ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 好きです!

    ごめん、おれ今、部活のことしか考えらんねぇから。


    こんなやり取り、しょっちゅうだ。

    部活の休憩中にコクってく女とか、バカじゃねぇの?


    「邪魔、雑音。空気読め」


    「相変わらず毒舌だねー」


    「盗み聞きかよ、悪趣味マネージャー」


    「飲み物の補充に来ただけだよ」


    おまえには聞かれたくないのに。

    筋金入りのサッカーマニア。

    マネというより、監督補助の鬼コーチ。


    「おまえは彼氏つくらないの?」


    「ないない。恐怖の鬼マネだからねー」


    「ってか、重いもん一気に持ちすぎだろ。手伝う」


    「ありがと」


    「おれ、サッカーしか知らないガキだから、キッチリ仕切ってくれる鬼嫁ってちょうどいい」


    「はい?」


    「予約」


    部活引退したら付き合ってください。

    言っときたいのに、黙り込むおれ。

    おまえまで、柄にもなく真っ赤になって黙ってんじゃねぇよ。

    きゅん

    168

    氷川マサトさんをフォロー

    通報する

▲