ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 23315件ヒットしました

  2. 「愛梨、帰ろうぜ」
    「あ、うん。急いで用意する」
    「早くしろよな、ったく」

    なんて言いながら、そっぽを向いた陽平の横顔が心なしか赤い。

    いつもなら言い返しているところだけど、なんだかくすぐったく感じるのは気持ちが通じ合ったせいかな。

    昨日の告白のことを思い出すと恥ずかしくて仕方ないけど、幸せだなぁ。

    なんて。

    「な、なに笑ってんだよ!バカ愛梨!」
    「バ、バカって……それは陽平でしょ?顔、真っ赤だよ?」
    「う、うっせーな。仕方ないだろ」

    付き合い出しても、陽平のイジワルな態度はやっぱり変わらないみたい。

    ずっと友達の延長線上のような感じなのかな。

    「愛梨が可愛いから……照れてんだよ!バーカ!」
    「え……」

    かわ、いい?

    今、可愛いって?

    恥ずかしさと嬉しさでいっぱいになり、真っ赤になったのは言うまでもない。

    きゅん

    131

    miNatoさんをフォロー

    通報する

  3. 彼女はいつも偽りの表情を浮かべる

    表情が乏しい

    そう言ってしまえば簡単だ

    「関係ないから。」

    そう突き放す言葉を放ち、人を寄せつけない

    でもその言葉に傷つき、悲しんでいるのはキミ自身だ

    自ら孤独を選ぶキミは、俺にはいつも孤独に怯え、苦しんでいるように見えた

    「俺は、夏音を一人になんてさせない。」

    俺の言葉に戸惑い、少しだけ安心したかのような顔をするキミは、俺にしてみれば誰よりも感情豊かだ

    うっすら涙を浮かべたキミは、強がりなのか涙を見せまいと俺に背を向ける

    ゆっくりキミに近づき、震える肩を包み込むように腕を回す

    抱きしめずにはいられなかった

    「責任…とりなさいよ…。」
    「俺は嘘はつかないよ。」

    その後2人は向き合い、キミは本物の笑顔で俺に微笑んだ…

    きゅん

    4

    パチミロさんをフォロー

    通報する

  4. 文化祭が終わり、私は睦斗(りくと)に連れられ屋上に来ていた。

    「睦斗、ねえ、どうしたの?」

    ぐいぐいと手を引かれ青空の下に連れていかれる。
    ちなみに睦斗は私の彼氏だ。


    「あいつとどういう関係だよ」
    「あの人?たまたま駅前で会っただけで……」
    「偶然会っただけの奴が『まだ別れてないんだ』なんて言わねえだろ。
    お前に脈アリじゃねえか」

    睦斗は“あの人”に怒っているらしい。

    「からかってるだけだよ。好きでもないし。それとも…そんなに私のこと信じられない?」
    「ちげえよ、だから……!」


    その瞬間、睦斗は私の体を引き寄せ、抱きしめた。


    「り、睦斗…?」
    「バカ、嫉妬しただけだ。……怒ってねえよ」


    そういう彼の耳は赤い。
    喧嘩になりそうだったけど、なんだかくすぐったいような幸せな気持ちになった。


    ***

    さて、彼氏を嫉妬させた“あの人”とは……?
    気になる方はぜひ本編へ!

    きゅん

    16

    Raika_さんをフォロー

    通報する

  5. 「ひなちゃん寒い?」

    「えへへ、ちょっとだけ」


    寒がりなくせにセーターを着てくるのを忘れるなんて、ボケボケだなぁ私。


    心配そうな安堂くんに、自嘲気味な笑みを向ける

    と、次の瞬間、甘い香りに包まれていて。


    ドキンッと跳ね上がる心臓。


    な、なんで抱きしめられてるの……!?


    「安堂くん!?」

    「あっためてやるよ」


    甘い吐息が耳をかすめる。


    「……っ」


    もう寒さなんて吹き飛んじゃった。


    だって体中が沸騰したように熱いんだもの。


    顔が……熱い。


    「あったまった?」


    体を離した安堂くんは、私を見下ろすと困ったように眉を下げて微笑んだ。


    「だめだよ、ひなちゃん。
    自分が今どんな顔してるか分かってる?
    そんな顔されたら……離したくなくなるっつーの」


    気づけばまた、安堂くんの腕の中に閉じ込められていて。




    ──安堂くんの笑顔には、秘密がある

    きゅん

    270

    SELENさんをフォロー

    通報する

  6. 「翔、急に屋上に連れてきて、どうしたの?」

    「お前、クラスの奴に頭触られてたろ。」

    「髪にゴミがついてて、片瀬くんがとってくれたの。」

    「…」

    翔が急に黙ったと思ったら、だんだんと迫ってきて壁に追いやられた。

    ードンッー

    「俺以外の男に勝手に触られてるんじゃねーよ。」

    これって、いわゆる壁ドンってやつ?

    「あれ、翔、耳真っ赤////」

    「こんな恥ずいことするの、お前限定だから////」

    恥ずかしいのか、翔は顔を反対側に背けた。
    でも、自分だけドキドキさせられっぱなしは嫌だから意地悪しちゃおう。

    「ねぇ、翔。」

    「なんだよ。」

    翔がこっちを向いた瞬間に

    ーチュッー

    「してやったり!フフッ!」

    私から翔の頬にキスしたんだ!やっぱり、耳真っ赤になってる!大成功ー!

    「美桜…」

    ーチュッー

    「頬じゃなくて口にするのがキスってもんだろ?」

    「バカッ////」

    きゅん

    0

    young girlさんをフォロー

    通報する

  7. 両親をそれぞれ乗せたパトカーが病院の敷地を出ていく。

    隼人と二人でそれを見送る。

    そして、パトカーが視界から消えてすぐ。
    隼人が私を抱き締める。












    「愛してる」











    たった一言。

    たった一言だったのに……私の頬に涙が伝った。


    誰かの前で涙を見せたのは、初めてかも知れない。

    隼人は泣く私を更に強く強く抱き締める。






    「愛してる。…………愛してやる、俺がお前を一生愛してやる」





    私は堪えきれなくなって隼人を強く抱き締め返した。

    腕の間から、嗚咽が漏れる。





    ――愛してる





    私はきっとずっとその言葉を求めていたんだ。



    ずっと、誰かに愛されたかった。

    たった一人で良かった。
    たった一人で良いから、誰かに “愛してる” とただ抱擁して欲しかった。

    その温もりを求めていた。

    ただそれだけだったんだ。

    きゅん

    1

    みるきー・ウェイさんをフォロー

    通報する

  8. 「明日こそは脱妹キャラ!!」



    妹にしたい、と好意を持たれているのは嬉しいけど妹止まりだと困る…!
    もうここはやっぱりググるしかない…
    そう決めてスマホで記事を漁っていた時、



    「妥協するな、意識される女に…?」



    上から突然声が。先を見ると…


    「彼方先輩!?」


    私のスマホを覗き込んでいる彼方先輩がいた。


    「なんの記事読んでたの?」


    そう聞かれたけど、ここでバレたらまずい、計画ができなくなる…!
    そう思った私は咄嗟に、

    「何もないです~!ではまた明日!」

    と言って距離を取ろうと走り出した。

    …が。追いかけてくる。


    (なんで~!?!?)



    なんとしてでも逃げ切りたくて赤信号でもお構い無く飛び出したら


    後ろからハグされた。

    「はあ、捕まえた。危ないわ、ばか。」


    捕まえるためのハグでも、キュンとしちゃうよ、先輩。

    きゅん

    2

    珠 緒さんをフォロー

    通報する

  9. 放課後図書室で調べ物をしていると急に同級生の男の子が正面に座ってきた

    驚く私に彼は「俺も使っていい?ここしかなくて」
    と一言

    「まだ空いてるのに?」と私がからかい気味に言うと

    突然私の腕を引っ張り
    壁に押付けられるとがっちり体制を取られ身動きが取れなくなってしまう

    そして「嘘、ホントは君が来るの待ってた」

    (もしかして私今壁ドンされてるの!?)

    きゅん

    0

    ニノハさんをフォロー

    通報する

  10. 部活動の終了時間がきて、みんなが一斉に後片付けと帰りの準備を始める。
    マネージャーの私も、帰りの準備を済ませ、
    体育館を出ようとする。

    ふと横目に扉の開いた体育倉庫が見える。
    誰かが閉め忘れたのだろう。

    扉を閉め振り返ると、
    学年一のモテ男で、バスケ部1年のエース
    時川隼人が。

    「まだいたの?早く帰りな」と帰宅を促す。

    すると
    『僕、先輩に言いたいことがあって』と腕を掴まれる。
    『先輩は、学校中の男子からモテてて、かなりの話題になってる。
    それに、年上が好きだってことも
    僕は1度振られたから、僕じゃダメだってこともわかってます…
    だけど、やっぱり好きなんです!
    先輩がいいんです!諦めれないんです!
    付き合ってくれませんか』と。

    彼が好意を寄せてくれてる事を知り気になり始めていた私。

    「私、年下と付き合うのは初めて。
    ほんとに私でいいの?」
    と聞くと笑顔で全力で抱きしめてくれた。

    きゅん

    1

    れぃまるさんをフォロー

    通報する

  11. ねぇ、ヒデ…好きな人いる?

    んーいるといえばいるし、いないといえばいないかなぁ…ユキちゃんは?

    あたしは、いるよ!

    ちょっと待って、それ困る…あっ!

    えっ!何で!何で!

    きゅん

    2

    NATT’Sさんをフォロー

    通報する

  12. 梨花side

    今日は同居人が家に来る日!ママは女の子だって言ってたから楽しみ!早く会いたいー。

    ー家ー
    ただいまぁー。
    あれもう来てる?
    「えっと、岬ちゃん?今日からよろし・・・・・・・・・」
    だけどそこにいるのは女の子ではなく男の子
    「あれ?岬ちゃんじゃないの?」
    「失礼だな💢俺は岬君の方だ!男だよ!
    てかお前覚えてないのかよ。はぁぁー。」
    岬side
    俺は覚えてるって言うのにお前は覚えてないのかよ。小さい時ずっーと一緒だったのに。
    だけど今は焦らない。これからも甘やかして気づいた時にとっておきのお仕置きをしてやる。
    だから今は抑えて、とりあえず今日からよろしくな梨花。あと「「愛してる」」

    きゅん

    1

    天野 雪さんをフォロー

    通報する

  13. 「帰りまーす。さようなら」

    先生『なぁー今日教科書忘れてたよな』

    「あっはい…でもちゃんと先生に報告しましたよ」

    『あーお仕置きしないとなw』

    「えっ?どういうこと…」

    先生が近づいてくる…えっ?壁ドンされてる

    『好きだよ。俺と付き合え』

    「はい!私も先生のことが大好きです」

    きゅん

    2

    りおな♪さんをフォロー

    通報する

  14. 「あ、雪が降ってきた……もうこんな季節か……」
    ほんとだ……そっか……もうすぐ先輩は卒業……しちゃうのか

    「鈴菜!」
    「え?」
    ふいに先輩に呼ばれたので私は後ろを振り向いた
    先輩はいない。
    あれ、どこいったんだろう……
    私は辺りをキョロキョロ見渡す。


    ギュッ


    すると何か後ろから暖かいものを感じた
    また後ろを振り向くと先輩が私にぎゅっと抱きついていた。

    「ど、どどどどうしたんですかせんぱぃ!」
    「え?どうって暖めてるんだよ。だってこんな雪なのに寒いでしょ?」
    ま、まぁ今違う意味で暖められましたけど……

    先輩の息が私の耳元にあたる

    「俺……鈴菜のこと好き俺と付き合ってくれない?」
    先輩からの告白は思いがけないものでした。

    きゅん

    2

    真白友也さんをフォロー

    通報する

  15. "2月14日"
    放課後の教室にいる私(桃)の手には紙袋がある

    弘樹にあげようと思ってたやつが…

    弘樹ってのは幼なじみなんだけど…
    ずっと片想いなんだ…

    弘樹とって私はただの幼なじみ…

    「まだ桃いたの?」

    「ひ、弘樹!?」
    「驚きすぎ」
    「だ、だって…」

    「あれ、その袋」
    「えっと…」

    「まさかチョコ? お前も渡す奴いんだな」

    「こ、これはあんたの!」
    「お、俺?」

    「義理とか友チョコじゃないから!
    ちゃ、ちゃんと本命だから!」

    「マジかよ…」
    「ごめんね、一杯チョコもらってたけどまた荷物増えちゃった
    じゃあ、もう渡したから帰るわ」

    「待て!」
    「何? 受け取ってくれるぐらいして、よ……?」

    私の言葉を遮るように後ろから抱きしめられる

    「好きな奴のチョコ断るわけねえだろ…」

    「え?」

    「ほんとお前鈍感すぎ
    俺もお前のことずっと好きだって気づけよ…」

    きゅん

    3

    も~たん!さんをフォロー

    通報する

  16. 私は1人静かに嗚咽を漏らしながら泣いていた。

    「また泣いてるし。今度は何?またあの彼氏?」

    笑いながら顔を覗いてきたのは幼なじみである奏
    奏は私の背中をさすりながら

    「全部聞くから嫌なこと全部吐き出しな?」

    と優しく微笑む。
    私はその優しさにまた涙し、胸を苦しませるものを吐きだす。

    「彼氏に……いらないって言われた。私もうどうしたらいいのか、わかんなくて。」

    奏は「はぁ!?」と怒りの声を上げた。
    毎回彼氏と何かある度にこうして話を聞いてくれる奏。
    今も泣いている私の代わりに怒ってくれている。

    「どうしていつも私の話聞いてくれるの?」

    「好きだからだよ。」

    驚きで涙が止まる。

    「いらないって言ったし、俺が貰っても問題ないよね。だから、別れにいこ?
    俺が責任もって幸せにするから。」

    そういい差し出された手を私は静かに握っていた。
    奏の微笑む顔を見て、胸がキュンとなった。

    きゅん

    4

    むぃ♡さんをフォロー

    通報する

  17. 「…なぁ、まだ?」
    「あともう少しだってば…だから先に帰っていいって言ったのに」

    日誌当番になり、クラスメイト達が部活に行ったり帰宅するなか私は一人日誌を書く予定だった。…隣のクラスである幼なじみがいるのは当初の予定にはなかったけれど。

    「だいたい今日は部活じゃなかったの?」
    「…んー?今日は休みだって」

    日誌を書く合間にこうやって話しかけてもどこか上の空で。どうしてここにいるのか不思議でならない。

    「はいはい、それじゃあ日誌も書き終わったし、帰りますか」
    「!…ん、帰る」
    「まぁ、日誌を提出してからだけ、っ」




    「…おつかれさま、“はーちゃん”」

    (はーちゃんなんて、呼び方はいつぶりだろうか)
    (…それよりも、頬にキスしてきた理由を聞かなきゃいけないのに)
    (彼の優しい笑みが、私の顔をさらに熱くさせる)

    きゅん

    3

    詩遠さんをフォロー

    通報する

  18. (振られちゃった…)
    私はずっと好きな人に告白して振られた…お気に入りの夕日が見える公園で、ずっと泣いていた
    __コツン
    頭に何かが当たる
    「どうした?おばさん、お前の帰りが遅いんで心配してたぞ?」
    そこに居たのは、幼馴染だった
    私は彼に知られるのが恥ずかしくて答えないでいると横に座って
    「ほら…」
    温かいココアをくれた
    「ありがとう…」
    冷えきった体にココアが染みる
    「…俺さ、お前のこと好きなんだよ…」
    唐突な発言に私の彼の方に勢いよく振り返る
    「お前の邪魔したくなくて、言うつもりなかったんだけど泣いてるお前見てるとさ…」
    彼はこっちをみない
    「なんで急に…」
    「俺は、無理に振り向いて欲しいとは思ってないよ…でも…」
    ギュッ
    急に手をつかまれ、見つめられる
    「俺はいつでもお前の味方だし、1番わかってるよ…」
    彼の熱い眼差しに、頬が夕日のように染まっていくのが分かった___

    きゅん

    1

    美梨愛。さんをフォロー

    通報する

  19. 私は親友の舞にチョコを渡すべく、
    舞を探しているのだけど…

    いない!!

    探して探して探しまくって、
    一年生教室の階まで来ちゃったよ〜…



    いない…

    もしかして彼氏と帰った?!


    もう帰ろう…と思っていたら、

    『あれ先輩?』

    げっ、。

    「悠くん、」

    『なんでそんな嫌そうなんですか〜笑
    あれ、それってもしかして』

    「悠くんにはあげないけどね」



    _ドンッ




    「悠くん?!」

    『俺以外の男にあげないでくださいね、先輩』

    きゅん

    1

    愛願さんをフォロー

    通報する

  20. 私には一つ上の要(かなめ)先輩が好き。
    でも先輩に思いを伝えれてないから
    今日は絶対に思いを伝えよう、そう思っている

    「おはよ」

    声をかけられて振り返ると要先輩の姿があった

    「お…おはようございます
     あの先輩今日の放課後話があります」

    「分かった。俺が茉優の教室に行くわ」

    「あ、はい。待ってます」

    …放課後

    「茉優」

    「わざわざ呼び出してすいません」

    「大丈夫。それでなんかあった」

    「あの、えっと、ずっと先輩が好きでした 付き合ってください」

    「ほんとか?」

    「はい」

    「俺も茉優が好き 付き合おう」

    断られると思っていたから嬉しくて
    泣いてしまいそうになった

    恥ずかしくて後ろ向いた
    その時、ギュっ

    先輩が私を後ろから抱きしめた

    「茉優、これからよろしくな。大好きだよ」

    「はい、私も要先輩が大好きです」

    私のバレンタインは最高に幸せな日になった

    きゅん

    3

    Na-gi☆さんをフォロー

    通報する

  21. 今日はバレンタイン
    私にとっては戦いの日。

    気になってる先生にチョコを作ったけど、恥ずかしくて渡せないまま放課後になってしまった。

    「用がないならさっさと帰るんだぞー小坂」

    平野先生?!これは今がチャンスだよね。

    「平野先生!あの、これ良かったら…」

    「え?俺に?」

    「貰ってくれませんか」

    「義理チョコってやつか!小坂は優しいな〜」

    先生はクシャッと笑いながら大きな手で私の頭を撫でてきた。
    ああ、私はこれにどれだれ心を苦しくさせられたことか。
    他の人にも沢山こうやって優しくしてるんだろうな、でも、私だけに、ってわがままになってしまう。
    これ本命なんです。とも言える訳がないけど…でも…。

    「義理チョコじゃないのをあげたのは平野先生だけなんですからね!さようなら!」

    ドンッ!

    先生…?

    「義理じゃないなら、本命って事でいいの?
    こっちも本気になってもいいって事?」

    きゅん

    7

    エヴァ初号機さんをフォロー

    通報する

▲