ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 2件ヒットしました

  2. 今日は10月31日、ハロウィンの日。

    「なぁ…さゆみ。」
    「ん?何?」
    「何で俺たち、こんな目にあってるんだ?」
    「…さあ?」
    今は私は、龍牙と新の2人と一緒に薄暗い空き教室で身を潜めている。

    ─────そこでは

    「………」
    「………」
    ギュッ。
    クシャ。
    「わっ…!?」
    急に龍牙が私の右手をギュッて握ってきて、新が私の頭をクシャクシャと撫でてきた。
    「「「………」」」
    2人共私と目を合わそうとせず 、そっぽを向いていた。
    「………」
    そして龍牙と新は、2人揃って仲良く耳まで真っ赤なっていた─────。


    by【わたしと吸血鬼×2♥~ハロウィン編~】

    きゅん

    16

    散さんをフォロー

    通報する

  3. 昼休み。
    新特製のお弁当を持ち、いつもの場所へ龍牙と一緒に行こうと思っていたら・・・バンッ!!!
    勢い良く扉が開く音がし、それと同時に
    「桜木さんっ!」
    「出来たよっ!世界初の薬がっ!!」
    「「「「「………………………………」」」」」
    シーーーーーーン。

    「…さ、さゆみ…」
    「何…?」
    「りゅ、龍牙っ!これっていっ…た、い……えぇぇぇぇーーー!!??」
    「な、何だっ!?」
    「…は、い…」
    「え、何?」
    「…見たら分かるよ。」
    「……っ!!」
    「…………じょ、冗談だろ?」

    ───さゆみと龍牙の身に一体何がっ!?

    私は左に龍牙、右に新と2人の間に入り・・・ギュッ。
    「「っ!!」」
    2人の手を繋いだ。

    いつまでも3人仲良くいられますように。
    龍牙、新・・・
    大好きだよっ!!

    きゅん

    8

    散さんをフォロー

    通報する

▲