ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 拓人...。約束はどこいったの。
    拓人は昔隣の家に住んでた同い年の男の子。小学生の時両親の離婚がきったかけで引っ越したきり会ってない。別れ際に拓人から言われた約束を私はずっと覚えてる。
    「将来、迎えに行ってやる
    約束だ!」
    って小学生なのに心強くて...。

    『早く迎えに来てよ』
    ガチャ 扉が開いた...近づく足音...
    「迎えに来たぞ」
    『...。ぇ??』『た、拓人...』
    「遅くなってごめんな」
    そう言って優しく抱きしめてくれた
    『...。ぅ~遅い...。』
    「ごめんって
    あの時の約束覚えてる?」
    『覚えてるに決まってる』
    『ずっと逢いたかった...』
    「俺だって逢いたかった」
    「好きだ、付き合ってくれ」
    『...はい。離れてた分幸せにしてくれなきゃ許さない!!』
    「わかってるよ」

    それから5年後、
    私達は結婚しました。

    きゅん

    16

    ぴょんぴょんこさんをフォロー

    通報する

▲