ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 今日は文化祭!とっても盛り上がって大成功☆

    そして今はその打ち上げ!もう暗くなって最後に花火をしよう!ってお調子者の男子か提案!
    みんな花火を手に持ってそれぞれ色んな話をしてる。
    すると少し離れたところで「パンッ」と大きな音がした。そっちの方に目をやると。またもやお調子者が打ち上げ花火を手に持ち振り回していた。
    ふと私の方に向けられた打ち上げ花火から…
    どうしよう、怖いっ
    「おいっ」そんな声が後ろから聞こえた。
    気づいたら誰かの腕の中にスッポリ埋まっていた。
    誰!?よかった。助けてくれたんだあ。そうだ!お礼言わなきゃね♪私は後ろを向いて、
    「あのっありがとう!」
    君は何も言わず少し笑ってた!
    きっと、私の顔は真っ赤だと思う。
    なぜならその相手は、ずっと気になっていた彼。しかもその笑顔が余りにもかっこよくて。

    それからの私と彼。
    私は幸せ。あなたと私の新しい人生。ずっとずっとよろしくね。

    きゅん

    7

    ぽこっちゃさんをフォロー

    通報する

▲