ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 82件ヒットしました

  2. 放課後、屋上来てね💕


    突然義理の弟から言われた一言に驚きつつも、私は屋上に向かった


    お疲れ様
    待ってたよ、お姉ちゃん

    『お姉ちゃんって、同い年じゃないw』

    でも、義理のお姉ちゃんでしょ
    今日はね大切なこと伝えに来たの

    (なんだろう)

    『大切なことって何?』

    それは…


    彼は私と距離を詰めると突然私の腰にてをまわし、でこコツしてきた


    (ドキッ)


    義理のお姉ちゃんとなら結婚できるんだよ
    僕さぁ、お姉ちゃんの事好きみたい

    (えっ…突然どうしたの!?)

    『もう急に何…てか、離してよ』

    僕、本気だから

    (その距離で言わないでよ…)

    早く好きになってね


    手のかかる義弟に今日もからかわれてます‼

    きゅん

    5

    橘 紗夜さんをフォロー

    通報する

  3. 12月に入り、少しずつ寒くなってきた今日この頃。帰りのホームルームも終わり、校門へ向かう。校門付近には部活のない生徒たちが外へ向かって歩いている。邪魔にならないよう、門からは少し避けて、従弟を待つ。
    「莉子(りこ)、お待たせ」
    「もー遅いよ玲亜(れあ)、何してたの?」
    「ごめんごめん、日直が早退しちゃってさー」
    「いいよ、じゃあ帰ろ」
    「うん」

    ____________


    「ねえ、ちょっとそこの公園行かない?」
    「やだ」
    「えー、いーじゃんいーじゃんちょっとだけー」
    「わかった、ちょっとだけね」
    「わーい」

    午後4時。公園は人で賑わっていてもいい時間なのに、今日は珍しく誰もいない。貸切状態だ。冷たい風に、身を震わせる。その時、温かいものが首にあたり、そのまま誰かが抱きついてきた。
    「寒い?これ飲んで温まって」
    「え、あ、ありがとう」
    彼の温もりに包まれながら、缶ジュースを受け取った。

    きゅん

    4

    わんたんzさんをフォロー

    通報する

  4. 黄昏時、私は階段を一人で降りていた。
    すると上から声が聞こえた。その声は何処か聞きなれた声だった。
    ?「なぁ、姉ちゃん。」
    振り返ると二歳年下の弟、波緒(なお)だった。
    波緒は数段上にいたのだが、慌てて降りてきて、私の鞄をスッと持ってくれた。
    私「波緒…、自分で持てるよ。」
    波「いんだよバーカ。俺に持たせろよ。」
    話しながら降りていると、自分の足が突如縺れて、前のめりに階段から落ちかけた。
    これは死ぬと思い、目を瞑った刹那。体が下に重くなるのではなく、むしろ体がふわりと浮いた。
    私「っ…!」
    恐る恐る目を開くと、波緒は階段の段と段に体を強打しているのに、私を抱き締めていた。
    波緒「姉…ちゃん……大丈夫か…?」
    私「何で…庇うの!」
    私を庇った波緒に怒ると、波緒は体にムチを打つように起き上がり、私にキスをした。
    波緒「姉ちゃん…聞いてほしい事がある…。実は…俺…」
    【皆がキュンを押せば続く】

    きゅん

    1

    李澄海さんをフォロー

    通報する

  5. 俺の姉が1週間前に死んだ。実の姉は、俺の初恋だった。
    放課後、毎日思い出の公園に来る。ここなら会える気がして。

    「陸・・・。」

    もう聞けないと思っていた声が聞こえる。愛しい人の声。
    結ばれる事が無かったとしても、好きだった。

    「姉ちゃん・・・?」
    「陸、覚えてる?小さい頃、私の事名前で呼んでたんだよ?」
    「・・・あぁ、」
    「今だから言うけど、私、陸の事好きだった・・・。家族としてじゃ無くて、一人の男の子として・・・。」
    「あぁ。」

    俺もだよ、と涙が溢れる。

    「初恋、だよ?今も、すごく好き。」
    「ぅん。俺も、好きだったし、好きだ・・・今も、どうしようもない位。」
    「ん、でも私、死んじゃった・・・。だからね、最後にお願いがあるの。大きくなった男の子の声で、私の名前を呼んで欲しい・・・。」
    「ん、分かった。」

    泣きじゃくる姿すら、たまらなく愛しい。

    「ぁ梓、大好きだ・・・。」

    きゅん

    7

    朝海沙紅さんをフォロー

    通報する

  6. 「ただいまー」
    「あら、颯斗帰ってたの?」
    「今日は、部活休みって言われたからね。」
    「そうなんだ〜」
    私の弟颯斗。私の2つ下の17歳。
    颯斗~ちょと夕飯作るから、買い物してくれないかしら?
    「え〜だる……」
    「買い物出来ないなら、夕飯なしよ!」
    「わかった、わかった、買ってくるよ。」
    「あら、いいこね。」
    うふふっ
    20分後。
    「ただいまー」
    あら、颯斗帰ったのね。
    「ちゃんと買い物出来た~」
    ドン
    いきなり颯斗が壁ドンしてきた。
    「ねぇ〜ちゃんさぁ~俺に子供扱いしないでくんない?」
    「一応俺男だけど〜」
    顎クイしなが言った。
    「俺、ねぇ~ちゃんのこと昔から好きだった。俺の、俺だけのねぇ~ちゃんになって……」
    はい〜なんでいきなり?ん??え?ちょっ...まって?
    私の事が昔から好き?しかも、姉弟なのに?
    でも、なんでだろう……私も颯斗が好きだったかのように胸がドキドキする。

    きゅん

    4

    ナルココケシさんをフォロー

    通報する

  7. もう弟して見れねぇよ…僕はこんなに君で埋まってるのに。
    もう少し僕を見ろよ。

    きゅん

    0

    叶花-kanoka-さんをフォロー

    通報する

  8. 「あの子は渡さない。」


    「それはこっちの台詞だ。」


    「俺は、兄さんのことは尊敬してる。頭の回転早いし、賢いし、俺とは似ても似つかない。」


    「確かにな、お前みたいな馬鹿でまっすぐなやつが弟だとは思えない。まさか、こんな形で似るとは思いもしなかった。」


    「だけど、たとえ兄さんでも譲らない。あの子は俺がもらう。」


    「たいした自信だな。俺がいつも感情を表に出さないからって、俺よりお前のほうがあいつを好きだとは限らない。俺だって本気だ。」


    「わかってる!だから言ったんだ。兄さんに俺の気持ちを言わずにあの子に気持ちを伝えるのは卑怯だと思った。真正面から、兄さんと戦いたかったから。」


    「お前馬鹿だな、まあそれがお前のいいところだけど。俺はお前があいつを好きだろうとそうじゃなかろうと関係ない。あいつが好きになるのは俺だ。」

    きゅん

    3

    彩音⋆さんをフォロー

    通報する

  9. マネジャーまた弟が怪我したぞ
    はぁーい
    バタバタバタ
    大丈夫?
    うん
    今度は何があったの?
    ・・・
    はぁー答えなくてもいいけどもっと自分の体大事にしなさい
    ・・・
    はいっできた
    マネジャーこっち手伝ってくれ
    はい今行きます。じァあもう行くけどほんとに体大事なしてね
    マッテ
    えっなんて?
    行かないでぎゅ
    ダメだよワガママ言っちゃあ。早く離して
    ぎゅ
    苦しいから
    ぶんぶん
    頭振ったってダメだから
    マネージャー早くして
    はいー。ほら呼ばれてるから
    お姉ちゃん最近冷たい
    そんなのと無いよ
    あるもん
    ほらただこねてないで離して
    嫌だ
    お姉ちゃんだって仕事あるからねっ
    ・・・
    はあ〜帰ったらいっぱい相手してあげるから
    それほんと?
    ほんと
    嘘じゃない
    嘘じゃないよ
    じゃあ離す
    ありがと
    マネージャー早くして
    はい
    お姉ちゃん約束破っちゃダメだよ
    ヨシヨシ大丈夫ちゃんと守るから

    きゅん

    5

    AOZORA さんをフォロー

    通報する

  10. 「おーい!そこの女子。」
    後から成人男性の声が聞こえた。何故か懐かしい気がした。私じゃないでしょ。
    「無視するな。そこのポニーテールの女子ー。」
    ポニーテールか。
    って!わまりを見渡すと私しか、ポニーテールいないじゃん!私のこと!?
    「はぁ。やっと追いつけた。」
    「ど、どうしたんですか?」
    「さっきコケたでしょ。」
    なっ!?見られてたっ!!恥ずかしい..
    「は、い。」
    カァ///
    「それで、こけた時キーホルダー落としたよ!大丈夫だった?」
    「あ!嘘..落としてたなんて。ありがとうございます!ほんと、感謝です!何でもしますよ!!」
    「なんでも??ニヤッ」
    「え?はい。」
    「じゃあこーしてもらおうかな。」
    そういったあとその人は、キスをした。
    「んなっ..。何するんですかぁ!」
    でも、嬉しいのは何でだろう。懐かしさを感じた。
    後から聞いたらその人はずっと大好きだった、従兄弟のお兄ちゃんだった。

    きゅん

    4

    蒼依ς➹さんをフォロー

    通報する

  11. 【魅惑のプリズナー あの頃その3】



    「アリサ、ちょっと待って」

    2人並んで登校中、アサヒに呼び止められて素直に立ち止まる。

    ふわりと柔らかい、彼を象徴するような香りを感じながら、近くに寄った弟に身を寄せる。


    「少しじっとして」

    曲がっていたのか、私のネクタイを直してくれる。

    満足そうに離れていく手を、掴んで引き止める。

    名残惜しかった。

    そんな私の思いはきっと、彼も分かっているだろう。

    ふっと笑って頭を撫でてくれる。


    「アサヒ、遅刻するよ」

    「ん、そうだね」

    「……いいの?」

    「僕の優先はいつでもアリサだよ」


    ぽんぽん、と軽く撫でてアサヒの手が遠のく。

    優しい眼差しを一身に受けて、嬉しいけど何かが違う。


    「アサヒ、好き」

    「僕もだよ」

    何気ないやり取り。

    嘘ではないけど、真実味もない。


    姉弟の関係は、私たちをいつまでも縛り付けるんだ。

    きゅん

    1

    妃芽乃さんをフォロー

    通報する

  12. 「姉ちゃん」

    「んっ?なに??」

    「俺の夢見つけた」

    「そういや進路相談で苦戦してたもんね」

    「うん。聞いてくれる?」

    「おう!姉ちゃんが聞いてあげる!」

    「引かない?」

    「引かないよ!弟の夢だもん!」

    「あのね。。」

    「うんうん!(キラキラ)」

    「姉ちゃんの夫」

    「はっ?」

    「だから姉ちゃんの夫」

    「ちょっ、それは....」

    「引かないんじゃないの?」

    「そーは言ったけど、、」

    「覚悟しててね?」

    きゅん

    4

    きょん氏さんをフォロー

    通報する

  13. 空き教室の真ん中で冷たい床の上に寝転がる。

    そのままぼーっと天井を眺めているとひょこっと顔が現れる

    「桜雨…ここに居たんだ。」

    『…柊雨…』

    柊雨と呼ばれた男の子はニコッと笑うと桜雨の隣に寝転んだ

    「…また…考え事してたの?」

    桜雨は無言で、何も答えることはしなかったが双子である彼はその無言で理解出来たのだろう。

    「…桜雨。…今だけは2人だけの時間を満喫しよーよ…いつ、この時間に終わりが来るかわからないから。」

    その言葉に桜雨は柊雨の方へと顔を向けると柊雨も桜雨の方へと顔を向けた

    この時の彼は…未来をなんとなく予知していたのだろう。

    『…うん。』

    桜雨はしつこく聞くことはせず、柊雨を抱き寄せて目を閉じる

    柊雨も目を閉じて、束の間の幸せを噛み締めた。

    きゅん

    1

    ミネルバの黒髪さんをフォロー

    通報する

  14. 私には秘密がある。

    それは、双子の弟と付き合っている、ということ。

    でも、血はつながっていない。

    親の再婚相手の子どもが、香織だった。

    だから、親にも秘密。

    トントン。

    「朱莉ちゃん。」

    「なぁに?」

    「香織くんからだって。」

    え?香織?手紙....

    手紙を開くと、そこには、

    [好きだよ]

    の文字。

    [私も。]

    すぐに書いて渡してもらった。

    無性にうれしくなって誰にも気づかれないように「好き」とつぶやき、

    ほほえんだ。

    きゅん

    1

    篠崎 千花さんをフォロー

    通報する

  15. 理由あって養父母の家で育てて貰ってる私

    養父母の子供達は何かと私をいじめてくる

    「おい!沙夕里!なにちんたら帰ってんだよ。早く帰って兄貴の部屋、片付けんじゃなかったのかよ」

    そう声をかけてきたのは次男の雅人だ
    「わ、分かってる」
    「はー?俺にそんな口聞いていいのか?」

    私が実の兄弟じゃないからって…
    シンデレラのように扱って…

    俯く私を見てため息をつく雅人。
    「…やっぱ帰んな」
    「え?」

    振り向こうとした時、後から優しく包み込まれた

    !?
    「兄貴んとこに行かせたくない」
    「な、なんで!早く片付けないとお仕置きって言われてるんだけど!」

    焦っていて義兄に他言禁止と言われたことを言ってしまった

    「は?お前それっ!……いいよ、俺が片付けの事なんて考えられないようにしてやるから」

    そう言って雅人は無理やり私の唇を奪った

    「んぐっ!?」
    その後は片付けの事なんて頭の中になかった

    きゅん

    4

    氷高 ノアさんをフォロー

    通報する

  16. 「ボクを1人にしないでね、おねえちゃん。」


    耳元。
    触れそうで触れない唇は、
    薄い皮膚に淡い熱をそっと吹きかけてくる。

    きゅん

    1

    皇貴かなめさんをフォロー

    通報する

  17. 「なにこの美しい悲劇。
    とっても・・・・・・笑えるね。」

    放課後の教室。俺はひとり、そう呟いた。

    きゅん

    1

    皇貴かなめさんをフォロー

    通報する

  18. なんて美しい悲劇、笑えるね

    きゅん

    0

    皇貴かなめさんをフォロー

    通報する

  19. 「・・・・・・はははっ。
    なにこの美しい悲劇。
    こんなの・・・俺が壊してあげるよ。」

    きゅん

    0

    皇貴かなめさんをフォロー

    通報する

  20. 「・・・・・・はははっ。
    なにこの美しい悲劇。
    こんなの・・・俺が壊してあげる。」

    きゅん

    1

    皇貴かなめさんをフォロー

    通報する

  21. 「ねぇ、次はいつ帰ってくるの?」


    この質問は何回目だろう。そして何回僕は傷ついているのだろう。

    物心付く前から一緒にいる僕たちは所謂、幼馴染で…気づいた時には君が全てだった…それなのに


    「わたしね…彼のことが好きなの」


    帰り道、頬を赤くしながら君が口にしたのは僕の兄の名前だった。

    君を見ていたからその言葉はすぐに理解できた。

    分かっていた。僕を見る目と兄を見る目の違いに。

    どうしても認めたくなかった。

    既に自立して家を出ている兄より僕の方が

    君の傍にいて一緒に出かけて一緒に笑って時には愚痴だって聞いて…

    …僕の方が君の事を分かっているのに


    「早く会いたいな」


    それでも兄の話をする時にだけ見せる顔がとても綺麗で僕は君の瞳に映らないと実感する。


    『知らないよ…いつ帰ってくるんだろうね』

    君が困ることは言わないから…少しだけ意地悪することを許してほしい。

    きゅん

    10

    咲幸 唯華さんをフォロー

    通報する

▲