ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 今日はホワイトデー、私も一応好きな人にバレンタインデーのチョコは渡したけど、彼は人気者。
    きっとお返しなんてチョコの数が多過ぎて用意してないよね...
    キャーーーせんぱーい
    黄色い声が飛び交う体育館
    その声を浴びている人こそが私の好きな人
    バスケ部エースの篠宮涼先輩
    みんなの後ろの方で体育館を見ている私そろそろ帰ろうそう思い、歩き出した時
    グイッ え?
    「予定なかったらさ、一緒に帰りたいんだけど」
    「え?」
    「あのさ、チョコくれたじゃん?その、お返しっつーか、ちょっと話あんだ」
    「わかりました」
    「待たせた」
    「いえ、それより話って」
    「あぁ、そのさ、俺ずっと君が居るの体育館の中から見えてたんだけど、いつも離れたところにいるじゃん?それがなんか可愛くてさ、ずっと気になってたんだ。俺と同じ気持ちなら付き合って欲しいんだけど。」
    「...はい/////是非」

    きゅん

    21

    りいくさんをフォロー

    通報する

▲