ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 23593件ヒットしました

  2. 「ん、もうわかんない」
    もう何十分机に向かい合ったけど、この問題は難航している。
    「どこがわからない?」
    ひかるが前の席に跨り、後ろを向く。
    幼馴染の彼は、私の問題に手をかける。すらっとした指。長いまつ毛。どれも羨ましい。

    ぼけーっとそのまま見惚れていると、
    「ね、」
    とシャーペンを手の甲にコツっと当てる。
    「どこがわからないの?俺もわかんないことあるんだけど…」
    「え?ひかるでもわからないの?!」
    ひかるは勉強も運動もよくできる。それでもわからないのは難問だ。
    「だったら私も解けないよね!」
    「いや、俺に答えを教えてほしい。」
    「な、なに言ってるの、?」
    「穴が空くほど俺の顔見てたけど何か付いてますか?」
    「な、なにも。」
    「じゃあ、俺がお前のことずっと見てて、好きすぎてどうしよもないのはどうしたらいい?」
    「え。?」
    「あとで答え教えて」
    そう言うと頭ポンポンして去って行った。

    きゅん

    5

    ち花さんをフォロー

    通報する

  3. こくん、こくん、

    放課後の居残りで、間に合わなかった課題を済ませていると、眠気が私を襲ってくる。

    あ……ヤバい。寝そう。

    こくっ

    急に視界が真っ暗になった。

    「ふっふふ〜♪だーれだ?」

    この声は……?

    「ふー、ま?」

    「せーいっかいっ!」

    手を離してもらい、ボヤけた視界の中にうつる風磨を見つめる。

    「ふーま。ねぇ、もっとこっち来て……」

    夢の中だからかな。いつもよりも風磨の近くにいたくなっちゃう。

    「えっ、ちょっ、ヤバい。これ以上は無理。近い近い」

    顔のすぐそばで、風磨の声がする。

    「……ねぇ」

    「ん〜?」

    風磨が離れていって、寂しくなって手を伸ばす。

    「オレ、本気になるよ?」

    その手をつかみ、風磨は私を後ろからギュッと抱きしめた。

    きゅん

    5

    星蘭さんをフォロー

    通報する

  4. 「もう、しつこーい!!!」

    「じゃあ聞けよ!」

    このやり取りを続けて30分。私、七瀬 琴乃の体力も限界に近い。

    「おまえがっ、好きなんだよっ!」

    「うそっ!絶対うそだ…」

    屋上までかけ上がり、ドアを閉める。

    バンバンバン、バンバンバン

    「おいっ!開けろ!」

    私はドアの前にしゃがみ込んだ。

    本当は、健一のことがずっと好きだった。でも実は、聞いちゃったんだ。

    『琴乃なんかよゆーだって!』

    そう友達に宣言した健一。私なんか、所詮はゲームのターゲットだ。

    こっちは本気だったのにな…

    涙が頬を濡らしていく。
    数分後。急に、外が静かになったことに気づいた。

    「…さすがに、いないよね」

    ─ガチャリ

    「琴乃っ!」

    健一は帰ってなんかいなかった。

    「お前は、オレのことが嫌いなのか…?」

    悲しそうな顔に、胸が痛む。

    私はこのあと、自分の勘違いに耳を疑った。

    きゅん

    2

    星蘭さんをフォロー

    通報する

  5. 今日は花火大会……。
    だから、幼なじみの蓮(れん)と一緒に学校に残って屋上から見ることになった、、、。


    本当は、花火大会マジックのタネのひとつ。浴衣に着替えたかった。
    可愛く見せたいって言うのは女子だから……いや、蓮の前だから。


    じつは、私と蓮は付き合ってる、、、
    でも、ほぼ強引にそういう雰囲気に持っていったから、蓮は私の事好きじゃないかもしれないって最近思ってる。
    これを誘ったのは私だし……



    ドォーン、


    「わっ!綺麗…」


    「綺麗だな、」


    「うん、だね!」



    私は蓮が空を見上げながらそう言ってるもんだと思って、横を向いた、。



    でも、横に振り向いた瞬間に、蓮とばっちり目が合った。




    「うん。綺麗お前が。」


    「俺、、、普通にお前のこと好きだし。いやいやとかじゃない。」



    照れる私の上では綺麗な花火が咲いている。

    きゅん

    3

    @蒼さんをフォロー

    通報する

  6. 「学校ではイチャイチャ禁止」
    「別に禁止されてないだろ」
    「不純異性交遊は禁止です」
    「すげー真面目に付き合ってるし」
    「そうじゃなくて」
    「何だよ」
    「拗ねないで」
    「拗ねてない」
    「拗ねてる!私だって本当はくっつきたい、けど」
    「じゃあ良いだろ」
    「良くない」
    「だから何で」
    「圭ちゃんのファンの子に申しわけないんだもん」
    「何だよソレ。俺はお前以外の物になるつもりないんだけど」
    「でも圭ちゃん好きな子凄く多くて」
    「そんなくだらない理由マジ却下」
    「でも」
    「俺がお前といたいって気持ちは無視すんの?誰だかわかんない女のために?」
    「それは」
    「できる事なら俺はお前を一日中だっこしてたい。手も繋ぎたい。なんならキスだってしまくりたいくらいなんだけど」
    「!」
    「俺のこと一番に優先してよ。お前の事が好きで堪んない俺が可哀相だと思わない?」
    「…卑怯者」
    「世界一の正直者の間違いだろ?」

    きゅん

    41

    望月双葉さんをフォロー

    通報する

  7. 「さっきから何?」
    「別に」
    「本さかさま」
    「今丁度さかさまに読みたい気分だったから」
    いつも適当な事ばかりいう彼は言い訳も適当。
    「何か言いたい事あるなら言って」
    「言いたい事」
    「不満があるのなら」
    「お前ってさ」
    「何」
    「すげー可愛い」
    想像しなかった言葉が返ってきて反応が遅れる。
    「何ていうか可愛い。ちゅーしたくなる。てか、してもいい」
    言葉は問い掛けのように語尾上げだった筈なのに彼はもう息がかかるほど間近に迫っている。
    「待って!」
    「何で。言いたい事あんのなら言えっていったのお前だろ」
    「それは意味が」
    「違わない」
    「それに幼馴染とキスとか」
    「は?」
    素っ頓狂な声が返ってくる。
    「俺、もうお前の事幼馴染とか思ってない」
    「ひどい」
    「だってもう女だから」
    「?」
    「お前は俺の好きな女なの。だからただの幼馴染とか、マジヤなんだけど」

    二人の唇が触れあうまで、あと1秒。

    きゅん

    14

    望月双葉さんをフォロー

    通報する

  8. 「俺の彼女苛めてんの、誰?」
    「諒ちゃ…」
    「私たち苛めたりなんか!」
    「そうです!この子が掃除をさぼったりするから」
    「そんなの地球が爆発するよりありえねーと思うんだけど」
    「でも掃除の時間に遅れて来たし」
    「へー。それはコイツの服がびしょ濡れなのと何か関係あり?」
    「それは」
    「つーか。今時イジメとかダサいことやってんなよ」
    「でも!私たちだって櫻井先輩の事ずっと大好きで」
    「お前らの愛がどうだか知らんけど、俺の方が何倍もコイツのこと愛してんだけど」
    「諒ちゃ」
    「ダメ。こいつらに俺がどんだけお前の事好きなのか分からせる」
    「えっ、…諒ちゃ…ンッ!」
    「!」
    「これ以上のチューも見たい?」
    「も…もういいです!最低!」

    「悪役退散」
    「何やってんの!」
    「え、ちゅー?」
    「なんでみんなの前で!」
    「ああいうのにはしっかり俺の愛を見せ付けとかないと」
    「諒ちゃんのばか!」
    「えっ」

    きゅん

    57

    望月双葉さんをフォロー

    通報する

  9. 「そんなところで何をやってるのかな」
    「圭ちゃ…、いやいや、せん、せい」
    「今は二人だから先生じゃなくてもいいけどね」
    「……でも、いちお…学校だし…って、圭ちゃん!なに抱っこしてんの」
    「あれ。ほんとだ、ここ学校だ」
    「先生がこんなこと駄目だってば」
    「そうだね、駄目だ」
    「……それなのに腕、離す気全然ないじゃん」
    「だめ?」
    「駄目じゃないけど…でも、だめだよ」
    「じゃあ、先生が許す」
    「なにそれ」
    「先生が許すんだから…、問題ないと思わない?」
    「屁理屈!ふりょう、駄目きょうしー!」
    「はいはい。そりゃあ困ったなあ」
    「ぜんっぜん困ってないじゃん!」
    「困ってないよ。大好きな女の子抱き締めてるんだから寧ろ幸せ感じてるけど」
    「もう、圭ちゃんてば!!」
    「はいはーい」
    「はいは一回です!!」
    「はーい」

    きゅん

    19

    望月双葉さんをフォロー

    通報する

  10. ドンッ

    藍華「へ?」

    翔馬「どうだ。」

    いや…どうだ、と言われましても…。

    藍華「なんなの?これ。」

    翔馬「壁ドンだ。愛助に最近、女子にこれが人気だときいたからやってみたのだが、どうだ?」

    …コメントしづれー!

    藍華「…壁ドンだけじゃあんまトキメかないなぁ。」

    ドンッ

    翔馬「好きだっ!」

    藍華「…じゃあ、わたしは愛してる。」

    翔馬「〜〜っ!不意打ちはやめろよ。」

    藍華「あれー?翔馬総長なんでしょ?こんなんで真っ赤になってどうすんの?」

    翔馬「っ真っ赤じゃない!」

    藍華「耳まで真っ赤の癖に。」

    〜〜〜

    愛助「相変わらずバカップルだなぁ。」

    海「もう、お腹いっぱいなんやけど…」

    ☆番外編でした☆

    きゅん

    94

    ♪夏華♪さんをフォロー

    通報する

  11. お!答えあってるぞ!
    お前勉強できるんだな!
    偉いな

    きゅん

    1

    みーさんをフォロー

    通報する

  12. 「さようなら〜。」
    笑顔で生徒に手を振り、見送る毎日。

    新米教師で仕事ばかりに気を注いでいたら、
    彼氏は0。
    ただひたすらに、いい先生になりたくて突っ走ってきた。
    これもこれで幸せだが、帰ってからの孤独といえば寂しいものだ。

    職員室に戻り、明日の授業の準備をする。

    気が付けばもう19:00。
    「う〜ん、」
    伸びをして凝り固まった身体をほぐす。

    トンッ…
    机を見ると、ココアが置かれている。
    「無理しすぎちゃダメだぞ。」
    「あ、すみません、ありがとうございます。今ちょうど明日の準備が終わりました!」
    並木先生はいつも励ましてくれる。
    「じゃあ、もう帰ろっか。送ってくよ!」
    「ありがとうございます。」
    そう言い、真っ暗な廊下に出ると、
    ゴロゴロ…
    「キャッ」
    私は咄嗟に耳を押さえ、よろける。

    ギュ…
    並木先生に包まれる。
    「いっつも強がりすぎ。頼ってよ。」

    はぁ、好き。

    きゅん

    3

    ち花さんをフォロー

    通報する

  13. ――ガラガラ…

    「あーー!みやっち!
    まだ教室に残ってたのー?」


    ぎゅーーっ

    「今日は一緒に帰りたいな」

    きゅん

    1

    蜂 みつづさんをフォロー

    通報する

  14. 「好きです!付き合ってください!」

    「ごめん,俺そーゆーの興味ないから。」

    目の前の少女から後悔の感情が見える。
    そして謝った後逃げ出すのだ。

    そんな反応されても困るのはこっちだ。

    女子の言う色恋は意味がわからない。
    馬鹿みたいに浮かれて何が楽しいのだろうか?

    ふと顔を上げると幼なじみの上野が俺の前に立っていた。

    「見てたぜ〜!お前本当モテるよなぁ!」

    羨ましいとでも言わんばかりの声に心底うんざりする。

    「こっちは困ってるんだ。」

    「そんなこと言うなよー!今の子可愛かったぞ!」

    「別に。どうでもいい。」

    無気力だと思うかもしれないが本当にどうでもいいんだ。
    だって俺はもうすぐ……

    「あっ。」

    光の無い目の少女にぶつかってしまった。
    が,相手は無反応だ。

    それが少し珍しくてよく覚えている。

    その時の少女が俺の終わりある人生を変えることを,誰も予想は出来なかった。

    きゅん

    1

    雫希さんをフォロー

    通報する

  15. 『あ、先輩!お疲れっす!』

    「おうお疲れーい!あれ、今帰りなの?
    ずいぶん遅いね…練習あったっけ?」

    『えと…世界史の先生からのお願いを…』

    「…あー…
    あの、割と厄介なおじいちゃん先生だよね?」



    この子は軽音楽部の後輩。

    周りをよく見てて、皆に好かれてる人たらし。
    そのうえ演奏の技術もピカイチだから、
    次期看板部員って噂で持ちきり。

    が、しかし…


    心優しく、何でも器用にこなすので
    色々な人の厄介ごとに巻き込まれる始末。




    『俺ってどうしてこう、断れない性格なんだろうか…』



    ぽつりぽつりとつぶやきながら前を歩く彼は、
    私よりずっと背が高いはずなのに
    つむじに手が届いてしまいそうなほどしおれていて。


    ま、元気だしな!と後輩くんの頭をわしわし撫でてやると、


    『…先輩…それ、勘違い、しちゃいます……。』



    何それ、と戯けても、返事は返ってこなかった。

    きゅん

    0

    LuNa.さんをフォロー

    通報する

  16. 私は、明日の体育祭に向けての準備をまだ放課後に残って、準備をしていた。
    「よいしょ、よいしょっと」
    すると、教室に持ち運んでいた、大縄跳びやら、小道具の入ったダンボール箱を落としてしまった。
    「わぁわっ!」
    とダンボール箱に目が行って、私はそのまま前にコケちゃった。
    「いたーい」
    と私が言ったら、後ろから誰かが歩いて来て、私の頭をポンポンと触ってきた。私はびっくりして上を向くと、大好きな先輩だった。

    「お前、まだ残ってたのか。頑張ってるな!」
    「せ、せ、せせせ、先輩!」
    「お前、噛みすぎだっつーの。可愛いかよ」

    先輩はそう言って、ニヒッとヤンチャな先輩らしい笑顔を向けて来た。私は、ドキンッと心が鳴った。私は先輩が好き。

    先輩は私が好きなことわかっているのかな。

    きゅん

    0

    優木 王さんをフォロー

    通報する

  17. あいつはいつも,放課後になると楽しそうに1人で本を読んでる。


    俺はそいつに時々話しかけたりして,そいつも笑顔で俺を受け入れる。


    ただ,それだけの関係だったはずだ。


    なのに俺は今,訳も分からずがむしゃらに,ただ1人あいつを目指して教室に走る。


    焦らなくても,あいつは絶対にいる。


    俺は自分が何をしたいのかも,何を言いたいのかも分からない。


    ようやく見えた教室の扉を,感情のまま荒々しく開けると,そいつの控えめだけど驚いた顔が見えた。


    それを見て,俺は自分のずっとしたいと思っていたことを悟った。

    「好きだ」


    ただそれだけを伝えたい。


    それだけが伝われば良かったんだ。


    彼女の真っ赤に染まった顔が,俺の胸をよりいっそう高揚させた。

    きゅん

    2

    わたがしさんをフォロー

    通報する

  18. 「お前、いつまで髪整えてんだよ。笹原さんと会える時間減るぞー」「俺は長沼先生狙いだっつの。毎回質問行ってんだから気づけよ。」「素直じゃねーなー」高校も塾も被せてきた幼なじみのコイツには、悔しいけど恋心はダダ漏れで。俺は、笹原祐希が好きだ。1年前、入塾した時のこと。男子校で出会いを求めていた俺は、どタイプの女子を見つけ、自由席だったため、迷わず彼女の斜め後ろに座った。その席が固定され、近くにいる彼女とはよく話すようになった。ラ〇ンも思い切って追加した。彼女とは気が合い、話していて楽しかった。
    たった週に一回、2時間をヤバいぐらい楽しみにして。大事にして。動機は100パー不純。でも彼女がいるから楽しい訳で、この気持ちに嘘はない。俺が好きな努力家な彼女は、必ず先生に質問へ行く。彼女が行くなら、当然俺も行く。(恥ず過ぎて彼女が好きって言えねーから都合いいし先生狙いってことにしとく。)

    きゅん

    1

    rikkkyさんをフォロー

    通報する

  19. 好きだなあ。
    斜め後ろに座る彼を見てそう思う。休み時間の時はもちろん、授業中も集中力が切れると、私の視界に入って消えない彼。
    1年前、塾の教室に入った瞬間、彼に一目惚れしてからというもの、少しでも彼に見て貰えるように、勉強も、部活も、美容も、なんでも全力で頑張って、いい女になろうとした。たった週に一回、2時間会えるだけなのに。顔がどタイプってだけで、よく知らない1人の男子にこんなに夢中になるなんて、、って思う自分もいた。でも、それでも、諦められなかった。生徒同士が仲良い塾の雰囲気もあり、席がたまたま近いこともあり、話す機会が増えた。塾のラ〇ングループで、彼から追加してくれた時はマジで超で嬉しかったなぁ。今日の授業が終わったら、彼に何を話しかけようか。

    きゅん

    1

    rikkkyさんをフォロー

    通報する

  20. 図書室、今、人いない!
    柊にばれなければ本が読める…

    「ちょっと本しまってくるね!」
    本の乗った台車を押し、奥の方へ進む

    数冊しまったら本を開いた
    ばれないように気をつけないと…


    「……ぅ…ふうっ!」

    ん?呼ばれてる…?

    「はいっ…っえ!?」
    慌てて顔を上げたら、すぐ目の前に柊の顔があった

    本棚の縁に手をかけて…か、壁ドン…?

    「しゅ、柊!」
    慣れない状況に狼狽えながらも彼の胸を押す

    「俺さ、何回言ったっけ」

    「…ごめんなさっん……」
    上を向かされたと思ったら反抗する間もなく唇が塞がれた

    「んぅ…ふぁ……」何度も繰り返されるキスに本が手から抜け落ちる

    「っと」唇が離れ、柊が本とキャッチする

    「これに懲りたら、もうやっちゃダメだよ、」

    「…た、単純バカのくせに…」
    ぼそっと小さな声で呟く

    ガラッと開いた扉に反応して、柊が離れていった

    壁ドン………破壊力やっば…

    きゅん

    7

    日菜々さんをフォロー

    通報する

  21. 「紗奈。危ないぞ。」

    そう言ったのは同級生の一ノ瀬 結希。

    「紗ー奈!離れないように手、繋ご!」

    結希の次に言ったのは同級生の望月 奈乃。

    「あ?」

    これは嫌な予感...。

    「邪魔者結希はあっち行ってて!」

    「邪魔者はお前だ!奈乃!」

    始まった...

    おなじみの喧嘩。

    だけど私は解決方法を知っている。

    「みんなで、手繋ご。」

    「「えっ?」」


    ☆☆☆

    「ヤバイ..紗奈の手、小さすぎ。」

    「紗奈の手..はぁ~満たされる。」

    これで丸~く収まった...かな?

    きゅん

    3

    りるさんをフォロー

    通報する

▲