ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 今年もチョコの時期がやってきた。

    この時期にしかゲットできないチョコが沢山あって、ワクワクする。

    同じクラスの男子の井上もチョコ好きだ。

    珍しいチョコをゲットしたいけれど、女子だらけの売り場に一人で行くのはしんどい、と言う。

    ……確かに。

    ならば一緒に行こう、と言うことになった。

    目立たない格好で行くと井上が言った。



    待ち合わせの場所。

    まだ、井上は来ていないようだ。

    「遅い!」
    と、そばにいた可愛い女の子が私に怒った。

    「もしかして……井上?」

    「そう」

    私より女の子らしい。

    ボーイッシュな格好できた私の方が男の子みたいだ。

    井上って、こんな綺麗な顔してたんだと、みとれてしまった。

    お陰で何の問題もなく、お目当てのチョコをゲットできた。

    「今日は本当にありがとう」
    と、レアなチョコを私にくれた。

    「ハッピーバレンタイン!」
    と井上が可愛く微笑んだ。

    きゅん

    6

    緒莉香さんをフォロー

    通報する

▲