ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 13915件ヒットしました

  2. 16年間の恋の行方〜片想いを卒業します〜


    ーお昼休み。

    図書室で会った三川君と教室に戻ろうと廊下を歩いていた。

    「あ……」

    三川君が声を上げた。

    「ん?どうしたの?」

    「あれ、川瀬さんの幼なじみじゃない?」

    「どれ……?ほんとだ」

    そこにいたのは幼なじみの颯太。

    あれ?隣に誰かいる

    「隣にいるのってバスケ部のマネの佐々木さん?」

    「……うん。みたい」

    二人は楽しそうに会話をしている。

    ーズキッ

    胸がズキズキと痛い。

    その場から動けなくて二人のことをじっと見つめる。すると、颯太から佐々木さんに顔を近づけ何かを言っている。二人とも顔を赤くして。

    「……っ」

    ショックだった。

    「川瀬さん。こっち向いて」

    三川君にぐいっと引っ張られたかと思うとほっぺにキスをした。

    「……ちょ、今…」

    「忘れなよ。あんなやつ」

    そう言うと真剣な顔で私を見つめた……。

    きゅん

    1

    nonnoさんをフォロー

    通報する

  3. 放課後生徒会室

    萌 「しー君お待たせっっ!早く帰ろ?」

    し 「・・・・」


    萌 「しー、、君?」


    萌 「しー君?何かあったの?私頼りないけど相談くらっ!?」


     ギュっ 
         抱きしめられて、、る?!



      しー君は私から離れると見たことないような怒った顔をしてた


    萌 「やっぱり何かあった?今日のしー君へ、、」


    し 「きょう、、」


    し 「今日の数学の時誰としゃべってったの?」


    萌 「田中君だよ?」


    し 「萌はそいつが好きなの?」


    萌 「大切なお友達だよ?」


    し 「そっか。」


    し 「じゃ、暗くなってきたし帰ろっか!今日おばさんが萌が好きなカレー作って待ってるって言ってし。」


    萌 「カ、カレー!しー君早く帰んなきゃ!」

    し 「そうだねw」


     バカな私は気ずかなかった。しー君が「あの男は生かしておけないな」なんてつぶやいてたことに。

    きゅん

    0

    セロリぃーさんをフォロー

    通報する

  4. 周りから聞こえた、いつもの悪口に、何故か今日は耐えられなかった。

    溢れてくる涙を隠すように、優雅が抱きしめてくれた。

    「こうすれば、俺にも、誰にも見えませんよ」

    優雅の新たな一面に触れた気がして、その優しさに甘えて、たくさん泣いた。

    きゅん

    0

    wacaさんをフォロー

    通報する

  5. 幼馴染みの彼に告白されるまでのシーンを書きたいです。
    アイデアやアドバイスお待ちしております!!
    こんな風にして欲しい!という意見を聞いた上で考えます

    きゅん

    0

    果実さんをフォロー

    通報する

  6. 私「ああ〜、やっと1人になれた」
     
     大勢の人間と関わることが嫌いな私は、お昼休みになるとお弁当を持って屋上に駆け上がる。
     ここまでくる階段が、ギシギシと音を立てるから、ここには誰も来ない。安心して、卵焼きを食べようとしたそのとき。

    しゅん「お。いたいた!」

     けれど、私の楽園は崩壊した。一番嫌いで、面倒くさくて、一番頭の悪い、私の幼馴染の、しゅんが目の前に立った。

    しゅん「俺さ、今日弁当忘れたんだよね」
    私「だから何?」
    しゅん「お弁当、ちょうだい」
    私「他の女子をあたって。私じゃなくてもいいでしょ」
    しゅん「お前の卵焼き美味しいしさ。他の女子がくってるのは大体親に作ってもらっ
        てんだよ。お前は自分で作ってるだろ?だから安心して食べられる」
    私「どういう意味?」
    しゅん「俺のアレルギーも把握してんだろ?」
    私「そういうこと」

     私はしゅんのお弁当を作る羽目になった。

    きゅん

    0

    初恋さんをフォロー

    通報する

  7. 「あ、ひなた!見つけた。」


    私の幼馴染は、いつも屋上にいる。

    学校でもイケメンで
    モテモテのひなた。

    私しか知らない私だけの秘密。


    「ふぁ〜寝ちまった。いてて。」

    「もう、先生に怒られるよ?」


    手を指し出すと、いつものように
    その手につかまって身体を起こした。


    「ハイハイ。分かったよ。母ちゃん♪」

    「もうっ!私、お母さんじゃ…」



    ぐいっ!



    …ドキンドキン



    気づいたら引き寄せられて
    ひなたの胸の中にいた。



    「俺の大事な幼馴染…だよな。」


    腕の中で頭ぽんぽんされて
    心が満たされていく。



    「うん…」

    「幼馴染…だけ?」


    抱きしめられた腕に力が入る。


    「普通の幼馴染は、こんなことする?」


    その手が制服の下から
    太ももを撫で上げる。


    「あっ…///ひなたっ…」

    「好きだよ…」


    …そう
    彼は私の大好きな彼氏…♡

    きゅん

    2

    宮野原しあさんをフォロー

    通報する

  8. 「はぁっ……はぁっ……」


    もうっ……私ったらまた困ってた先生の荷物運びつい手伝っちゃった!

    おかげで最終下校時間まであと3分で廊下を全力疾走。

    やっと下駄箱に着いたと思えば、クラスメイトけん私の彼氏の朔(サク)がいた。


    「朔!? 何やってるの、もう門閉まっちゃうよっ!」

    「傘忘れた&亜美待ってた」


    ドキッ……

    って……雨降ってるの!?


    「ご、ごめん朔!私も傘持ってない!」


    そう謝ると、朔は一瞬機嫌悪そうな顔をしたけど、ため息を着いたあと鞄から折り畳み傘を出したの。


    「予想外。ほら、帰るぞ」

    「え、あの朔?傘忘れたって言ってたよね?」


    そう聞きながらも朔の傘にヒョイっと入る。


    「あっ!まさか朔、私と相合傘したかっ……んっ」


    朔は私の言葉を止めるように口付けをしてくる。

    何度も降ってくる甘いキスに、とろけそうになる。


    「続きは家で、な?」

    きゅん

    2

    ふわらん♪さんをフォロー

    通報する

  9. 奏多はとってもモテる。
    「菊田先輩、
     ちょといいですか?」
    ほら、今日も朝から声をかけられてる。
    奏多が他の子に告白されるのなんて聞きたくない。
    奏多をおいて歩いて行こうとすると、奏多は私の手を掴んで引き留めた。
    「こいつも一緒じゃなきゃ聞かない。」
    なんで私のことを捕まえるの?
    もっと好きになっちゃうじゃん。
    「菊田先輩、好きです。
     付き」
    「あぁ、俺さ彼女はいらないから。」
    女の子の告白を遮り、奏多はいつものセリフを言う。
    どんなかわいい子からの告白でも、『彼女はいらない』って断ってしまう。
    奏多が彼女を作らない理由ってなんだろう?
    「歩華、行くぞ」
    私の手を掴んだままだった奏多にくいっと引き寄せられる。
    ぼーっとしてたから、奏多にぶつかってしまった。
    必死に普通な振りしようとするけど、ドキドキが止まらない。

    ねぇ、奏多がこんなことをするから、私、いつまでも、諦められないんだよ?

    きゅん

    0

    みゅうさんをフォロー

    通報する

  10. 伊織目線


    幼なじみの凛は、気づいていない。俺が頭がおかしくなるほど君が好きだってこと。だから、雨の日は、チャンスわざと傘を忘れる。

    「凛ちゃーん傘入れて!」
    「伊織は忘れん防だね」
    いつも今日は告白しよう!   今日は告白しよう!毎日考える。でも、凛は気づかない。
    いつになったら俺を男として見てくれる?
    鈍感

    きゅん

    0

    ノエルさんをフォロー

    通報する

  11. 「あぁー雨降ってる…」

    今日傘持ってきてないよぉ

    「もしかして傘ないの?俺傘あるし、一緒帰ろ?」

    そう言い、蓮(れん)は歩きだした。
    今、この状況ってあいあい傘してるよね?!
    これは、チャンスだ!告白の…

    「ありがとう」

    「んっ?あぁ。杏(あん)?俺さぁ、お前の事好きだわ」

    えっ?んっ?なんか今さらっと何か言ったよね?
    理解した途端、顔が真っ赤になった気がする…

    「顔真っ赤だよ?やっぱ杏は、可愛いな」

    そう言いながら、私の頭をポンポンとなでた。
    えぇぇー?誰?私の知ってる蓮じゃない。

    「俺と付き合って欲しい。ダメか?」

    蓮は恥ずかしいのかあまり私の方をみてくれない。
    私だって告白するつもりでいたんだ。
    そんなの返事は、

    「私も蓮の事好きだよ。よろしくお願いします!」

    もちろんに決まってる!
    私は、嬉しさのあまり蓮に抱きついた。

    END

    きゅん

    1

    つきもちさんをフォロー

    通報する

  12. 「竜ちゃん大丈夫?」
    「うーん、大丈夫…」

    昼休み。幼なじみであり彼氏でもある竜ちゃんの様子を見に保健室によった。

    「なんか飲み物とかいる?」
    「じゃ、ポカリ……」
    「了解」

    心配しながらも学校の自販機にあるポカリを買いに行く。保健室に戻るとまだ寝ていた。ポカリをそっと置き教室に戻ろうとすると、

    「きゃ!」

    ぐいっと引っ張られベッドの中に引きずり込まれた。

    「……元気じゃん」
    「元気じゃねーよ。咲彩が足りない…充電して?」
    「えっ?ど、どうやって…?」

    恐る恐る聞いてみる。
    ニヤッと意味深な笑みを浮かべて私を見た。

    「キスして?咲彩から」

    トントンと唇を指でつついてくる。

    「!?ば、バカ!できないよ!」
    「え〜?じゃあ午後も授業サボろっかな」
    「〜〜もうっ!」

    どうにでもなれ!って感じでキスをする。
    ちゅ。

    「可愛いやつ…」

    彼は頬を染めながら私を抱きしめた…。

    きゅん

    1

    nonnoさんをフォロー

    通報する

  13. 「傘二本持ってたりする?」
    「うん、長い傘と、いつもリュックに入れっぱなしにしている折り畳み傘と」
    「じゃあ折り畳み傘貸して」
     なのにあいつ、私から借りた傘を友達に貸しやがった。
    「なに又貸ししてんのよ」
    「悪い悪い、あいつ持ってねぇって言うから」
    「あんたが傘盗まれたっていうから貸したのに」
     友達思いなのは知ってるけど、あんまりだ。
    「つーことで、傘、入れて」
    「はいはい」
     同じマンションに住んでいるので、仕方がない。

     帰り道は無言だった。顔は私のほうを向いているくせに、話題を振ってみても上の空だったから、諦めた。
    「傘、サンキュな」
     マンションに着いてようやく彼が口を開いた。
    「ごめん、俺、何も考えずに傘に入れてもらったけど、お前女だったな。髪とか、横顔とか、さっきくらい近づかないと気付かなかった」
     
    「今更だけど、お前のこと、初めて女として意識した」

    きゅん

    1

    ペスカさんをフォロー

    通報する

  14. 駅から帰る途中
    少し前に人がいた

    ひとつの傘にふたりで入ってた



    だんだん距離が縮まって
    近くまで行って
    綾ちゃんだってわかった

    彼氏と一緒だった



    気まずい…



    オレは歩く歩調を遅くした



    ふたりはオレに気付いてない



    マンションの下でふたりの足が止まった



    オレも少し手前で止まった



    綾ちゃんが背伸びをして
    彼にキスをした



    ーーー



    ビニール傘で透けて見えた



    息ができなかった



    彼も綾ちゃんにキスをした



    ーーー


    ーーー


    ーーー




    何度もキスして
    名残惜しそうにお互い手を振った



    オレは雨の中
    立ち尽くした



    彼がオレの横を通って帰った



    綾ちゃんの匂いがした



    キス、してんじゃねーよ…



    オレの方が先に綾ちゃんを好きだった




    『偽りのキス』より

    きゅん

    0

    蒼乃うさぎさんをフォロー

    通報する

  15. 朝のニュースでは降水確率10パーセントだったのに。

    「…どしゃ降り」
    「なんだよ、傘持ってきてねぇの?」
    「ない」

    隣の俊が意地悪く笑みを浮かべてくる。

    「じゃあ、俺のやるよ」
    「へ、?」

    珍しく優しいと思ったら、

    「俺は先輩の貸してもらうわ」

    耳元でそう呟いて、嬉しそうにすぐ横にいる先輩のもとへ駆け寄っていく。

    その姿を見て、握らされた傘を持つ手にギュッと力がこもった。

    「なにー、傘ないの?」
    「そうなんすよ、先輩と一緒に帰っていいすか?」
    「しょうがないなー」

    聞きたくもない会話が耳を通り、私の胸を苦しくさせる。

    「先輩、これってあいあい傘ですよね?」
    「ふふ、そうね」

    傘に隠されて、歩きだしたふたりの顔が見えなくなった。

    だけど、きっと、俊は、少し耳を赤くしながら楽しそうに笑ってる。

    傘なんていらない。

    ただ、私だって、俊にそんな表情を向けられたかった。

    きゅん

    1

    音咲リアさんをフォロー

    通報する

  16. 「最悪…。傘忘れたし…」
    ボソッと呟く。
    朝は雨が降るなんて言ってなかったのに今は見事にザーザー降りだ。

    どうしようかな。濡れて帰るか。
    なぜだか分からないけど今日は1人で帰りたい気分。友達も先に帰ったし、幼なじみの駿は絶対にきてくれないと思うし。

    えぃ!と勢いよく走り出す。

    「お、わっ」
    「きゃ!」

    角を曲がったところで誰かにぶつかる。

    「ご、ごめんなさい!私前を見てなくて…」

    情けない。雨が降っている上に人にぶつかるなんて。

    「美紀?お前、何してんだ?」
    「え?駿?どうしてここに?」

    顔をあげると駿がいた。

    「おばさんに迎え頼まれたんだよ。傘持ってないからって」
    「ありがとう」

    お礼を言うとぐいっと手を引いて起こしてくれた

    「もっとこっち寄れ」

    ぐっと私を駿の体に近ずける。
    ドキドキ。

    「迎えきてくれてありがとね」
    「別に」

    なぜだか無性に照れた。

    きゅん

    5

    nonnoさんをフォロー

    通報する

  17. 私の幼なじみ伊織は忘れんぼう。いつも何か忘れる。今日だって傘を忘れたの。だから、 
    「凛ちゃーん傘にいれて!」
    と言ってくる。だから、笑って
    「いいよ。」って、言っている。
    でも私は、小さい頃から伊織が大好き!本人は、私の気持ちに気づいていない。
    早く気づいてよ、馬鹿!

    きゅん

    3

    ノエルさんをフォロー

    通報する

  18. 今日はすごい土砂降りだ。
    靴を履き替えて傘を持って出ようとすると
    傘をもたず、


    濡れて帰ろうとする幼なじみの彼女がいた

    「ばか、傘にはいれ風邪ひく」


    「…けーくん。」


    「…ほんと、ばか。濡れて…」


    「えへ、傘壊れちゃって
    不器用だから」



    「どんだけ、不器用なんだよ…これからは
    ちゃんとおれを呼べよ」



    「…ありがと、けーくん。」


    シャツ…すけてるし。
    周りのやつチラチラみてるし

    むかつく



    「今日、俺ん家来て」



    「…ん、」




    「けーくん。いま、なんでキス…」


    「見せつけたの」



    俺のだから。

    きゅん

    3

    せらねこさんをフォロー

    通報する

  19. 「うぅ…どうしよ」

    「雨降っちゃってるよ…」

    濡れて帰るしかないよね…

    なんて立ってると

    「澪?」

    私の名を呼んだのは幼なじみの普だった

    「こんなとこで何してんだ?さっさと帰んねぇーと暗くなるぞ?」

    帰りたいのはやまやまなんだけど、雨降ってるし…

    「傘持ってねぇーのか?」

    「うん。忘れちゃって…普は持ってるの?」

    「あぁ」

    普に入れて欲しいけど

    普のことだから絶対に嫌がるよね?

    仕方ない、濡れて帰るか。

    と思って外に出ようとした時だった

    「待てよ。お前、濡れて帰る気か?」

    なんて普に手を捕まれ

    「しゃーねぇーから…入れてやる」

    なんて言われた。

    嘘…普がそんなこと言ってくれるなんて…

    と思い、お礼を言おうとして顔をあげると

    「こ、こっち見んな!」

    なんて目を隠された。

    けど少しだけ見えた。

    普の顔が真っ赤な姿。

    ほんとに照れ屋なんだから。

    きゅん

    2

    心紅✰さんをフォロー

    通報する

  20. 「振られた!」私は大好きな先輩に降られてしまった。
    外へと駆け出した私。
    しかし
    「雨、降ってる」
    最悪…傘持ってきてないよぉ。
    あーあ、なんかカッコ悪いな。
    「濡れて帰ろう」
    そう呟き、歩き出した。
    冷たい…「もう涙が、出てくるよ」
    溢れ出す涙を拭き取った。

    すると
    「璃子…!」
    聞き覚えのある声が私の名前を呼んだ。
    声がする方を見た。そこには…
    「霖人くん…?」そう、私の幼なじみの霖人くんが立っていた。
    「何してるの?風邪ひいちゃう」
    と、優しい口調で聞いてくる。
    「霖人くん…!私…」鼻をすずりながら霖人くんに泣きついた。
    「あぁ分かってる…」
    温かく気持ちかった。
    そして「璃子…俺じゃあダメ?」と聞いてきた。「え?」私はポカーンとした。
    「俺なら絶対に悲しませない」と霖人くんが続けた。そんなこと言われたら好きになっちゃうじゃん。「いいよ…君がいい」
    私達は相合い傘をして帰った。

    きゅん

    0

    .∩RITZ∩.さんをフォロー

    通報する

  21. 雨の日だって知っていたら絶対に傘を持ってきていたのに。

    ふんふん♪と鼻歌を歌いながらご機嫌な様子でこちらに近づく、高身長の和装男子。
    周りの人がチラチラと彼に注目する。

    嘘だろ、何で来たんだよ!!

    「『じゃのめでおむかえうれしいなー♪』
    傘がなくて困ってたでしょ?迎えに来たよ。嬉しい?」

    悪戯が成功したかのようにニヤッと笑って、私の反応を見る。

    「ど、どうもありがとう。で、私の傘は?」
    といって手を出すが、何もこない。

    「ないよ?」
    「何しに来たの!」
    「言わせないでよ、一つの傘で一緒に帰るため♡」
    肩を掴まれて強引に傘に入れられた。
    「やだよ」
    傘からスッと抜けようとするも
    「えー、濡れたら風邪引くよ?風邪ひいたら優しいお兄さんが看病してあげるけど?」
    「不本意ながら、一緒の傘で帰らせていただきます」
    「えー」

    でも、一緒に帰るのは嫌いじゃないよ。

    絶対に言わないけど。

    きゅん

    0

    みなみ こよくさんをフォロー

    通報する

▲