ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 2件ヒットしました

  2. ある日、2つ年上の高校の先輩に勉強を教えて貰っていたときのことだった。
     参考書を取りに立ち上がったとき、
    「どこ行くの?」
    と声を掛けられる。
     そのまま壁際まで追い込まれ、いきなり壁ドンからのキス。
     先輩は赤くなる私の顔を見て
    「可愛い」
    とふわりと笑った。

    きゅん

    6

    明鏡止水さんをフォロー

    通報する

  3. 「俺のこと好きなのか?」
    トムは聞いた。
    「そんなの、好きに決まってるんじゃない。あなたはずっと私を助けてくれた。好きにならない方がどうかしてる。」

    そういうと、彼は私を壁側に追いやり、覆いかぶさってきた。

    「俺もだ。」

    そう言って、私達はそっとキスをした。

    きゅん

    4

    Lika Mさんをフォロー

    通報する

▲