ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 1件ヒットしました

  2. これは私の事を書いてます、
    夏休み私と親友は市民プールに出掛けました。
    あのときはカッコイイひとやなぁとしか思ってませんでした。
    まさか自分が16歳も歳上の人に恋をするなんて思ってもなかった。 
    でも好きって気づいたときには遅かった。
    私は4ヶ月経った今でもあの人の笑顔を忘れられません。
    市民プールが終わって今まであの人の事を忘れたことはありません。
    毎日寝る前に後悔してます。
    あのときはもっと笑えてればとか、色々話したりしとけばって。

    今度これを小説にするか迷ってます。
    読者様にリクエストがあれば書くつもりです。
    ここまで読んでくれてありがとうございました!
    はじめてこれを書いたので暖かい目で見守ってください。

    きゅん

    2

    祈乙璃(いおり)さんをフォロー

    通報する

▲