ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 幼なじみの翼と付き合って約8カ月
    今まで恋人っぽいことをしたことが1度もない。

    前だって数週間前から水族館に行こうって言ってたのにドタキャンして他の子と遊んでるし。

    本当に私のこと好き…?

    翼に1つ言ってないことがある。
    それは自分の病気のこと。

    余命宣告までされた。だから、1回でも恋人っぽいことをしたい。

    そんなある日…
    「なんでお前俺に病気のこと言わなかった!!!」
    鬼の形相で翼は自室に入ってきた。

    「心配かけたくなかった…」

    「俺、小さい頃からお前のことずっと見てきたのに気づいてやれなくてごめん。もういい。この際遠回しにしてたけど全部言う。俺がお前との約束を破って他の女といたのは嫉妬して欲しかったから。他の女なんて興味ない。毎日お前しか頭にない。だから一生一緒に生きよう。」

    (え、それって…)

    「婚姻届今から書こうぜ」

    きゅん

    21

    *星桜*さんをフォロー

    通報する

▲