ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 秋。色んな人を巻き込んだ夫婦喧嘩を終え、私達はプライベートパークに遊びに来ていた。
    「凄いね、ここ」
    「祖父が妻と過ごす為に作ったそうだよ」
    「…家族の為じゃなく?」
    「ためじゃなく」
    「そこは嘘でもいいから、家族の為だって言ってほしいよね」
    「俺の先祖だぞ?有り得ねぇ」
    堂々と言ってのける夫に膝を差し出し、私は紅葉が舞い散る下で遠くで走り回る子供たちを見た。
    「相馬も遊べば?」
    「お前と二人で過ごしたいから、いーの」
    「…良くないでしょ」
    「おい、一ヶ月ぶりだぞ?夫を甘やかせ」
    「え、やだ」
    「お前はそういうやつだもんな…」
    「逆に、何を私に期待してるの?」
    「いや…別に」
    黄金彩られた紅の中。
    「なぁ、沙耶。今なら生まれてきて良かったと思えるか?」
    私の夫は、私に訊ねる。
    「そうね…」
    生きているのが辛かった日々は嘘のように。
    私の日々は満ち足りて。
    「今は…」
    物語は今日も続いてく。

    きゅん

    4

    神楽夜翠さんをフォロー

    通報する

▲