ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. おれは教師として、クラスに通達しなければならないことがある。


    「14日のことだが、プレゼントは学業に不要だ。

    持ってきたやつは反省文、プレゼントは発見次第、没収することが職員会議で決まった」


    盛大なブーイングがあがる。

    だよな。

    おれも職員会議中、ブーイングしたかったし。


    「センセー、見損なった」


    目が合った瞬間、飛んできた声。

    いちばんなついてくれてる女子が、ふくれっ面をしている。

    ……今、けっこうグッサリきたぞ。


    「おい、聞け、おれの授業と家庭科を振り替えてもらうことにした。

    持ってくるのはアウトでも、学校で作るのは禁止されてない。

    調理実習ってことで、チョコでも何でも作れ」


    一瞬しーんとしたクラスが歓声をあげた。


    「センセー、ナイス!」


    「おう、喜べ」


    「作ってあげるからね!」


    期待してるよ。

    教師もたまにはワクワクしたいんだ。

    きゅん

    14

    氷川マサトさんをフォロー

    通報する

▲