ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 2件ヒットしました

  2. 中学校生活初日、私は自分の教室に向かっていた。

    どん!

    しまった、誰かにぶつかってしまった(゜ロ゜)

    「ごめn」

    「大丈夫?」

    「だ、大丈夫。ありがとう」

    ぶつかってしまったのはちょっと私より背の高いイケメンだった。

    「じゃあ気をつけてね」

    「うん。ほんとにごめん」

    「大丈夫。気にしないで。じゃあまた。」
    そう言って彼は去っていった。

    私はしばらく教室に行くのも忘れて、そこにぼーっと突っ立っていた。

    きゅん

    2

    LuvHIさんをフォロー

    通報する

  3. 田中くん‥なにしてんだよ。
    奏‥頑張ったごほーびやろ!
    田中くん‥はあ。
    奏‥はよ!
    田中くん‥‥ポンポン ようがんばったな。
    奏‥あんなぁ!頭ぽんぽんわな、ぐしゃぐしゃにすんのとちゃうねん。
    田中くん‥はあ。
    奏‥もーいっかい!
    田中くん‥え。Take5?
    奏‥はよせえ!
    田中くん‥はあ。

    きゅん

    2

    alien_12さんをフォロー

    通報する

▲