ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 982件ヒットしました

  2. 「お疲れ様でーす」

    俺はいつものようにバッシュをぬいでふと、窓の外を見るとすっかり暗くなっていた。

    「…」
    隣の女子バスケ部は大会が近いらしく、まだ少し練習するらしい。

    ふと、凛(りん)の方へと目を向ければ汗だくで必死に走り回っていた。

    …外で待つか…

    「…まだ夜は寒い…」

    実は凛は俺の彼女で、今日は3月14日。

    …なんていって渡そ…

    「あれ?真琴(まこと)まだ帰ってなかったの?」

    「…お前待ってた」

    「うそ!ごめん、ありがと!」

    凛は素直で、可愛くて、

    俺なんかにもったいないくらい…

    いつも彼氏らしいことしてやれなくてごめん

    「凛」

    でも今日くらいは、

    「大好き」

    「へっ、何?熱でもあんの?!」

    「は、は?!ねーよ、これホワイトデー。」

    「え、うそ。ありがとうっ」

    「あと…」


    凛が俺で良かったって思ってもらえますように。

    「私も大好きっ」

    きゅん

    4

    一 織さんをフォロー

    通報する

  3. 「お待たせ!弥生。」


    「遅いよ壮馬!」


    「ごめんごめん。あ、これ。」


    「え?バレンタインデーのお返し?ありがとう。」


    袋を開けると、小さなチョコ3つとクマのストラップが入っていた。

    「そろそろ帰ろ!遅くなるよ~。」

    「なぁ、弥生。」

    「何?」

    私が振り返ろうとした瞬間、後ろから抱きしめられた。

    「え?ちょ、壮馬!?」


    「俺、お前が好きだ!俺と付き合ってください!」

    (え?嘘・・・・。壮馬が私を?)

    そして、私を振り向かせて真剣な眼差しで見つめる壮馬。

    「これが俺の想いです。俺の想い受け取ってくれませんか?」

    私は、照れながらも、きちんと自分の気持ちを伝えた。

    「もちろん!」

    3月14日。ホワイトデーの日。

    私達は、幼なじみから恋人になりました。

    きゅん

    9

    十六夜 明さんをフォロー

    通報する

  4. 「今日来てくれてありがとうございます!ホントに本が好きなんですね」

    「あっ、その本僕も読みました。面白いですよね!
    この本、僕のおすすめです!読んでみて下さい!」

    「ここで読むんですか?早く読んでみたい?じゃあ僕も隣で本を読んでいてもいいですか?」

    「ありがとうございます!後でお互い感想を言い合いっこしましょうね!」



    「読み終わったんですか!?早いですね。どうでしたか?」

    「よかった。気に入ってくれて。あなたが図書室にくるのをよく見かけてオススメの本を探しといて正解でした!」

    「真剣に本を読んでいる姿がとっても素敵だったんでいつかお話したいと思っていたんです」

    「また来てください!もっと本のお話したいです。それと、本じゃなくて君のこともよく知りたいです!ダメ...ですか?」

    きゅん

    3

    夜桜 美琴さんをフォロー

    通報する

  5. 今日先輩が卒業する。
    先輩は生徒会で一緒に仕事した仲間。忙しい行事の仕事、他の生徒の悩み相談でいつも忙しかった。私はそんな先輩が憧れだった。

    4月からはそんな先輩のあとをついで私は生徒会長になる。先輩たちの分も生徒会の仕事がんばらなきゃ!


    「先輩、卒業おめでとうございます!大学に行っても頑張ってください!」

    「おう!お前も生徒会の仕事頑張れよ!応援してる」

    「ありがとうございます!」

    「それともう一つお前に言うことがある」

    「なんですか?」

    「来年、俺と同じ大学に来い!俺はもっとお前といたい!来年の春からは後輩じゃなくて、俺の彼女として」

    「えっ?それって...!」

    「鈍いやつだな。そのまんまだよ。俺のこと好きなんだろ?もうとっくに気づいてるよ。来年、待ってる」

    先輩はそう言い残して帰って行った。まさか気づかれているなんて。来年頑張らないと。

    きゅん

    5

    夜桜 美琴さんをフォロー

    通報する

  6. 『玲くーん!夕だよー!玲くーん!』
    私(夕(ゆう))は夜の教室に来ていた。
    そう、彼氏の玲(れい)君に会うためだ。
    『あ、夕ちゃん!今日も来てくれたんだね!嬉しいよ!』
    と、玲君は教室の奥から姿を表した。
    『今日は授業で発表頑張ってたね!凄かったよ!』
    と、玲君は近付いて来る。
    『ありがとう!実はちょっと予習頑張ったんだ!玲君に褒めてほしくて!』
    そう言って私は笑う
    『あー!もー!可愛いなぁ…夕ちゃんは…』
    そう言うと玲君は後ろから抱き着いてきた。
    だけど、抱き着かれている感覚がしない。
    それもそうだ。何故なら玲君は幽霊だからだ。
    だから触れた所は冷たい。
    透けているから触れると言って良いのか分からないけど、玲君にこうされるのが凄く嬉しいのだ。
    玲君とは出会った時は怖がりあってたけど、今は相思相愛だ。
    『玲君、キスしたい!』
    『いいよ!夕ちゃんのお願いなら』
    すると、唇に冷たい感覚がした。

    きゅん

    3

    ReiditStarさんをフォロー

    通報する

  7. ねえ、今日オレに渡すものない?

    えー!ないの!?
    何をって。問題です!今日はなんの日でしょう。

    バレンタインでしょ?って分かってるじゃん!それならほら、愛するオレにチョコは?えっ、ないの!?

    なんで?なんでないの!?俺のこと好きじゃないの?

    ん?何笑ってんの?まさか俺を騙してたのか!

    まじでびっくりしたわ!嫌われたかと思った。
    まだ笑ってるし...。

    そのタイミングでチョコ渡すって...。
    分かった。そんなに笑いたかったら笑ってれば?ただし、後でどうなってもいいならね?

    きゅん

    4

    夜桜 美琴さんをフォロー

    通報する

  8. 放課後、屋上来てね💕


    突然義理の弟から言われた一言に驚きつつも、私は屋上に向かった


    お疲れ様
    待ってたよ、お姉ちゃん

    『お姉ちゃんって、同い年じゃないw』

    でも、義理のお姉ちゃんでしょ
    今日はね大切なこと伝えに来たの

    (なんだろう)

    『大切なことって何?』

    それは…


    彼は私と距離を詰めると突然私の腰にてをまわし、でこコツしてきた


    (ドキッ)


    義理のお姉ちゃんとなら結婚できるんだよ
    僕さぁ、お姉ちゃんの事好きみたい

    (えっ…突然どうしたの!?)

    『もう急に何…てか、離してよ』

    僕、本気だから

    (その距離で言わないでよ…)

    早く好きになってね


    手のかかる義弟に今日もからかわれてます‼

    きゅん

    5

    橘 紗夜さんをフォロー

    通報する

  9. 何話って?
    …どうしたの?

    (ちゃんと…ちゃんと言わなきゃ)


    私は思いきって全てを伝えた


    『私と別れて欲しいの
     もう長くないから、私』

    そんな…
    そんなの
    俺を頼ってくれよ
    俺って…そんなに頼りないのか?

    (違う…頼りなくなんて…)

    お前の背負ってるもの
    一緒にもつから…お前と

    『貴方を傷付けたくないの
     心から大切に思ってるから…
     お願い、分かって』

    (胸が痛いよ…ごめんね)


    突然彼は私を抱き締めた


    その言葉が聞ければいいんだ
    お前は一人じゃない
    俺がついてるから



    溢れる涙を止めるように彼はキスをした
    それは、とても深く
    私の不安を全て受けてくれるような

    きゅん

    4

    橘 紗夜さんをフォロー

    通報する

  10. なぁ…
    今日なんの日か知ってる?

    …正解
    俺の誕生日
    覚えててくれたんだ
    嬉しいな

    誕生日プレゼント何がいいか?
    そうだな~…

    お前が欲しい

    (えっ…ヤバい、きゅんとした)

    冗談かって?
    本気だよ


    彼は私の手を引っ張ると壁側に押し付けた


    これがその証拠

    チュッ

    照れちゃったw?
    可愛いな
    止まらなくなりそう…


    時間が止まればいいのに…強く思った、帰り道

    きゅん

    5

    橘 紗夜さんをフォロー

    通報する

  11. ここは因数分解して…
    ってちゃんと聞いてる?
    だから、ここの式は因数分解できるでしょ
    …そうそう
    やればできるじゃん
    じゃあ、ご褒美

    ギュッ

    可愛い反応するね
    また問題解けたらご褒美あげるね

    (次は何くれるのかな…補習だけど、これならずっとしてたいな)

    きゅん

    4

    橘 紗夜さんをフォロー

    通報する

  12. 帰るぞ…
    って、まだ準備できてないのかよ
    ったく、しょうがねぇな
    ほら、こっちやってやるから着替えてこいよ
    いいから、早くしてこい
    え?どうしてそんなに優しくしてくれんのかって
    決まってんだろ
    お前が…
    お前が好きだから…
    って、何度も聞き返すな‼
    早く着替えてこいと襲うぞw

    きゅん

    3

    橘 紗夜さんをフォロー

    通報する

  13. 「どうしたの?」

    今話してる相手はわたしの彼氏の蒼君

    「なぁー」

    なんだろう

    「俺たち別れね?」

    え、なんで?

    「なんでいきなりどうしたの?」

    「いやー、なんかお前と付き合ってんの疲れたんだよね」

    「意味が分かんないんだけど」

    「だから…」

    「俺と結婚しろよって言ってんの」

    「え、…」

    きゅん

    8

    夜空の星☆さんをフォロー

    通報する

  14. 今日は、待ちに待ったわけではないけど、奏と付き合って初めてのバレンタインだった。

    年中行事に疎い奏は、今日が何の日であろうと別にどうでもいいと思っているに違いない。

    でも私は彼女として、奏にチョコを渡すから。

    いろいろと忙しくて手作りは断念してしまったけど、その分少し高めのチョコを買ったからそれでなんとか許してほしい。

    「奏」

    隣を歩く彼の名前を呼んで、私はカバンから例のものを取り出して差し出した。

    「手作りじゃないけど我慢して」

    チョコの入った四角い箱を受け取ってくれると思ったのに、奏はなぜか私の手首を掴んで引き寄せた。

    反動で手から滑り落ちたそれが地面に叩きつけられる音がした時には既に、私は奏に唇を奪われていた。

    「キスできたから満足」

    ゆっくりと離れた奏は、地面に落ちたチョコの箱を手に取って小さく笑った。

    「玲香から貰うものなら全部嬉しいから。ありがとう」

    きゅん

    13

    夜桜冬希さんをフォロー

    通報する

  15. 手作りのブラウニーを手に、早6時間経過。

    放課後になって、みんなが帰っていって、残るは私たち2人だけ。

    振られたらって考えると、元のような友達関係で居られるはずがない。

    それでも、私はその恐怖に勝負をしかけたんだから、こんな所で怯みたくなくて。

    「ずっと前から好きでしたっ」

    ピンクのリボンがついたラッピングを、彼の胸に突き出す。

    顔は赤くなってるだろうし、手も震えてる。

    「俺にくれるの?」

    驚いた声で戸惑う彼に、私は首を縦に振り続けた。

    すると、私の体がふわっと浮いた感じがしたと思ったら、チョコと一緒に彼の胸の中。

    「Will you be my Valentine?」

    彼の胸の音が響いて、私のと混ざり合う。

    「俺も好き」

    凛々しい顔して緊張する彼に、今日も私は恋をする。



    Will you be my Valentine?
    -私と恋仲になってくれませんか?-

    きゅん

    7

    黒夜未桜さんをフォロー

    通報する

  16. バレンタインの今日
    私は鞄に入れた本命チョコを持って屋上に向かっていた…

    私が好きなのは保健医の先生だ

    他の先生から屋上にいることを知った私は
    チョコを渡す為に屋上へ続く階段を上っていた

    「…!?」

    階段を上がって屋上に出る扉を開こうとすると、話し声が聞こえて私は立ち止まった

    だれ…女子生徒…?

    覗くと小さな箱を先生に突き出したのを先生が断わっているのが判断出来た
    俯いてこっちに走ってくる生徒は私に気づくと泣き出して走り去っていく

    …私も断わられるのかな?

    そう思うと怖くなって、渡す勇気がなくなってしまった
    俯いていていると、いつの間にか現れた目の前の先生に肩が跳ねた

    ふられる心の準備、できてないよぉ

    そんな私の想いを知ってか知らずか、先生が「で?」と聞いてくる
    私はとっさに顔を反らす
    けれど、先生の一言に私は顔を上げた


    「お前からのチョコ、待ってたんだけど…」

    きゅん

    6

    美夜満さんをフォロー

    通報する

  17. 私の恋はとある日の悪ふざけから始まった…


    今年のバレンタインは平日で、昼休みに友達と食べるつもりでポッキーを買っていた

    そこへ仲の良い煌夜とともに二人の男子友達がまざり、ソレが始まった

    「ポッキーゲームでもするか!」

    「はぁ!?」

    「んじゃ。トップは煌夜くんと椿ちゃんで!」

    何で私と煌夜なんだよ…!

    「ちょっ… だれが椿なんかと…!」

    その言葉に私はムカッときて

    「なんかってなによ」と言い返すと、私は悪ふざけに乗ってしまった…


    後々_煌夜を好きになってしまうとは知らずに_


    「やってやろうじゃん。
    私だって別に煌夜なんかとしたって平気だしぃ」

    「椿てめぇ。…この勝負受けてたつ!」


    その一言で始まったゲーム


    顔が近づくにつれて、私は胸が高鳴っていた


    どうにか私が勝って、煌夜は笑われていたけれど


    内心では、

    私の方が先に負けていた気がする…

    きゅん

    2

    美夜満さんをフォロー

    通報する

  18. 〜放課後〜
    「桂、ずっと前から好きでした!付き合ってください!」
    廊下を歩いてたら偶然見てしまった光景。
    顔を真っ赤にしている同じクラスの高塚さん。
    突然告白されて少し戸惑っているヒロ。
    正に美男美女って感じ。
    「ごめん。俺、好きな人がいるんだ。だから、ごめん・・・・・・。」
    「そっか。うっ。うぅぅぅ。」
    廊下を泣きながら走っていく高塚さん。
    私は、何食わぬ顔で教室に入った。
    「ヒロ!一緒に帰ろ?」
    「日菜。ちょっといい?」
    「う、うん。何?」
    「俺、お前が好きだ!付き合ってください!」
    (え!?)
    「・・・・・・ダメか?」
    ううん。ダメなわけない。
    だって私は、あなたのことが好きだから!
    「私も、ヒロのことが好き!だからチョコ、受け取ってください!」
    「うん!喜んで!」ニコッ
    彼の笑顔を見て、私も微笑んだ。

    きゅん

    4

    十六夜 明さんをフォロー

    通報する

  19. 「おい、起きろ」
    声がして顔を上げると大好きな先生の顔があった
    「先生…」
    先生と私はまわりにバレないように付き合っている
    「…どーしてこんな時間までここにいたんだ?」
    「それは…」
    鞄の中にある先生へのチョコを見る
    今日は2月14日
    先生の為に作ったチョコレート
    でも…
    「課題終わらせてこうかなって…そしたら寝てたみたい」
    笑いながらそう言い、鞄を持って先生の横を通り過ぎようとした私の腕を先生にグイッと引かれる

    気づけば先生の腕の中にいた

    「俺、期待してたんだけど」
    「私の下手だし…他の人の方が上手だから…」
    「俺はお前のが欲しいんだよ」
    先生にそう言われ、渋々形の悪いチョコを取り出して渡す

    先生はチョコを取り出して口の中に入れた

    「美味しくないよね、ごめん…」
    顔を伏せると顎を上にあげられ先生の柔らかな唇が重なる

    「美味いよ、お前もこれも」

    先生からはチョコの甘い味がした

    きゅん

    9

    夜空月さんをフォロー

    通報する

  20. 2月14日 バレンタインデーの日
    小学校からの幼なじみ 桂 広鷹(かつらひろたか)に恋をしている引っ込み思案な性格の小野寺日菜(おのでらひな)。
    チョコを渡そうとしたけど、同じクラスの高塚仁奈(たかつかにいな)が広鷹に告白しているのを聞いてしまう。

    きゅん

    1

    十六夜 明さんをフォロー

    通報する

  21. 「もう卒業だね〜
    3年間あっという間だったよね」

    「そうだな」
    そう返事をしたのは私の幼馴染の輝。
    「もっとなんかないの?輝は!」

    「無いな」

    「はぁ!?もう卒業なんだよ!悲しくないの?」

    「だって、お前とはずっと一緒だろ?」

    「うん」

    「俺はそれだけでいいんだよ
    ってかお前と離れるつもりないけどな」

    「あっそ」

    「なんだ?照れてるのか笑」

    「ち 違うわよ バカ!」

    「まぁ そういうことにしといてやるよ」

    「そうして!
    もうそろそろ、教室に戻ろ?」

    「ああ そうだな。
    あっ お前に言い忘れてたことがあったわ」

    「ん? 何?」

    「俺さ、お前のことずっと前から好きだったん だ。だから俺と付き合ってくれ
    YES以外は受け付けないけどな笑」

    きゅん

    3

    夜空を煌めく星さんをフォロー

    通報する

▲