ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 桜が舞う中

    2人の時間が

    再び

    止まった。

    今日ここにいるということは

    互いが夢を叶えるために

    計り知れない程の努力を

    続けてきた証であり

    互いに愛していたけれど

    夢のために別れた2人の想いが

    報われたことを

    意味していた。


    彼の顔を見た瞬間

    彼女は思わず

    彼の胸へと飛び込んだ。

    1年半ぶりだけれど

    彼の匂いも

    腕の感触も

    全く忘れていなくて

    懐かしさを覚えた。


    "ばーか。"

    知らない人からすれば

    一見中傷ともとれるその言葉が

    2人にとっては

    '愛'言葉だった。

    "うるせー あ ほ"

    互いの変わらぬ想いを

    確かめるには

    十分だった。


    そして誓った。

    "愛してます。

    俺と結婚してください!"

    "はいっ喜んでっ!"

    満開の桜が見守る中

    2人は誓いのキスをした。


    "これを運命と呼ばずに

    あなたは何と呼びますか?♡"

    きゅん

    8

    A :)さんをフォロー

    通報する

▲