ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 「先輩!」

    「あ、琴里」

    放課後、私は先輩の教室にきたとき

    ザ──、ザ──

    「あー、降ってきた」

    「ですねー」

    ──ピカッ

    「んっ(ビクッ)」
    (来る?)

    「琴里?だいじょ──」

    ──ゴロゴロ

    (あぁ〜〜、きたー泣)

    「琴里?もしかして雷怖い?」

    「こ、怖くないよ?ただ、嫌いなだけ…」

    「それ、怖いんじゃん笑」

    「笑わないでよぉー」

    「ごめんごめん」

    ──ゴロゴロ

    (あー、本当やだ泣)

    ──ギュッ

    「先輩?」

    先輩は私の手をぎゅっとしてきた

    「涙目、上目遣い」
    「え?」

    ──ゴロゴロ

    「うっ(ぎゅっ)…」

    「ふっ、このままでいよっか」

    「お願いします」

    雷に備えて目を思いっきり瞑ってると

    ──チュッ

    「んっ(ビクッ)」

    「琴里があまりにも可愛すぎて」

    先輩は舌をだして笑っていた

    雷の音なんて聞こえない

    先輩、好きです///

    きゅん

    8

    J–ジャック–さんをフォロー

    通報する

▲