ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 4件ヒットしました

  2. 赤い花白い花の唄が好き。

    貴方と見るスクリーンは

    どきどきがとまりません。

    握られる事の無い手が寂しく

    私を見てほしかった。

    スクリーンに映る物語でなく



    (了)

    きゅん

    4

    宝希☆/無空★さんをフォロー

    通報する

  3. 初デート中、映画館の中で
    私は映画の内容が全く入ってこない。
    そんなの当たり前。隣に琉弥がいるから。

    私が顔を少しだけ琉弥の肩にもたれかからせる。

    すると、琉弥も答えるように少し顔を近づける。

    …うわ。近い。

    ただそれだけなのにドキドキ。



    「…エリ、眠いから手、繋いでてい?」
    琉弥が耳元でゾワッとさせる低い声で言ってくる。
    (わわわ、待って。手繋ぐのも初めてなのに…!)

    そして琉弥は強引に私の手を引っ張って繋ぐ。

    普通に繋いだかと思えば、慣れた手つきでパッと恋人繋ぎに変える。

    あたたかさが…余計に伝わってくるよ…熱いよ…


    一番の山場のシーンになって、私が効果音にびっくりして手を握ってしまうと、琉弥もまたそれに答えて、

    ギュッと握り返してくる。

    …うぅダメだ。


    映画代もう1000円払ってもいいや。

    きゅん

    7

    夏恋ガールさんをフォロー

    通報する

  4. 「美夜!今日映画観に行こうよ!」


    私、由依は友達の美夜を映画に誘った。


    「今日コンサートあるから、今度ね!」


    そう言って、そそくさと帰ってしまった。


    他の人見つけるかと思ったとき…


    「じゃあさ、俺と行かね?」


    突然そう言ってきたのは同じクラスの純也。


    「え、なんで急に?」


    私は予想外の出来事に驚いた。


    「なんでって……映画観たいんだろ?」


    動揺を隠しきれない。


    「まぁ、観たいけどさ……。」



    だって、、、


    「じゃあ、決まり!行くぞ!」



    純也は私の好きな人だから。



    「え、今から!?本当に言ってるの?」


    急すぎて頭が追いつかない。


    「好きなやつが行きたいって言ってたら、普通誘うだろ?」


    一瞬頭がフリーズした。



    「お前が好きだって言ってんだよ。」




    そんなこと言われたら、もっと好きになっちゃうじゃん。

    きゅん

    11

    歩愛琉さんをフォロー

    通報する

  5. 今日は映画デート!
    私が観たい恋愛ものの映画!

    「後ろの方の席でいいんじゃね?」

    「どこでもいいよ!見えるし!」


    席について、映画が始まる…

    やば、ここ泣けるわー…
    ぐいっ!ん!

    キスされてるー!


    「んん…!」

    「しっ、声だすと気付かれるよ?」


    だから後ろの席だったのか…!

    でも、嬉しいからもう少しこのまま…

    きゅん

    15

    mioshinさんをフォロー

    通報する

▲