『え?』




    『いつか挨拶しにいく親御さんに嫌われてたまるかよ』




    『えぇー!?』

    『俺はお前を離す気ないから覚悟しとけ』

    最後の日が遠退いて、只の日常でもなく、甘い生活のスタートとなった
    そんな、卒業式。

    きゅん

    5

    十六夜 零さんをフォロー

    通報する

▲