ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 「君を愛しているよ」



    「私もです」



    「君が僕に死ねと言えば、僕はその通りにすると思う」



    「それは私が困ります」



    「どうして?」



    「私も同じことをしてしまうからです」



    「それじゃ不服?」



    「死んだら貴方を抱き締めることができません」



    「あぁ、それは盲点だった」



    「わかってくれましたか?」



    「しかし僕のこの狂おしい程の愛はどう伝えたらいいのか」



    「私たちは一心同体。心も体もずっと繋がっていて、貴方のものです。なので貴方の気持ちは分かっています」



    「………」



    「はい。私も愛しています」


    ※何も言わなくてもお互いのことは相手より分かります。

    きゅん

    11

    マナみさんをフォロー

    通報する

▲