ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. あぁ!ヤバイ、寝坊しちゃった!
    どうしよう、いつも一緒に登校している大和(やまと)は、絶対あそこで待っているに違いない。私はメールで"先に行ってて!"と大和に伝えた。
    私はすぐ制服に着替えて学校に向かった。途中で待ち合わせ場所に寄ってみたら、そこには1人いて誰かを待っていた。それは
    「大和!?」
    「おう!」「おうって…なんでここにいるの!先に行っててって言ったじゃん。バカ…」
    「おいおい、バカとはなんだバカとは。待っててやったのに」
    「ごめんね、なんでここにいるの?遅刻しちゃうよ」
    「だって、お前と一緒じゃなきゃ…寂しいし…それに…」
    「それに?」
    「好きな女を置いていく男なんて最低だろ。」
    好きな女…って、私!?
    私が混乱していると大和は恥ずかしそうに、私の手をギュッと繋いで「も、もう行くぞ!」と言った。私は、すでに前から大和のことが好きだったのかもしれない♡

    きゅん

    27

    恋KANAさんをフォロー

    通報する

▲